ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2016年09月24日

リル・サン・ジャクスン Lil' Son Jackson

4.jpg
リル・サン・ジャクスン/Lil' Son Jackson
(Arhoolie/Pヴァイン)

ブルースは中学の頃から好きだったのですが、18の時戦前ブルースに完全に目覚めてからは、とにかく知らないブルースマンの、まだ聴いたことない音源を探しに必死でした。

1990年代半ば、今みたいにネットもYoutubeもない時代でしたから、何で探したかというと、オムニバス盤です。

おっきいCD屋さんのブルースのコーナーに行くと、大概オムニバスのコーナーがあって、そこには信頼の置けるレーベルのものから、どこの国のかわからんよーなアヤシイものまで、いろいろとありました。

ジャケットの裏のクレジットを見ては、知らない名前を見付け、知らない名前を見付けてはソッコーでレジに持ってったものです。

Arhoolie原盤、当時Pヴァインが出していた「テキサス・ブルース」を見付けたのはそんな時。

これが戦後テキサスのダウンホーム・ブルース(派手なバンド形式じゃない、弾き語り系中心のやつ)の有名どころから無名どころまでを集めた、ヒジョーに秀逸な一枚だったんです。

その中で1曲目から3曲目までに収録されていたのが、リル・サン・ジャクソン。

テキサスの、このテのダウンホーマーといえば、ライトニン・ホプキンスぐらいしか知らなかったアタシです。

ドロドロデロデロ、ブルースのどうしようもない”コア”の部分が煮立っているようなブルースを、きっとライトニンみたいにこのリル・サン・ジャクソンなる人もするんだろーか、とか思っていましたが、これがすっごい淡々とした、ブルースの荒涼とした大平原が広がっているような枯れた味わいで、衝撃を受け、以来リル・サン・ジャクソンは「ライトニンの次に好きになったテキサス・ダウンホーマー」になりました。

で、アタシの場合は「好きになったらとことん」ですから、このリル・サン・ジャクソンなるオッサンが、どういう人だったのか、調べたくなったんですよ。

そしたら面白いですよコノ人。ソングスターである父親と、教会でギターを弾いていた母親との間に1919年に生まれ、テキサス州内の農場を転々としていましたが、16歳の時に家を出て大都会ダラスへ。

ここまではブルースマンの前半生でよく聴く話なんですが、で、16歳のジャクソン少年がダラスで何をやってたかと言うと、これがブルースマンじゃなくて車の整備工(!)。

や、もちろん仲間らとバンドを組んで、最初は教会で演奏をするグループをやっていたんですが、段々と酒場でブルースを唄う夜の仕事が多くなってきたようで、ダラス近辺ではなかなかの評判だったようですが、彼はそこから全てを投げ打っての一攫千金ミュージシャンへの道へは行かず、やっぱり昼間は整備工をしながら、夜だけ唄っておったと。

やがて第二次世界大戦が始まると、徴兵されて兵役に就きます。もちろん腕利きの整備兵としてです。

そして復員後もやっぱりダラスへ帰ってきて、真面目に黙々と車の修理をしておりました。

えっと、1919年生まれですから、この頃は既にリル・サン・ジャクソン30代の半ばです。

整備の腕は評判で、正業でそこそこ稼げるようになっておるのと、まぁ家族も養っておったんでしょう。近所の人達は「メルヴィン(リル・サン・ジャクソンの本名)がブルース唄う」なんて、知りもしなかったと思います。

ところがその頃、友人の薦めで彼は一本のデモテープを、当時テキサスでは一番かそんぐらい有名なライトニン・ホプキンスが所属しているゴールドスター・レーベルに送り、何と1948年にはシングル盤を吹き込んでのレコード・デビュー。

単純に”体がちっちゃいから”という理由で”リル・サン”の芸名を貰っておりますが、まぁ、こんなテキトーな芸名貰ってもあんま嬉しくない。大体俺はカタギの車屋だ、ダチの野郎の口車に乗っちまったが、レコーディングが終わったらさっさとブルースなんてヤクザな世界から身を引いて静かに暮らすべ。とは思ってはおりましたが、何とリル・サンのレコードはそこそこのヒットとなってしまって、他のレコード会社からも次々声が掛かるようになってくるのでした。

そんなこんなで「あんまりやりたくないんだがブルースマン人生」を、40年代末から50年代半ば頃まで過ごしたリル・サンでしたが、元々ヤル気がないのに加え、ツアー中に交通事故に遭ったりしたことを契機に足を洗います。

元の”メルヴィン・ジョンソン”に戻り、ダラスの「街の修理工場のおっちゃん」として、黙々働いていたリル・サン。どうやら世の中もブルース人気は落ち着いて、ロックンロールとかいう新しい音楽が流行ってるようだし、やれやれ、これで静かに暮らせる。と思ったであろうリル・サンですが、話はここで終わりません。

ロックンロールの熱狂も一夜の夢となった1960年、今度は若い白人のリスナーがブルースを求めるようになりました。

彼らの情熱は凄まじく、まるでCIAばりの情報収集能力で、全国各地の”伝説”となって今は一線を退いているブルースマン達を発見し、色々と上手いこと言ってライヴやレコーディングの最前線に送り込んでおりました。

そんな中「ライトニン・ホプキンスのレコードを出すために」レコード会社アーフーリーを立ち上げた青年、クリス・ストラックウィッツにリル・サンは発見され(古い電話帳に載っていた本名から足が付いたそうですがおそろしい・・・)、「レコーディングしてはくれんですか」と熱心な説得を受けます。

「あの〜・・・すいません」

「おぅ、いらっしゃい。修理かい?メンテかい?」

「あの・・・ミスター・ジャクソン。あなたはリル・サン・ジャクソンさんですよね」

「・・・何だ、そんなヤツぁ知らねぇ。車の用じゃなきゃ帰ってくれ。ウチは整備屋だ」

「ちょっとだけ話いいですか?」

「よくねぇ、帰れ。オゥ、誰か塩まいてやれ!」

と、クリス・ストラックウィッツは何度も追い払われた、なんて話を聞いてますが(塩は流石にまかんでしょうが)無視されても怒鳴られてもめげずにリル・サンの工場に通いつづけ、カネ儲けしたいとかでなしに、とにかくブルースが好きで録音したいという話や、リル・サンのかつてのヒット曲を、曲名も出して丁寧に感動したことを伝え、結局はその情熱に押し切られる形で、リル・サンはレコーディングを一応承諾。

はい、その「発見後」初のLPであり、リル・サンにとっては生涯最初にして最後のアルバム、そして、戦後のテキサス・ダウンホーム・ブルースを語るには絶対に欠かせない名盤が、コチラ



【収録曲】
1.Blues Come To Texas
2.Cairo Blues
3.Ticket Agent
4.Louise Blues
5.Sugar Mama
6.The Girl I Love
7.Santa Fe Blues
8.Turn Your Lamp Down Low
9.Groundhog Blues
10.Gambler Blues
11.Charley Cherry (take 1)
12.Charley Cherry (take 2)
13.West Dallas Blues
14.Rollin’ Mill Went Down
15.Red River Blues
16.Roberta Blues
17.Buck Dance
18.I Walked From Dallas
19.Rock Me
20.Johnnie Mae

タイトルはシンプルに「リル・サン・ジャクソン」、ジャケットも特別に撮影された写真じゃなくて、自分とこの自動車整備工場の前で、普段の仕事着の写真を使っている、というのがまた何ともイイじゃありませんか。

事実、このアルバムに収録されているのは、基本弾き語りのシンプル極まりない編成で、独特の淡々とした語り口で繰り広げられる、ありのままのブルース。

決して張り上げない、感情の高ぶりに流されない声も、モノトニック・ベース奏法といって、親指で「ボン・ボン」と、コード・チェンジに関係なく同じルート音を使うギターも、派手さは一切ないんだけど、どういう訳か一度聴いたら耳の底にじわーっと残って離れない不思議な魅力があります。

コレはファンの勝手な妄想です。彼が表舞台に出るのを嫌がったのは、もちろん海千山千の自堕落な生活が嫌だったってのもあるんでしょうが、彼にとって”ブルース”っていうのは、誰に聴かせる訳でもない、純粋な自己との対話だったんじゃなかろうかと。そんなことを思わせるぐらい、ここで聴かれるリル・サンのブルースは、孤高の深みに溢れていて、静かで絶対的な説得力を持っておるのです。


リル・サンは、このレコーディングを最後に、音楽とはきっぱり決別して、1976年静かに生涯を閉じました。とかく破天荒、型破り、荒削り、常識破りなブルースマンの中にあって、その個性と唯一無二の内省的なブルースは、やはり出色のものです。音楽の歴史の片隅で、いつまでも鈍く深い輝きを放つものでありましょう。







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

マディ・ウォーターズ シングス・ビッグ・ビル

4.jpg

マディ・ウォーターズ/シングス・ビッグ・ビル
(Chess/ユニバーサル)

マディ・ウォーターズといえば、戦後シカゴ・・・いや、もうブルース全体を代表する、揺ぎ無いビッグ・ネーム中のビッグ・ネームですが、意外なことにこの人は初レコーディング(商業用の)が1946年で33歳の遅咲きです。

伝記によると、故郷ミシシッピで若い頃からボトルネックのスライドギターを片手にブルースを唄い、地元ではそこそこ知られた存在ではあったようなのですが、この頃のスタイルはまだ完全にサン・ハウスチャーリー・パットンら、先輩ミシシッピ・デルタ・ブルースマン達の影響をモロに受けたスタイルで、もちろん濃厚なデルタ・ブルースの深みや味わいは放っていたものの、後年のようにオリジナリティに溢れた革新的なサウンドは完成どころかその気配すら感じさせてはおりませんでした。

そうなんです、いかに”帝王”マディとはいえ、最初から斬新なことをやっていた訳じゃなかったんですね。

マディが”マディ・ウォーターズ”として、唯一無二の電気化されたドロッドロの新しく刺激に溢れたブルースを生み出すのは、いや、彼の”はじまり”の何もかもは、30代になってようやく「音楽で食って行く」と決めてシカゴに辿り着いてからなんですね。

ところが大都会シカゴに出てきても、実は人見知りのマディ、音楽の仕事を探そうにも、何をどうやって良いかさっぱり分からずに、とりあえず昼間の仕事をしながら、ストリートで弾き語りなどをやっていました。

時は1946年、長く続いた第二次大戦が終わり、アメリカは勝者の国として、空前の好景気に沸き上がっていた頃で、音楽も洗練された派手なものが、世の中の雰囲気と共に好まれるようになっていた頃、マディはシカゴの路上で、ミシシッピ・デルタ直送の、泥臭く洗練とは無縁のブルースを、黙々と演奏しておりました。

アコースティック・ギターでボトルネックを滑らせて、人生の困難や辛苦をブルースする。

これは、ブルースとしては実に正しいスタイルなのですが、都会の様々な娯楽や、これより正に明るく輝かしい時代に突入する予感に溢れた空気に酔わされていたシカゴの住民には「何だ?田舎モンがしみったれたことやってるぜ、ヘッ、そんなブルースなんざぁ今ドキ流行んねぇよ」と、極めて冷ややかに見られていました。

それもそのはず、シカゴのブルースは、マディがやってくる何年も前から、バンド形式の洒落たジャズ風味のものが流行し、重たく暗いミシシッピのブルースなんぞは、とっくの昔に廃れたスタイル(それでもシカゴに出てきてブルースを流行らせたのは、ほとんどがミシシッピやメンフィスなど、深南部出身の人達だったのでありますが)として、もう見向きもされていませんでした。

しかし、マディには意地がありました。

「ブルースはオレがガキの頃から、どうしようもない気持ちになった時、唯一支えになった音楽なんだ。それだけじゃねぇ、サン・ハウス、チャーリー・パットン、ロバート・ジョンソン・・・あの人達の演奏は本当に凄かったさ。ジューク・ジョイントで音楽なんか聴いちゃいねぇ、泥酔して暴れる連中を、彼らの声とギターが何度黙らせてきたか、オレは知ってる。そうさ、人間の根本は、シカゴだろうがミシシッピだろうが変わらねぇ、ブルースには特別な力がある。あぁ、あるはずさ。今は分かってもらえなくてもきっと・・・」

道行く人に冷淡に無視されながら、或いはタチの悪いヤツらに「田舎に帰んな」とバカにされながらも、マディはそんな雑音を無視して、それでも黙々と路上でブルースを唄っておりました。

で、そんなマディの評判を耳にした一人の男との出会いが、彼の人生をガラッと変えることとなります。

ある日マディが演奏している時、洒落たダブルのスーツに粋なハット、そして高級時計とつま先までピカピカの革靴で身を固めた紳士がやってきてこう言いました。

「お前、なかなかいいな。声もいいがギターにも何かこう迫るものがある。ちょいと垢抜けりゃあそれなりにいいもんになるぞ。・・・見たところ音楽の仕事を探してるようだが、どうだい?やってみる気はあるかい?」

「ありがとう旦那・・・だがアンタは一体・・・?」

「オレもブルースやってんだ、へへ、ついでに言うとミシシッピの生まれよ。名前はビッグ・ビル、よろしくな兄弟」

そう、この紳士こそがビッグ・ビル・ブルーンジィ

1920年代にシカゴに出てきて、この地のブルースに洒落たムードと演奏面で多くの洗練をもたらした張本人、マディにしてみれば、昔から評判で知っていた「目指す成功者」そのものでありました。

ところがこのビッグ・ビル、人格的に大変よく出来た人で、マディのように随分年下で、おまけに田舎から出てきたばかりの人間にもちっとも偉ぶらず、気軽に声をかけて、仕事まで紹介してくれる。

人見知りなマディではありましたが、ビッグ・ビルの人柄と滲み出る「頼れる兄貴臭」にすっかりほだされて、ミシシッピから出てきて間もないこと、ブルースで成功したいが、今のところ自分のスタイルでは誰にも相手にされず、むしろ冷たく扱われていることなどを話し込みました。

「つうことはアレだな、生活もカツカツだろう。よしわかった、俺に任せろよ兄弟」

と、ニッコリ笑ったビッグ・ビルは、マディに色々な仕事を紹介したり、住まいの面倒を見たり、ミュージシャン仲間を紹介したり、それこそ手取り足取り何もかも世話をしたといいます。

それからマディはエレキを手にし、それまでの軽快なジャズ系アレンジのシカゴ・ブルース・サウンドの常識を覆す、タフでワイルドで目一杯泥臭くかつトンガッた新たな”電気化シカゴ・ブルース”を作り出し、ご存知のようにブレイクします。

マディの”親分”であるビッグ・ビルは、目をかけたマディのブレイクを大いに喜び「アイツは大したヤツだ、いつかはやると思ってた」と、周囲に語っていましたが、マディの新しいスタイルのブルースの成功は、結果としてビッグ・ビルのスタイルを”前の時代のもの”として彼方へ追いやることにもなってしまいました。

けれどもビッグ・ビルはそんなことちっとも意に介すことなく、自分はフォーク・ブルース・ブームの再評価時代に”ミシシッピの農夫兼ブルースマン”という与えられたキャラクターにも躊躇なくこなしながら、可愛い子分の成功を喜んでおりました。

マディは口には出さずとも「あぁ、結果的にそうなってしまったとはいえ、人気商売の宿命だとはいえ、ビッグ・ビルを辛い境遇に追いやってしまったなぁ・・・若い頃の恩返しも含めてあの人にはまた華やかな第一線で人気者になってもらわないと・・・」と、きっと思っていたことでしょう。




【収録曲】
1.テル・ミー・ベイビー
2.サウスバウンド・トレイン
3.ホエン・アイ・ゲット・トゥ・シンキング
4.ジャスト・ア・ドリーム
5.ダブル・トラブル
6.アイ・フィール・ソー・グッド
7.アイ・ダン・ガット・ワイズ
8.モッパーズ・ブルース
9.ロンサム・ロード・ブルース
10.ヘイ・ヘイ

ところがそんなことをマディが考えているうちに、ビッグ・ビルは1958年、喉頭がんで死去してしまいます。

その一報を受けてマディがすかさず「追悼盤」としてレコーディングしたのが本アルバム「シングス・ビッグ・ビル」なのであります。

当時はブルースなんて「ヒット曲が溜まったらそれを集めたアルバムをリリースする」という時代に「いや、こういうコンセプトで作りたいんだ!」と、我を通すことが出来たのも、マディの人気ならではのことでありましょうが、そんなことよりもとにかく

「ビッグ・ビルという人はな、みんな知らないかも知れないが、シカゴでいち早くブルースの歴史を作った凄い人だったんだ!このオレがこの世で一番尊敬してるんだ!ということを世の中に知らしめたい!!」

という気持ちが先に立ったんでしょう。全体的に統一された空気感の中で、ビッグ・ビル作曲の素晴らしい楽曲に、マディ渾身の力強い喉が炸裂する、物凄い希薄に満ちた一枚に仕上がっております。

実はこのアルバムで、マディはトレードマークのボトルネックをあえて封印(ビッグ・ビルはボトルネック使わなかったので、それに倣ったのでしょう)、そしてバンド・サウンドも歪みやエコーなどの”ギラギラな成分”を敢えてひかえめに、1930年代のブルースに歪みの少ない音であえて挑んでおります。

ところがところがこれが全然古さを感じさせない、むしろいつもより気合いの入ったマディの豪快なシャウトを中心に、いつものマディよりもちょいと小洒落たバンドの音がギュッと凝縮されて、これもまたリアル・ブルースと納得させる見事な演奏です。

シカゴ・ブルースの王者マディの成功の大元にビッグ・ビルあり、ブルースファンの皆さんにはぜひこれは知って頂きたいエピソードなんですが、やっぱりアレですよね、音楽ってスタイルとかテクニックとかもちろん大事ですが、それ以上に「気持ち」ですよね。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

ライトニン・ホプキンス ライトニン&ザ・ブルース コンプリート・ヘラルド・シングルズ

3.jpg

ライトニン・ホプキンス/ライトニン&ザ・ブルース コンプリート・ヘラルド・シングルズ

(Herald/Pヴァイン)

夏が嫌いなくせに、夏になると暑苦しくてどうしようもなく濃い音楽が聴きたくなります。

困ったものです、えぇ、困ったもので、自分でもこの性分は何とかせにゃならんと思っております(棒読み)。

しかしアタシの大好きなジャズやブルースやロックやソウルなどの暑苦しいおっちゃん達はこう言うのです

「夏?しゃらくせぇ、ゴキゲンだぜ!」

と。


えー、ちなみにここんとこアタシの営業車のカーステの中からそのようにおっしゃっているのは、ライトニン・ホプキンスさんです。


LightninHopkins_cr_David%20Redfern_1978.jpg

真夏でもビシッとジャケットでキメて、胸元ガーっと開けて帽子を思いっきり斜めに被る王道の不良ファッションに騙されてはいけません。このヒトのやっておる音楽(ブルース)は、そのダーティーな見た目以上にダーティ極まりないものであります。

そうそう、アタシはよく「ブルース聴きたいんだけど、何聴けばいい?」という問いを、ありがたいことによく頂きますが、そん時は迷わずライトニン聴いてもらいます。

好き嫌いはさておいて、ほとんどの人が「これはブルースだね、見事にブルースだ」と、とりあえずは納得してくれるところを見ると、やはりライトニン・ホプキンスという人は「ブルース」なのでしょう。

どの時代のどのアルバムを聴いても「くー、たまらんねこれ」と、アタシも理屈を超えてなってしまいます。

あえて陳腐をぶっこきますが、ブルースというのはスタイルとか理屈とかじゃないんですね。毎度おんなじよーな曲をやっていようがチューニングがズレてよーが、かっこいいブルースマンにかかってしまえば、そういうのも全部含めてだからライトニン・ホプキンスは「ブルース」だと思います。


ささ、みなさんライトニン・ホプキンスを聴きましょう♪





【収録曲】
1.Nothin’ But The Blues
2.Don’t Think Cause You’re Pretty (Blues Is A Mighty Bad Feelin’)
3.Lightnin’s Boogie (Boogie Woogie Dance)
4.Life I Used To Live (Gonna Change My Ways)
5.Sick Feelin’ Blues (I’m Achin’)
6.Evil Hearted Woman
7.Blues For My Cookie
8.Sittin’ Down Thinkin’
9.My Baby’s Gone
10.Lonesome In Your Home
11.Lightnin’s Special (Flash Lightnin’)
12.My Little Kewpie Doll (Bad Boogie)
13.I Love You Baby
14.Shine On Moon
15.Had A Gal Called Sal
16.Hopkins’ Sky Hop
17.Lightnin’ Don’t Feel Well (I Wonder What Is Wrong With Me)
18.Finally Met My Baby
19.That’s Alright Baby
20.Don’t Need No Job
21.They Wonder Who I Am
22.Remember Me
23.Grandma’s Boogie (Lightnin’s Stomp)
24.Please Don’t Go Bab
25.Early Mornin’ Boogie (Hear Me Talkin’)
26.Moving On Out Boogie (Let’s Move)


てなわけで本日のオススメは、1952年に「ヘラルド」という小さなレーベルに残した録音のすべてが収録されている「ライトニン&ザ・ブルース」です。

「ヘラルドのライトニン」といえば、ファンの間ではダーティー・ライトニンの極致といわれておるもので、えぇ、全編エレキギターをギャンギャンにかき鳴らして、ベースとドラムだけをバックに、エゲツない音で最高にィやっさぐれたブルースをやっておる音源なんですよ。

まー、暑い夏に聴くとコレ、かなりいい感じにギトギトきます。

このテのブツの解説をする時は、アタシゃ毎回言いますが、1952年、エフェクターもないし、アンプのツマミにゲインなんぞ付いてない時代です。

そんな時代に何をどうやってるのかわからない、どうせアタマがオカシイだけなんだろうけど、エレキギターの音がワシャワシャ歪んでるんですよ。

後半になってから出てくるノリノリのブギーはもちろんなんですが、のっけからのヘヴィネス全開なスロー・ブルースのギターソロで「もうなんじゃこりゃ!」てぐらいのトーンがギンギン鳴り響くんです、もう曲がどうとか時代がとか一切関係ナシで、「これはパンク(=ブルース)!」と、興奮せざるを得ない、うん、得ませんな。



”ライトニン・ホプキンス”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

戦前ブルース 入門



は〜い、時間がないので今日は小ネタです♪

このブログ書いてて嬉しいのは、読者の人から「この辺についてちょっと知りたいんだけど・・・」と、よく問い合わせがくることです。

最近は「戦前ブルースについて書いてよ」という直球が来て嬉しいです(いぇい♪)

えっと、このブログをご覧の皆様へ

ブログ右側の上から二段目に「検索」ってとこがあるでしょう

ここで例えば「戦前ブルース」とか「ジャズ」とか「パンク」とか、気になるワードを入れると、関連記事がザクザク出てきますのでぜひご活用ください。

とりあえずピックアップ記事も↓書き出しましたのでぜひともよろしくお願いします。

あ、アマゾンでお買い物する時はウチのリンクから飛んでくださいね♪

ブルース入門編〜初心者のための優しいブルース口座

メンフィス・ジャグ・バンド

ベスト・オブ・レッドベリー

Hard Times Come Again No More Vol.1
posted by サウンズパル at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

俺と悪魔のブルーズ5巻

何と!!!!!!!

ブルース好きを唸らせる、あのロバート・ジョンソンのことが見事な描写と精密な時代考証でリアルに描かれている傑作漫画

「俺と悪魔のブルーズ」

が、

何と何と・・・・・


8年ぶりに連載を再開しました!!!!!






すげぇ!!

待ちに待った最新刊(第5巻)ですよ。。。

昨日ツイッターで教えて頂きました。

スイミーさんありがとうございます。。。。




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 19:07| Comment(0) | ブルース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする