ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年12月06日

オジー・オズボーン トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ

6.jpg
オジー・オズボーン/リビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ
(ソニー・ミュージック)


洋楽を聴き始めの頃に知って、ギター覚えたての頃に聴きまくって、そのリフや凄腕のギターソロを何とかコピーしたいと思ったギタリストがいます。

それはランディ・ローズです。

はい、言わずと知れたオジー・オズボーン・バンドの初代ギタリストであり、ソリッドできらびやか、そして何よりメロディアスなギター・プレイでオジーをとことん刺激して、彼が「ヘヴィメタルの帝王」への道筋を歩むその第一歩を切り拓いた天才であると思います。

ブラック・サバスで成功はしたものの、ドラッグにアルコール、そしてメンバーとの不仲によって、クビ同然で脱退したオジーは、新たなる活動の地をアメリカに求めておりました。

「ハードロックは俺が作った」という自負と自身があったオジーでしたが、時は既に70年代後半で、果たして自分のやり方が、アメリカの若い奴らに受け入れられるのか?新たなバンドのメンバーとは、上手くやっていけるのか?色んな事を悩みながらのオーディションをしたオジーでしたが、会場であるホテルの一室にやってきた大人しい少年が、アンプにギターを繋いで軽くウォーミングアップしているのを見て

「君に決まりだ、よろしく頼む」

と、すぐさまメンバーに決めました。

「え?決まりだって?僕はまだアナタと曲を合わせてもないし、ちゃんと演奏もしていないのに・・・」

と困惑するランディ・ローズ少年(といっても華奢でかなりの童顔だったのでそう見えただけで実際は21歳)。

地元カリフォルニアでクワイエット・ライオットというハードロックバンドで活動しながら、母親が経営する音楽教室で子供達にギターを教えている、それだけの”ほとんど素人”でした。

実はこのオーディションにランディはそもそも乗り気ではなく友人ベーシスト、ルディ・サーゾから

「ランディ聞いたか?あのブラックサバスのオジー・オズボーンがギタリストを募集してるってよ!」

と、興奮気味に教えられても

「うん、僕は今ギター教室とバンドの練習で忙しいんだよ。それに有名なオジー・オズボーンが僕なんか相手にする訳ないじゃないか」

と、ほとんど消極的だったそうです。

しかし、ルディの再三に渡る説得と、母親の

「アナタも音楽で食べて行こうと思うなら、ショウビジネスの世界で長年やってきた人と会っておいた方がいいわ。きっと何かの役に立つ経験が得られるいい機会だから、オーディションを受けるというのではなくて、オジーという人に会ってくるぐらいの気持ちで一度行って来てごらんなさい」

という言葉が決め手となり、しょうがなくオジーとアポを取って、オーディションを受けたという話だったんですね。


ところがオジーは直感で「運命を感じ」て、すぐさまランディはギタリストとしてオジーと一緒にイギリスへレコーディングをするべく旅立つことになります。

ランディに「オジーのオーディションを受けなよ」と推薦したルディは、何とランディの推薦でベーシストとして、これまたオジーのバンドに加入しています。


オジーを得てからのランディ、いや、ランディを得てからのオジーの煌めきは、正に神がかっておりました。

オジーが「なぁ、ちょっと思いついたんだ」というちょっとしたアイディアでも、ランディはそれに的確なコード進行とリフを付け、サビからエンディングまで完璧に仕上げました。

元々譜面が読めて、音楽理論に精通し、何よりオジーのようなかなり特殊な性格の人間とずっと行動していても、いつもにこやかにふるまって周囲にもストレスを与えないランディの人格は、10歳近く年上でありながら、オジーをミュージシャンとしても人間としても成長させました。


オジーが元々持っていた、ブリティッシュ・ロック(ブルースが土台にある)のフィーリング、そして何よりブラック・サバス時代のへヴィで硬質な音楽性というものを素早く理解したランディは、その”オジーが築き上げたもの”のイメージを全く壊すことなく、より鋭角で手数の多いギター・プレイと、疾走感を増したアメリカン・ハードロックの手法で新たなステージへ引き上げました。




【収録曲】
1.アイ・ドント・ノウ
2.クレイジー・トレイン
3.ビリーバー
4.ミスター・クロウリー <死の番人>
5.フライング・ハイ・アゲイン
6.レヴェレイション <天の黙示> (マザー・アース)
7.スティール・アウェイ (ザ・ナイト) (ドラム・ソロ)
8.スーサイド・ソリューション (ギター・ソロ)
9.アイアン・マン
10.チルドレン・オブ・ザ・グレイヴ
11.パラノイド
12.グッバイ・トゥ・ロマンス
13.ノー・ボーン・ムービーズ
14.ディー (ランディ・ローズ・スタジオ・アウト・テイク)



その”オジーとランディが組むことによって生まれた新しいロック・サウンド”が、最高にアツい現場で鳴っている瞬間を集めたものが、このライヴ・アルバムであります。

80年代はヘヴィメタルの時代と言われますが、ここでランディが弾く、ザクザクとメリハリに溢れたかっこいいギターリフや、華麗な速弾きには、もうその新しい時代の呼吸が活き活きと躍動しております。

『アイ・ドント・ノウ』や『クレイジー・トレイン』の衝撃的なリフは本当にカッコ良くてインパクトがあって、どうやったらギターで弾けるようになるんだろうと思ってチャレンジしたら、実はそんなに難しいことはやってなくて「えぇ!?こんなにシンプルな指の動きで、あんなカッコいいリフになるの!?」と、仰天した記憶がありますし、『ミスター・グロウリー』や『グッバイ・トゥ・ロマンス』で、前者は荘厳で重々しいナンバー、後者はひたすら美しいバラードですが、どちらもランディの最高の情感が彩るメロディアスなソロによって、幻想を極めた美しい異世界に、意識を持っていかれてしまいます。

ブラック・サバスの代表曲『アイアン・マン』『パラノイド』もやっておりますが、コチラも原曲の曲調は全くいじってない、忠実なアレンジに関わらず、雰囲気はひたすらへヴィなサバスとは対照的な解放感に溢れていて、特に堰を切ったように溢れ出すギターのアイディアにはもう言葉がありません。

当然オジーもゴキゲンでノリノリであります。ソロ・アーティストの”オジー・オズボーン”として、新しいハードロックの時代の先鋒に立つバンドとして、これ以上ない程に素晴らしいパフォーマンスがここに収録されております。

このバンド、スタジオ盤もこのライヴ盤も最高なんですが、ランディの早すぎる死によって、突如活動に終止符が打たれてしまうんです。

ランディが亡くなったのは1982年12月。そしてこの「トリビュート」というライヴ・アルバムがリリースされたのが1987年。蛇足ながらアタシがこのアルバムを初めて聴いたのが1991年。でも、その頃リリースされていた、他のアーティストの”新譜”のメタルやハードロックのアルバムと比べても、録音から10年の時間経過はほとんど感じませんでした。

ランディ・ローズのギターは、プレイ自体は非常に激しくて刺激的ですが、サウンドは繊細で構造もよく出来ていて、特に音色は極端な歪みやパワープレイに頼らない、このままのセッティングでロックならどんなジャンルでもいけそうなナチュラルな音なんですよね。この音はいつまでも心地良いし、多分いつまでも鮮やかに聴く人の耳に残るんだと思います。

そして感動と興奮のライヴが終わり、エピローグのように入っているラストの『ディー』。

これは楽屋にクラシック・ギターを持ち込んで練習してたランディが好んで弾いていたオリジナル曲です。もちろんランディ本人がクラシックギター1本で弾いてます。

夢中で聴いていた当時は「ランディ・ローズはこんな全然ジャンルの違う音楽もできるんだ、凄い」と思ってましたが、違うんですよね。ランディにとってはエレキを持って激しくロックする曲もクラシックギターで自己と向き合う曲も、そのメロディの中には同じようにキラキラした美しいものがあって、彼はそれを純粋に愛でていただけなんじゃないでしょうかね。

ランディ・ローズの深く純粋な音楽への愛情にも、思いを馳せて、また胸がいっぱいになっております。


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:31| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

ジャック・ブルース Songs for a Tailor

1.jpg
ジャック・ブルース Songs for a Tailor
(Polydor)

今日11月11日は”ベースの日”です。

大体アタシは年がら年中甘いもののことばかり考えているような人間ですので

「え!?11月11日はポッキーの日じゃないの!?みんなでシェアハッピーしようよぉ」

としか思っていませんでした。

ほらお前のそういうところよ!

と、いつも言われるんですが、皆さんどうもこんにちは。

いやぁ、今日はベースの日ですねぇ、ずっと前からアタシはこの日に何をレビューしようかと、実はずっと考えていたんですよ〜(今更感)。

で、何で11月11日はベースの日なんだと言いますと、「1」という数字を弦に見立てて、これが4本並んでいるのが、丁度弦を張ったベースみたいでよろしいと。

あ、ベース業界の方すいません、今、ちょっとバンジョー業界とウクレレ業界の方からクレームが来てるようなんで、そこ対応しといてください。はい、すいませんねぇ。

今日は朝からそんな感じで、音楽好きが集まるネットでは、それぞれが好きなベーシストについてアツく語ったり、音源をシェアしたり、いい感じに盛り上がっているようでございます。

うん、好きなベーシスト?いっぱい居過ぎて「この人が最高!」と絞れる訳なんてないのですが、ベースと聞いて真っ先に一人、ポーンと思い付く人はおります。

それがこの方、ジャック・ブルースです。


6.jpg


ジャック・ブルースといえば、言わずと知れた英国ロックのスーパーバンド、クリームのベーシストでありヴォーカリスト。その3ピースという最小の編成から放たれるポップな楽曲にパンチの強い即興性を宿した演奏の中心となっていた御仁です。

クリームを知った十代の頃は、やっぱりエリック・クラプトンのギター・プレイを必死で聴いていたので、実はその時はジャック・ブルースという人の凄さに関しては全く気付きませんでした。それどころかクリーム聴いていて、ジャック・ブルースとジンジャー・ベイカーに関しては「クラプトンのバック」ぐらいに思っていたんですね(ついでに白状してしまうと、ヴォーカルも全部クラプトンだと思ってました。嗚呼!)。

ジャック・ブルース、本当にカッコイイなと、いきなり思ってしまったのが、20代になったある日、雑誌で知ったアメリカン・クラーヴェ(ニューヨーク在住のラテン系の人達によるアンダーグラウンドなジャズその他いろいろをやっているレーベル)のいくつかのアルバムに、何とあのジャック・ブルースが参加しているよという文章を何かで読んだ時でした。



正直期待はしてなかったです。アルバム買った動機も「何だかいい感じにアヤシゲなラテンジャズのレーベルに、デヴィッド・マレイとかアート・リンゼイとか、おお、スティーヴ・キューン・トリオの変態ベーシスト、スティーヴ・スワロウも参加しているではないか!」というものでしたから。

しかし、このキップ・ハンラハンという人(アメリカン・クラーヴェのオーナーでありバンドリーダーっす)の「ヴァーティカル・カレンシー」で

『ぬはぁ!ジャッッッッッック・ブルーーーース、すげぇえぇ!!』

と、興奮して以来、すっかりアタシはハマッてしまい、幸いその当時の職場には、ロック先生がたくさんいらしたので、ちょいと興奮気味に話をしたら

・ジャック・ブルースは最初からロックのカテゴリに収まらない幅広い音楽性を持っていたからナメるな

・特にソロになってからはどのアルバムも見事に方向性が違う、ここをナメるな。

・キップ・ハンラハンと組んだヤツは、どれもジャックの幅広い音楽性に合った素晴らしいアルバムばかりだからナメるな。

・ジャズとかR&Bとか色んなジャンルに手ぇ出してるけど、ベースの音そのものはクリーム時代のブリブリゴリゴリから全く劣化してないことをナメるな。

と、色々と教えてもらいました。

アタシの中では、元々ロック畑、そしてブルースにバリバリ影響を受けたスタイルから始まって、クリーム解散後にソロ活動の中で色んなジャンルのミュージシャン達と出会い、音楽の幅を拡げていったのかと思ったら、実はそうではなく、クリームの時代からかなりジャズに影響されたスタンスでベースは弾いていたんだと。

それからジャック・ブルースとジンジャー・ベイカーによる、即興のインタープレイのどうとかいう、やや難しい話になってきたので、ポカーンとしてたら

「まぁまぁ、とりあえずクリーム解散直後にリリースされたジャックのファーストを聴きなさい」

とのことでした。



【収録曲】
1.Never Tell Your Mother She's Out of Tune
2.Theme from an Imaginary Western
3.Tickets to Waterfalls
4.Weird of Hermiston
5.Rope Ladder to the Moon
6.Ministry of Bag
7.He the Richmond
8.Boston Ball Game 1967
9.To Isengard
10.Clearout
11.Ministry of Bag(Demo Version)
12.Weird of Hermiston(Alternate Mix)
13.Clearout(Alternate Mix)
14.Ministry of Bag(Alternate Mix)


これ凄いんですよ。

いきなり16ビートのどこのソウルバンドか!と思わせる曲から始まって、サザンロックなバラード、アコースティックでいかにもブリティシュ・フォークな曲、骨太なロックンロール、プログレなどなど、1枚のアルバムに、本当によくこれだけ詰め込んだなぁと思えるぐらい豊かで幅広い音楽が、何の不自然も作為もなしに、センスよく収まってるんですよね。

で、こう書くとジャックのベースは大人しくなって全体の調整に回ってるんだとうかと思いますが、プレイそのものは見事に逆で、どの曲でもこの人特有の、ガリガリゴリゴリしたミドルの効いた音で、クリーム時代以上にブリブリ弾きまくっておるのです。

しかも、16ビートのソウル/R&B系の曲でのベース・ラインなんか聴くと、いわゆる黒人ベーシストの軽やかに跳ねてゆくようなノリと全く違って、全力でぶつかりながら強引に山とか越えてゆくような、かなりやんちゃでロックな気骨の感じるやり方で、聴いていてすこぶる気持ちがいいんですよ。

ジャックは2015年に亡くなるまで、とにかく色んなセッションに顔を出し、その都度色んなことを試みていて、ソロ名義のアルバムは実に20枚以上に及びます。

ベーシストっていうのはよく「後ろからバンド全体を見ているからバンド解散後はプロデューサーとして成功する人が多い」なんて言われますが、ジャックの場合はやっぱり自分が楽器持って、絶えず変化している音楽の最前線でハジケていたかったんでしょうね。つくづく根っからのベーシストだと思います。そしてその姿勢って死ぬほどカッコイイです。




”ジャック・ブルース”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 17:27| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

ジミ・ヘンドリックス エレクトリック・レディランド

6.jpg


ジミ・ヘンドリックス/エレクトリック・レディランド

(MCA/SMJミュージック)

音楽好き、なかんづくロック好きにとって、そしてギターを弾く人にとっては、ジミ・ヘンドリックスといえばそりゃもう神様で、もしかしたらビートルズやストーンズ以上に、必ずどこかでブチ当たる人で・・・と、アタシが今更ここであーだこーだゴチャゴチャ言わなくても凄い人だということは、これはもう世間の常識として定着しておりますし、アタシもここへきて”エクスペリエンス時代のジミヘン”のことを書きながら痛感しております。

このブログのポリシーは

「採り上げたアーティストのことを知らない人に、どれだけ興味を持ってもらえるようなレビューを書くか」

でございます。

だからいくら有名で、洋楽ロックにそこまで興味のない人でも名前ぐらいは聞いたことあるというジミ・ヘンドリックスという人のことも、なるだけ分かり易く興味を持ってもらえるようにその音楽の素晴らしさを書いて行きたいと思うのですが、いざじっくりとジミヘンを集中して聴いてみると、頭で考えていたことが綺麗にすっ飛んで「すげぇ!」「やっぱ天才!」という、そのものズバリではあるんですが、どうも主観的な言葉しか出て来ないので困っております。

そうなんです、端的に言ってしまえば、ジミヘンという人のカッコ良さっていうのは

「他の誰とも似ていない、どれかひとつのジャンルに納めようとしても、必ずどこかからはみ出してしまうその音楽性の広さ」

というのに尽きるんです。

だからよく「ロックギターの神様」と言われ、なるほどそうだと思っても、そのギター演奏の中にはブルースもあり、ジャズっぽいところもあり、ロックともブルースともジャズとも言えないような突拍子もないアイディアがどこかで必ず出てくるので、その最高のほめ言葉ですら、彼を形容するには何とまぁ陳腐なんだろうと、後で必ず思ってしまいます。

だもんで、ジミ・ヘンドリックスという人は、「このようにカッコイイのだ」と、簡単な一言で断言してしまえるアーティストではなく、聴いた端々で「あ、これカッコイイ!」という瞬間がいくつもいくつも出てくるアーティストだと思います。

あぁ、こういう話をするとキリがありませんね〜。

最初にジミヘンを知って25年の間、ずーっと「この凄さの正体は何なんだ?」と思って聴いておりますが、未だに正体が掴めない。でもその”掴めないこと”がアタシの想像力をいつまでも刺激してくれる。素敵ですね。

さて、今日もそんなカッコいいジミヘンのアルバムをご紹介しましょうね。


【収録曲】
1.恋の神々
2.エレクトリック・レディランド
3.クロスタウン・トラフィック
4.ヴードゥー・チャイル
5.リトル・ミス・ストレンジ
6.長く暑い夏の夜
7.カム・オン(レット・ザ・グッド・タイムス・ロール)
8.ジプシー・アイズ
9.真夜中のランプ
10.雨の日に夢去りぬ
11.1983
12.月夜の潮路
13.静かな雨、静かな夢
14.焼け落ちた家
15.ウォッチタワー
16.ヴードゥー・チャイルド(スライト・リターン)


ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの3枚目のスタジオ・アルバムにして、ジミヘンが生前にリリースしたスタジオ・アルバムとしては最後の作品になってしまった「エレクトリック・レディランド」です。

人によってはこのアルバムこそジミヘンの最高傑作、ロックでブルースでサイケデリックな世界観と、宇宙レベルの超絶なギター・プレイが奇跡の調和を見せながら最大限の威力で炸裂したジミ・ヘンドリックス芸術の集大成と言う人もおります。

オープニングのワウを聴くだけでほとんどの人が「あ、これジミヘン!」と反応する「ヴードゥー・チャイルド(スライト・リターン)」やボブ・ディランのカヴァー「ウォッチ・タワー」、サイケデリックなジミヘンといえばコレの「ジプシー・アイズ」など、ベスト盤やライヴ盤に入っていてもハイライトとなるような、名刺代わりの強烈な曲ばかり収録されておりますし、確かにセルフ・プロデュースでやりたかったことを自由に表現出来ているような解放感に満ちたギター・プレイ、曲によって必要なサウンドを提供し、演奏の厚みをグッと増す豪華ゲスト陣の参加などなど、このアルバムならではの魅力みたいなものが、彼の作品中では最高潮でありましょう。

アルバムがレコーディングされたのは、例によって前作「アクシス・ボールド・アズ・ラヴ」のレコーディングが終わった直後です。

この頃既にデビューしたイギリスを凌ぐ人気をアメリカで獲得していたエクスペリエンスは、大都市から中小都市まで、アメリカ全土をくまなく回る、かなりハードなコンサート・ツアーを行っておりましたが、そのツアーの合間を縫って、レコーディングは行われました。

で、この頃のジミヘンは、元々の「スタジオに引き籠るのが好き」という性格に更に拍車がかかり、ツアーの合間を見てはスタジオに色んなジャンルのミュージシャンを呼んでジャムセッションを行い、それを新曲のアイディアとして、片っ端からテープに録音しており、それはそのままエクスペリエンスという3ピースバンドの限界も徐々に形にするようになってしまいます。

ジャンルやセッション相手のスタイルに囚われることなく、斬新なサウンド・アプローチで音楽のあらゆる壁を軽々と乗り越えてゆくジミのプレイは、メンバー2人に「ちょっと待て、オレらもうついていけないかも・・・」という不安を抱かせました。

もちろんノエル・レディングもミッチ・ミッチェルも、ジャンルというものに左右されない、素晴らしい適応力を持ったミュージシャンです。

しかし、1968年の時点で、そんな彼らをもってしても、ジミの自由なプレイスタイル、それを具現化するためにスタジオにやってくるあらゆる出自のミュージシャン達とのセッションは大変なものでした。

それはデビューからずっとプロデューサーとして彼らを見てきたチャド・チャンドラーにしても同じことで、急激に注目を集めるジミと彼を取り巻く状況や目まぐるしく移ろう人間関係に嫌気をさしてしまい「エレクトリック・レディランド」制作中にチャドはプロデューサーの座を降りてしまいました。

現に「エレクトリック・レディランド」にゲスト参加しているミュージシャンの顔ぶれだけを見ても、スティーヴ・ウィンウッド、アル・クーパー、ジャック・キャサディ、デイヴ・メイスン、バディ・マイルス、フレディ・スミス、クリス・ウッド、スウィート・インスピレーションズ、ブライアン・ジョーンズ(ギターではなくパーカッションで参加)と、英国ロックからソウル/ファンク近辺までの多彩な顔ぶれです。

「エレクトリック・レディランド」は、ジミの斬新なアイディアに満ちたギターと、ゲスト陣を交えた自由なジャム・セッション風の曲展開、そして崩壊寸前のエクスペリエンスとの、テンションのギリギリの緊張感が「これ以上どこかにバランスが偏ると音楽的に崩壊してしまう一歩手前」のスリルが全編にみなぎっており、それがまたジミの最大の魅力

「何だかわかんないけど凄くカッコイイ!」

というあの感じを無限増殖させるんですね。

さて、ジミヘン初期の”エクスペリエンス時代”の3枚のオリジナル・アルバムを長々と紹介してきました。で、この際だからとこの数日、手持ちのジミヘン関連の全アルバムを聴きまくっておりますが、アタシの場合は「どれが好き?」と言われたら、やっぱり粘り気のあるファンクロックなカラーが強い「バンド・オブ・ジプシーズ」ではありますが「どれが凄い?」と聴かれたら、エクスペリエンス時代の3枚をオススメすると思います。

エクスペリエンス時代のアルバムはどう凄い?と言われたら

「何が凄いのかわからんけど凄いって思えるところが凄いんですよ」

と、やっぱり答えるでしょう。いやもうそう答えるしかないもの。



”ジミ・ヘンドリックス”関連記事







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 19:12| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

ジミ・ヘンドリックス アクシス・ボールド・アズ・ラヴ

1.jpg
ジミ・ヘンドリックス/アクシス・ボールド・アズ・ラヴ

(MCA/SMJミュージック)


はい、台風が近付いておりますが、今日もジミ・ヘンドリックスを皆さんにご紹介しながら、知ってるよーで実はよく分からないこの巨人の魅力について、一緒に考えて行きましょう。

彼のバイオグラフィ的なことに関しては、前回の「アー・ユー・エクスペリエンスト?」のところで書きましたので、そちらをまずはじっくりご覧頂くとして、本日はファーストとくれば順番的にセカンドだろうということで、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス2枚目のスタジオ・アルバム「アクシス・ボールド・アズ・ラヴ」です。

ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスがデビューしたのは1967年で、2枚目となる本作がリリースされたのも1967年。

これはどういうことかと言いますと、このバンドはまずイギリスで前評判も上々の中、アメリカ・デビューも果たした。そいでもって「すげぇよ、誰もこんな音楽聴いたことがない!ウホッ!!」と、アメリカの聴衆もあっという間に沸かせてしまったんですね。

だからアルバムがリリースした後に、すぐさま次のアルバムの制作に取り掛かった。とにかくもうジミ・ヘンドリックス・エクルペリエンスの登場というのは、デビュー・アルバムがリリースされてすぐに「次が聴きたいぞ!」という声が起きるほどのセンセーションだったんです。

そして何よりも、その頃のジミはもう”次”へのアイディアが、アルバム1枚には収まりきれないほどに次々と出てきておりました。

そう、ジミヘンという人がつくづく凄いなぁと、アタシが関心するのは、ロック・ミュージシャンというのはある意味ライヴに比重を置いていて、その日々の集大成みたいな感じでアルバムを作るもんだったりするんですけど、ジミの場合はウルトラハードなツアーの合間を縫って、空いた時間は常にスタジオに入ってセッションを重ねつつ、新しい音の実験に余念がなかったことなんです。

で、スタジオとライヴでテンションのムラがまったくない。

つまりスタジオではまるでライヴのようなリアリティを演奏でダイレクトに感じさせてくれるし、ライヴでもスタジオで綿密に作り上げたサウンドを何事もなかったように当たり前に繰り出す。

今日もやっぱり”天才”という言葉はあまり使わないようにして説明しようと思いますので、この言葉使いませんが、やっぱりその思考回路というのはアタシら常人とは違う次元にあるような気がします。だって、どんだけテクニックがあっても、作曲やアレンジに力(リキ)入れても、いざ生で演奏するとなると、そういうのとりあえず置いといて、ノリと勢いに意識を委ねてしまうのが人間でしょう。

ジミヘンの場合は、ライヴでもスタジオでも明らかに飛んではいるけれども、音楽的にグシャってる領域には絶対はみ出さないんだ。イカレてるけど冷静で、冷静だけどしっかりイカレてるというか・・・。

うむむ、この辺のことを考えてしまうと、もう”ジミの泥沼”とアタシが呼んでいる思考領域に意識持っていかれてマズいことになってしまうので、こういうことはこれから先もジミヘンを聴く毎に取り出して、一生かけてじっくり考えましょうか。答えは出らんと思うけど・・・。

さて、そんなこんなでジミヘンがデビューからソッコーでニュー・アルバムをレコーディングして世に放った1967年、この年ロックの世界ではひとつのキーワードが世間を侵食しておりました。

それはつまり「サイケデリック」という言葉です。

サイケデリックというのは、色々な説がありますが、とりあえずは薬物、特に幻覚作用のあるドラッグでハイになり、その時の視聴覚で捉えたものを表現するアートのことと、ぼんやり理解しておけばいいでしょう。

派手な原色がぐにょーんと混ざりあがったマーブル模様とか、ともかく派手な色彩感とか、音楽ではエコーとかファズとかトレモロアームを使ったギターの「ぐぎょーん」だとか、そういう奇妙に歪んだものです。

カルチャーとしてのサイケデリックは、60年代のアメリカやイギリスのアンダーグラウンドシーンで大いににぎわっておりましたが、それが当時の若者文化そのものの代名詞となったのが、1966年にビートルズがリリースしたアルバム「リボルバー」です。

ドラッグによる幻覚体験を極めて忠実に再現しようと、様々な音響効果を駆使した結果、奇妙な”違和感の快楽”を聴き手に覚えさせる、ビートルズのアルバムの中でも最も実験色の濃いものですが、ロックを代表するスーパー・バンドのサイケデリック宣言(?)によって、時代の潮流は一気に変わり、それまでオーバーグラウンドで健全な音楽をやっていたアーティスト達ですら、程度の差はあれ、何がしらサイケデリックを感じられる作品を世に出すようになりました。

で、そこにタイミング良く登場したのが、過剰とも言える音響効果をバリバリに生み出してフツーに演奏していたジミヘンです。

彼はサイケデリックの申し子であるかのように世間でもてはやされ、また、今もそのように信奉されていることも多いのですが、ジミの場合は、元よりサウンドであり得ない効果を得ることに異様な情熱を燃やしていたし、その幻覚的なサウンドは、サイケが流行っていようがなかろうが、多分関係なかったんじゃないかと思います。

たまたま時代がそうで、そういったトレンドの方が彼の音楽に接近して、彼の求めているもののどこかにピッタリと符合したと。





【収録曲】
1.EXP
2.アップ・フロス・ザ・スカイズ
3.スパニッシュ・キャッスル・マジック
4.ウェイト・アンティル・トゥモロウ
5.エイント・ノー・テリング
6.リトル・ウィング
7.イフ・シックス・ワズ・ナイン
8.ユー・ガット・ミー・フローティン
9.キャッスルズ・メイド・オブ・サンド
10.シーズ・ソー・ファイン
11.ワン・レイニー・ウィッシュ
12.リトル・ミス・ラヴァー
13.ボールド・アズ・ラヴ


いかにもサイケデリックなイラストが施されたジャケットからも分かるように、このアルバムでジミがファーストから行っていた実験的な音作りは更なら深みに到達しております。

1曲目から凄まじいフィードバック・ノイズが炸裂し、楽曲の中では歪みの他に今で言うコーラスやフランジャーなどの先祖となる揺れ系エフェクター”ユニヴァイブ”の使用、2台のテープマシーンを使ったサウンド・コラージュなど、あらゆる最新技術を使ってのやりたい放題なんですが、それでもギター・プレイそのものは決して音楽的な破綻をきたさず、彼の根っこにあるR&Bのフィーリングをたっぷり含んだロックギターであります。

ジミのプレイはよく”宇宙的”と言われますね。

それは収録時間の制限がなければどこまでも無限に即興演奏が出来そうな、スケールの大きなソロ・プレイに依るところはもちろん大きいと思いますが、リフや歌ってる時のバッキングの、丁寧かつメロディアスなフレーズから感じさせるイメージの豊かな拡がりみたいなものにも言えるなぁと、最近アタシは思っております。

そして、音作りにおいてはサイケで型破りな”実験”が行われているにも関わらず、楽曲そのものはポップな親しみやすさ、2分から3分の収録にキッチリ収まる完成度の高さが実はこのアルバム最大の魅力です。

バラード名曲として多くのカヴァーを生んだ「リトル・ウィング」「キャッスルズ・メイド・オブ・サンド」「ボールド・アズ・ラヴ」がやはり楽曲として出色でありますね。そしてノエル・レディングがヴォーカルを取っただけで、いい感じのブリティッシュ・ロックになる「シーズ・ソー・ファイン」など、ギター・プレイだけじゃない作品としての懐の深さがあって、実に飽きさせません。

そんなわけでアタシは相変わらず「ジミヘンってやっぱり何か意味不明の凄さがあるー」と思ってます。それはつまり言葉では言い表せない音楽的な密度の濃さなんじゃないかと思います。







”ジミ・ヘンドリックス”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 11:28| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

ジミ・ヘンドリックス アー・ユー・エクスペリエンスト?

6.jpg


ジミ・ヘンドリックス/アー・ユー・エクスペリエンスト?

(MCA/SMJミュージック)

音楽好き、なかんづくロック好きにとって、そしてギターを弾く人にとっては、ジミ・ヘンドリックスといえばそりゃもう神様で、もしかしたらビートルズやストーンズ以上に、必ずどこかでブチ当たる人で・・・と、アタシが今更ここであーだこーだゴチャゴチャ言わなくても凄い人だということは、これはもう世間の常識として定着しております。

うん、ジミヘンはそりゃ凄い、カッコイイ、アタシだってジミヘン聴いて何度「うっひゃー、ありえん!」と叫んだことか、そんな体験をストックするほどのスペースが、心の中にはもうほとんどないぐらい衝撃を受けました。

でもね皆さん、ここでアタシからお願いです。

「ジミ・ヘンドリックスは天才だ!」「エレキギターの偉大な革命家だ」とかいう世間の声は、まだジミヘンを良く知らない、聴いたけどそんなに?って方は、この際思い切って無視して頂きたいのです。

はい、やっぱりジミヘンだろうがジョン・レノンだろうが、やっぱり音楽なんですよ。

何よりも最初に「この音楽いいな〜」ってのが先に来て、次にアーティストにスポットが当たって、天才とか偉大とかグレイトとかそういうのが来て欲しいんですね。単純に音楽が好きな人間としては。

アタシの場合は、ジミ・ヘンドリックスと出会ったのは16の時で、そんとき今も親友してますが、同じ学校でギター弾く男と意気投合して、ヴァン・ヘイレンがどうのスティーヴ・ヴァイがどうの、イジー・ストラドリンがどうのマーシーがどうのと、ギター話に毎日のように明け暮れてたんです。

で、当然ギター話をしてるから、ジミヘンの話にもなります。

でも聴いたことないから

「ジミヘンってヤバいよなぁ、ギター燃やす人だろ?」

ぐらいの知識で盛り上がるしかなかったんですね。

その時、ソイツの家でジャケットに惚れて買ったのが「ジ・アルティメイト・エクスペリエンス」っていうベスト・アルバムで(その時の話はコチラ)、それを聴いた最初の感想は

「正直よくわからん、よくわからんけど何か凄い!」

でした。

何が凄かったのか?乏しい音楽知識と、まだ初心者も初心者なギターの腕前ではそれすらも分からなかったけど、あえて言うなら

「何をどうやって弾いてるのかも、どうやったらこういう音が出るのかもさっぱりわからん!」

だったんです。

よくジミヘンを聴いていきなり雷に打たれたような衝撃を受けたとかいう話を聞きますが、それはもしかしたらアタシなんかよりずっとずっと年上で、ジミヘンの時代とほとんど変わらないギター環境(アンプとかエフェクターとか、そういう技術面での話)の音楽と、キチンと聴き比べることが出来たからなんじゃないかと思うんですね。

少なくとも1990年代以降の音楽機材は、ハイゲインのアンプや物凄いぶっ飛んだ効果音とか出せるエフェクターとかは普通にあったし、録音技術も向上してて、オーバーダビングも、音を派手にするためのイコライジングもほぼ自在でした。

だからむしろその頃高校生のアタシにとっては、ファズのゴワゴワした音とか、アナログディレイのモコモコした音とか、ハイ・トーンでもデス声でもない歌声とか、超高速でもないリズムとか、むしろ「あぁ、昔の音楽だな」としか思えなかったんです。

ちょっと読んでいる皆さんを混乱させてしまうかも知れないけど、ちょっと後からジワジワきたのが

「そんな昔の音だから何か凄い!」

という、何だか不思議な衝撃です。

さて、

さてさてさて・・・。


ここまで読んでいい具合に頭が混乱したそこのアナタ、ジミ・ヘンドリックスを聴いてみませんか?


えぇと、最初で言えば良かったのですが、何でかっつうとジミヘンの魅力って、やっぱり何と言っても「そのわけのわかんなさ」であると、ズバリ思うんですよ。この人のギターを使っての表現の突拍子のなさ、やりたくてしょうがなかったのは分かるけど、何でそうなった感というものは、何十年付き合ってもやはり強烈で、その強烈さというのは紋切型の「天才」とか「革命児」とかそういう言葉の何倍も生々しい説得力があるんです、はい。






【収録曲】
1.フォクシー・レディ
2.マニック・デプレッション
3.レッド・ハウス
4.キャン・ユー・シー・ミー
5.ラヴ・オア・コンフュージョン
6.アイ・ドント・リヴ・トゥディ
7.メイ・ディス・ビー・ラヴ
8.ファイア
9.サード・ストーン・フロム・ザ・サン
10.リメンバー
11.アー・ユー・エクスペリエンスト?
12.ヘイ・ジョー
13.ストーン・フリー
14.パープル・ヘイズ
15.フィフティ・ファースト・アニヴァーサリ
16.ジ・ウィンド・クライズ・メアリー
17.ハイウェイ・チャイル

で、1967年発表の、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのデビュー・アルバム「アー・ユー・エクスペリエンスト?」です。

ジミヘンはアメリカ北部の都市、シアトルで生まれた黒人でありますが、実はお母さんはチェロキー族の血を濃く引くネイティヴ・アメリカンで、その絡みから母方の祖母の住むインディアン居留地で過ごすことが多かったようです。

それゆえに、幼少の頃からブルースやゴスペルにドップリだったというような、同世代かちょい上のブルースマンやソウル・シンガーにあるような、ブラック・ミュージックの強烈なバックボーンは持っておりません。

その代り、彼は少年時代からブルースやR&B、ロックンロールのレコードを熱心に聴き込んでおりました。

後に

「ブルースの基礎をすごく持っているのに、何をやってもはみ出してしまう奇妙なスケール感」

と評される彼のスタイルは、自室でブラック・ミュージックを中心にあらゆるジャンルの音楽を聴きまくり、それを覚えたてのギターでことごとく耳コピしていたからなんだろうなと思います。

10代でアマチュア・バンドを組み、徴兵で行った空軍でもバンド活動をして(この空軍バンドには、後に最後のバンド”バンド・オブ・ジプシーズ”のメンバーとなるベーシストのビリー・コックスがおりました)から除隊。

本格的に音楽の道に進みたかった彼はオーディションを受けまくって、アイク&ティナ・ターナー、リトル・リチャード、アイズレー・ブラザーズなど、当時の人気R&Bミュージシャン達のバックで経験を積みます。

ギターは上手かったのですが、それ以上に派手なアクションでギターを弾くパフォーマンスは聴衆からそれなりに注目を浴び、バンド・リーダーからは「あんまり目立つな」と注意されるといった「何かわからんが面白いヤツ」という彼のスタンスは、既にこの頃には出来上がっておりました。

もちろんジミは自分のバンドもバックミュージシャンの仕事と並行してやってましたが、こっちはどうもパッとしなかったようです。

そんな時に当時人気ロックバンドだったアニマルズのベーシスト、チャス・チャンドラーが「ユーいいね、イギリス行ってロックやらない?」と、声をかけたことが、一大転機になりました。

それまでR&Bの世界の住人だったジミにしてみれば

「ロック?・・・て何ですか、ロックンロールじゃないの?」

「イギリスって・・・行ったことないし、自分黒人っすよ?イギリスで演奏しても受け入れられるんスか?」

ぐらいの不思議な話でしたが、チャドに「まぁまぁ」と一方的に説得されて渡英して、そこで「まあまあ」と行われた「ジミ・ヘンドリックスのバンドのオーディション」を通ってメンバーになったのが、ベースのノエル・レディングとドラムのミッチ・ミッチェルという白人青年2人。

ミッチ・ミッチェルに関しては、そのパワフルでキレの良いドラミングは早くから注目され、セッション・ミュージシャンとして活躍している時にザ・フーの結成時にドラマー候補として名前が挙がったほど。

で、ベースのノエル・レディングですが、彼は元々ギタリストとして、何と17歳の頃からプロとして活躍しちた凄腕で、実はジミヘンのオーディションをアニマルズのギタリスト・オーディションだと思って参加したところ、いきなりベースを持たされて、しかしそれでも完璧なプレイでジミとチャドのド肝を抜いたと云われております。

R&Bで鍛え上げたジミと、直前まで凄腕ギタリストだったベーシスト、そしてロックの正統実力派ドラマーという、全くバックグラウンドの違う3人が(ジミにって)異国であるイギリスで結成した、このバンドが”ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス”なんですが、この異色の3ピースが放つサウンドは、最初から同時代のどのバンドとも全く違っておりました。

何がどう違うのか?これはぜひ皆さんに聴いて頂いて、できれば同時代の他のバンドと聴き比べてください。

ジミのギターのサウンドや奏法など、専門的に聴けばそれこそ一冊の本に出来るぐらい色々と出てきますが、これだけは強調しておきたいのが、歌、ギター、ベース、ドラムの4つの音が、セオリー通りの

「歌が真ん中、ギターが横、ベースとドラムが後ろでリズム」

という形ではないんです。

全部の音が同じ場所で、同じ質量で溶け合って譜面のない楽曲を同時に即興演奏しているような自由度の高い演奏でいて、楽曲が

・タテノリの疾走する曲

・ブラック・ミュージックの影響色濃いファンキーな曲

・美しいバラード

と、それぞれ綺麗に際立っておるんです。

しかもそれが、デビュー作の時点でもうほぼ完成された形でアルバムに収まっているという所が、この”ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス”というバンドの、恐ろしいほどのカッコ良さなんです。

タテノリの分かり易い曲”だけ”は入っておりませんので、もしかしたらいきなり聴いて分かる人は少数派かもしれませんが、ジミヘンの音楽って、少し置いて最初に「凄い!ヤバい!」がいきなり来て、それから何年か置きに別の角度からの「凄い!ヤバい!」が、何度も何度も飛んでくる音楽ですので、聴く人は一生刺激をもらえることは間違いないです。

アタシももう25年の付き合いになりますが「まぁジミヘンってこんなだよね」とかいうナメた気持ちになったことは一回もないです。てか、そうさせてくれません。なので一生かけてとことんまで付き合うつもりです。








”ジミ・ヘンドリックス”関連記事







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 18:50| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする