2017年10月14日

ジンジャー・ベイカーズ・エア・フォース

1.jpg
ジンジャー・ベイカーズ・エア・フォース/Ginger Baker's Air Force
(Lemon)

1960年代後半から70年代初頭という時代の音楽というのは、本当に面白くて、何が面白いかって、この時代は全盛を極めていたロックが「もっと誰もやってないことを!」と、ジャズやファンクなど、ちょっと違うジャンルの音楽を取り込んで、個性的なバンドや面白いアプローチをするミュージシャンの百花繚乱状態だったんです。

で、更に面白いのは、そういうロックサイドの動きに敏感に反応したジャズやソウル界隈のミュージシャン達が「何だよ、オレらにも出来るんだぜぇ」と、次々と電気楽器を導入した大胆な”脱ジャズ”のスタイルでライヴをかましたり、作品をリリースしたことによって、互いに刺激し合う環境が整い、更に刺激に溢れたカッコイイ音楽、意表を突くジャンルレスな音楽が次々に生み出された。このフリーダムに尽きます。

特にロックとジャズを掛け合わせた「ジャズロック」というのが、この時期ぼちぼち出てくるんです。

今日はそんなジャズ・ロックの名作アルバムを紹介しますね。はい、ジンジャー・ベイカーが1969年に結成した大所帯バンド”ジンジャー・ベイカーズ・エア・フォース”のデビュー作にして、凄まじい熱気に満ちた最高にかっこいいライヴ・アルバムです。

さて皆さん、ジンジャー・ベイカーといえばほとんどの人が「クリームのドラマーだよね」と答えるかも知れません。や、かも知れませんじゃなくて、音楽好きの人なら、十割方九割はそう答えるでしょう。はい、クリームのジンジャー・ベイカーであります。

クリーム時代はジンジャー・ベイカー(ベース、ヴォーカル)、エリック・クラプトン(ギター)と組んだ力強いトリオ・サウンドを「バシッ!」「ダカドコドコ!」と、パワフルに打ち鳴らされる硬派なドラミングで支えておりましたジンジャー・ベイカー。

そのワイルドなドラム・スタイルと直結で結びつく毒舌&偏屈なキャラクターも何というか実に正直で憎めない人であります。そう、ジンジャー・ベイカーの愛すべきところは、ドラムも人格も、全て動物的直観で成り立ってるかのような、その野人ぶりでありましょう。

そんなジンジャーの野人ぶりは、クリーム解散後に、実は遺憾なく発揮されます。

我の強いメンバーで結成されたクリームは、元より結成前から険悪だったジンジャーとジャック・ブルースの間で度々トラブルが起きておりました。

結局終始行動を共にする中でジンジャーとジャックの不仲の溝は埋まるどころか修復不能な状態になってクリームは解散。ジャックが出て行く形でジンジャーとクラプトンは、かねてより親交のあったスティーヴ・ウィンウッド(トラフィック、元スペンサー・デイヴィス・グループ)、リック・グレッチ(ファミリー)らとブルース・ロック・バンド”ブラインド・フェイス”を結成しましたが、このバンドは多くのファンにとっては「クリームの後継ブルースロック・バンド」としか捉えてもらえず、また、オリジナル曲も少なかったので、ライヴでは求められるままにクリームやトラフィックのナンバーをやっていたといいます。

結局クラプトンが、クリーム時代の残滓を背負うのに疲れ、このスーパーユニットはたった半年で終わってしまうのです。

でも、ここで終わらかなかったのがジンジャーなんです。

「ジンジャーどうしよう。エリックがやめるってさ」

「何かもう疲れたとか言ってたんだよな、アイツ大丈夫かな・・・」

「あぁ、エリックはしょうがねぇよ。クリームん時からジャックのワガママで相当参ってたからな(←注:お前が言うな)。あぁしょうがねぇ。じゃあ俺たちでやるしかねぇんじゃねぇか?俺は正直お前らとはもっと演奏したいからどうだ、もうこの際だから新しいバンド組んでよぉ・・・。あ、ちょっと待て、実は俺ァ前からあっためてきたアイディアがあったんだ。いいか、これからはありきたりのブルースやってても、客に飽きられるだけだし、まぁオレらやお前らのトラフィックなんかに影響受けただけの大したことねぇヤツらばっかりだが、ブルースロックのバンドなんか履いて捨てるほどいやがる。だからな、ヒッヒッ、時代はジャズだよ」

「ジャズだって!?いいねぇ」

「やりたかったんだよ、エリックの家でも何度かセッションしたぜぇ」

「よーし、そうなりゃ話は早い。バンド名は”ジンジャー・ベイカーズ・エア・フォース・ワン”で決定な。それと、お前らだけじゃ心細いと思うから、俺がジャズにも対応できる新しいメンバーを連れてきてやる」

と、待ってましたとばかりにイニシアチブを握りまくってゴキゲンなジンジャーによって、1969年「ロックのヤツらがジャズをやるイカしたバンド」が結成されました。

奇しくもマイルス・デイヴィスが問題作とされたエレクトリック・ジャズの名盤「ビッチェズ・ブリュー」を世に出したのと同じ年の出来事であります。




【収録曲】
1.Man
2.Early in the Morning
3.Don't Care
4.Toad
5.Aiko Biaye
6.Man of Constant Sorrow
7.Do What You Like
8.Doin' It

さあ、ジンジャー・ベイカーが気合いを入れて前からずーーーーっとやりたかった自分が好き放題できるバンドでジャズをコンセプトに結成したバンドのファースト・アルバム!総勢10名でサックス、パーカッションも入ったちょっとしたオーケストラ編成であります。

ジンジャーはワイルドだから、スタジオでちまちまなんかやりません。何とこれ、ライヴアルバムなんですよ。

ザッとメンバーを書いてみますと


ジンジャー・ベイカー(ds)
スティーヴ・ウィンウッド(vo,key)


この2人は言うまでもなくブラインド・フェイスからそのまんまの残留組で、ムーディー・ブルースから

デニー・レイン(g,vo)

が加入。

ブルース・ロック界隈の重鎮であるリック・グレッチ(b,vln)に


ホーン隊は

グラハム・ボンド・オーガニゼイションのグラハム・ボンド(as)、トラフィックからクリス・ウッド(ts,fl)ドノヴァンやブロッサム・ディアリーなどのバックも務め、後にオーネット・コールマンなどと共演を果たすジャズ・ミュージシャンのハロルド・マクネア(ts,fl)です。


ヴォーカルには”ドクター・ジョン”の紅一点で、リック・グレッチの奥さんになるジネット・ジェイコブス(vo)更にジンジャーの師匠であり、イギリスジャズ界ではベテランとして尊敬されていたフィル・シーメン(ds)、そして何気にこのアルバムで大きな存在なのがナイジェリア人のパーカッショニスト、レミ・カバカ
であります。

ザッと名前を並べても、純粋に”ジャズ”のフィールドと言えるのは、ハロルド・マクネアとフィル・シーメンで、どんなジャズ・サウンドなんだろうと、嫌が上にも想像が膨らみます。

で、やはりそのサウンドは、ジンジャーの縦の構えからズバッ!ズドン!とタイトに決まるドラミングを中心とした、ロック色の極めて濃いサウンドに仕上がっており、ありきたりの4ビートでお茶を濁した音にはなっておりません。

ホーン・セクションもアンサンブルを奏でるというよりは、長い楽曲の中でそれぞれが自由に即興演奏を楽しんでいるという感じ。ヴォーカルもメインで歌モノをするのではなしに、絶妙なコーラス・ワークで全体の流れの中に良い意味でアクセントになっており、つまりは「ロックのノリを大事にしつつ、その幅をグッと拡げるために即興度の高い楽曲と、ジャズやファンクのエッセンスをちりばめた」と言うべきか、ジャズの人達がロックの要素を取り入れた”ジャズ・ロック”ともまた一味違った、ザックリしたノリとグルーヴを、構えることなく自由に楽しめるという意味において、熱気とユルさのバランスが実に素晴らしく混ざり合っております。

で、後半にモロなアフロ・ポップなノリでグイグイテンションを挙げるレミ・カバカの素敵な煽りに満ちたナイジェリア語のヴォーカルとパーカッション(!)ジンジャーは実はナイジェリアの大物、フェラ・クティと親交があって、共演作も出すんですが、アフロ・グルーヴの中であくまで縦のへヴィなビートを繰り出すジンジャーのドラム、これが見事にアルバムのハイライトになっております。

いわゆるジャズの人達が演奏する”ジャズロック”の粘ったノリとはまた違う、ロック的混沌に溢れ返ったゴッタ煮の楽しさ、それはつまりこの1960年代末から70年代の音楽そのものの”誰が何をしでかすかわからないワクワク”をそのまんま荒削りに詰め込んだものでもあります。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 17:15| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

エイフェックス・ツイン ドラッグス

1.jpg
エイフェックス・ツイン/ドラッグス
(Warp)

今日はテクノについて語ろうと思います。

テクノという音楽は、読んで字の如く、”最先端”をイメージさせる音楽です。

人によって細かい手法は違いますが、この音楽は打ち込みのビートにシンセサイザーや様々な機器を駆使して作ったフレーズを掛け合わせてゆく音楽といえます。

古くは70年代にクラフトワークら、ドイツのいわゆる”クラウトロック”と呼ばれる人達がその原型を作りましたが、これが世界中に波及して、特にクラブシーンで独自の発展を見せて、パーティーに集まった人達を踊らせるハウス・ミュージックや、或いは日本でいえばYMOなど、ポップスとして歌モノの楽曲を打ち込みやシンセサイザーなどのアレンジで装飾したテクノポップと呼ばれるもの、更には電子音楽で作るアンビエント・ミュージックや、バンド・サウンドと融合したエレクトロニカ、近年では元々”ノイズ・ギター・ポップ”というオルタナティヴ・ロックのひとつの形態と呼ばれていたシューゲイザーなんかもテクノとの関わり抜きに語ることは出来なくなりつつあります。

細かいことはさておきで、80年代90年代、そして2000年代から現在に至るまで、テクノ・ミュージックは技術の進化と共に様々な形で世に送り出されてきました。

そして、それらのほとんどが、めまぐるしく発展する録音/再生技術の中で次々と懐メロになってゆくのを感じます。

何年か前にダフトパンクが流行って、アレが最先端のテクノではなく、80年代のオマージュ的なサウンドだったことには「あぁ、もうこの分野も過去のスタイルをネタとして使うようになるまでになったんだ」と、ある意味凄い衝撃でしたが、テクノという呼び方も、もしかしたらあと少しすれば「あぁ懐かしいね」というものになってしまうのかも知れません。

で、そんな中「懐メロにならないテクノ」を、四半世紀以上黙々と作り続けている人がおります。

1.jpg

”エイフェックス・ツイン”こと、リチャード・D・ジェイムスです。

90年代にドラムンベースというスタイルが流行って、その時この人も世界的な人気アーティストになりました。

黙っていれば結構カッコイイ顔してるのに、ニヤッと不気味に笑った江頭2:50みたいな顔写真やイラストをジャケットに使ったり、水着美女とか子供とか、色んな被写体にコラージュして張り付けたり、正直「うわ、何じゃこりゃ!?」という感じで、なかなかに正体の掴めない、不気味な存在であったと記憶していますが、そこんとこどうなんだよと、この分野に詳しい友人に訊いたところ

「いや、彼はいいんだ。そうやって自分自身を記号化することで、今のテクノブームから距離を取るスタンスを保っているわけだから」

と、何やら禅問答のような答えを貰い、頭の中に「??」がいっぱいになったところでアタシは彼に興味を持ちました。

こんなことを言うと怒られるかも知れませんが、アタシは90年代のテクノブームの時に、どうも今イチその音楽的な良さみたいなものを掴みかねておったんです。重低音とシャキシャキしたプレセンス(超高音)を強調したサウンド、忙しなくてどうノればいいのか分からない均一的なビート、何かメロディーがあってそれが展開して行く訳でもなく、ただ時間を刻むみたいにバーッと鳴らされるだけの効果音的なフレーズの繰り返しだと思ってて、事実その繰り返しを楽しむのがテクノだと言われて、ますます訳がわかんなくなったんです。

「そんなのおもしろくねぇよ」

と生意気にも言えば

「面白いとか面白くないとかじゃねーよ、こういうのを爆音で流してバカになって踊り狂うのがいいんだ!」

と百倍キレられて、あぁやっぱりオレにはクラブとかレイヴとかそーゆーのは遠い世界だわいと嘆いていたところにエイフェックス・ツインは踊らせるための刹那的レイヴ・ミュージックに背を向けた、アーティスト性の高いテクノミュージックを作ってどうのとか、フジロックフェスで犬小屋に閉じこもってDJやってたとか、という記事の数々を断片的に読み

「う〜ん、テクノってわかんないけど、どうもコイツだけは俺が好きそうな頭のおかしなヤツの臭いがするなぁ」

と、何となく好意的に思ってはおりました。


そん時たまたま聴いたのが、2001年リリースの「ドラッグス」というアルバムです。



(Disc-1)
1.ジウェセック
2.ヴォードホスブン
3.クラードフブクブング・ミッシュク
4.オミーガ・スウィッチ7
5.ストローザ・タイン
6.グウェーリー・マーナンズ
7.ビディオンコード
8.コック / ヴァー10
9.アヴリル 14th
10.モン・サン・ミッシェル+セイント・マイケルズ・マウント
11.グワレック2
12.オーバン・エック・トラックス4
13.オソワス
14.ヒ・ア・スクリアス・リフ・ア・ダグロウ
15.ケッソン・ダレフ

(Disc-2)
1.54カイムル・ビーツ
2.ボトム・ルマーダ
3.ローナデレック
4.Qkthr
5.メルトフェイス6
6.ビット4
7.プレップ・グワレック3b
8.ファーザー
9.テイキング・コントロール
10.ペティアティル・シックス・フトドゥイ
11.ルグレン・ホロン
12.エイフェックス237 V7
13.ジゴマティック 17
14.ベスク3epnm
15.ナノウ2


まず一曲目からビートなしの静かな曲に、美しいピアノ。そこから出てくる鋭いけれどもどこか儚い打ち込みのビート。

これで「あ、これは俺でも聴ける」と思い、2枚組を一気に聴いて聴き終わる頃には「本当に不思議だけど、テクノってこんなに心地良い音楽だったんだ・・・」と、今まで味わったことのない、ポワ〜っとした不思議な感情が心を埋め尽くしておりました。

世間の評判を聞けば「あれはテクノじゃない」とか「新しいことはやってないよね」とか、主に彼の作品をずっと追いかけていたファンの人達から、否定的な声も大きかったみたいです。

確かに、何が新しくて何が古いのかよーわからんけれども、この分野に疎いアタシのような人間が聴いても、普通に「音楽」としてカッコ良く聴けた。途中途中で美しいピアノや生音の弦楽器などをフィーチャーした曲が流れては来ますが、基本はやっぱり「ダッダカダッダダ!ダカスッコンコン!」のあのドラムンベースのビートがミニマルな展開で鳴り響く、古典的ともいえるテクノ・アルバムだと思います。

でもこの、無機質で一貫して冷たい質感の楽曲の中にじんわり沁みている優しさは一体何だろう?考えてみりゃあアタシは音楽的なジャンルでどうとか、刺激を求めてとかそういうことではなく、このアルバムを作ったエイフェックス・ツイン、もといリチャード・D・ジェイムスという人が、もう本当に音楽が好きで、自分を心から豊かにさせた音楽、つまりハウスやテクノはもちろん、ジャズやクラシックやロック、そして民族音楽に至るまでの全部への愛を、この2枚組の大作に目一杯詰め込んだんじゃなかろうかと思いながらこのアルバムを聴く度に胸にギューンと来て、何か切ない気持ちにさせてくれる優しさに浸る幸せを噛み締めております。

そして今「ドラッグス」を聴いても、不思議なことに全く懐メロになっておりません。それはきっと、このアルバムを作っていた時に音楽に捧げたこの人の情熱や愛情といったものの温度が、きっと最高に普遍的なものだったからに違いありません。うん、テクノのことは相変わらず全然分からないが、きっとそうなのだ。

このアルバムを最後に、13年にも及ぶ長い沈黙に入り、つい最近復活したということを考えると、今度は今の時点で話題になっている最新作を聴きたくなりますね。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:21| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズ L.A.M.F.

1.jpg

ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズ/L.A.M.F.

この前からロックンロール、ロックンロールと、このブログは結構やかましく言っております。

ロックンロールというのは、1950年代に生まれた音楽で、ブルースやR&Bをベースに、更なる楽曲の速さやノリの良さを追究した、非常に踊れる&分かり易い音楽であり、当然社会現象となるほどに若者を熱狂させた音楽です。

そしてこの素晴らしい音楽は、黒人と白人のミュージシャン同士が、同じ目的(つまりキッズ達を踊らせて騒がせるという行為)のためにガッツリ手を取り合って、ひとつのジャンルを築き上げた、史上初の音楽なのです。

えぇと、厳密にはジャズもそうなんですが、またちょっと違った話になりますのでここでは省略しますね。

で、その50年代を席捲したロックンロールが50年代の終焉と共に一気に衰退して、しばらくのインターバルを経て登場したのがロックというのは、皆さんもうご存知でありましょう。

で、ロックンロールは死んだのか?全部ロックに取って代わられてしまったのか?といえば、答えは当然「No」で、70年代にも80年代にも90年代にも、もちろん2000年代を経た今現在も「ロックンロールバンド」と呼ばれるバンドは無数に存在し、文字通りリズムをロックさせ、ロールさせたりしております。

んで、重要なのがこっち。彼らは「ロックンロール」と呼ばれますが、彼らの大半がやっているそのロックンロールは、1950年代のロックンロールそのまんまではなく、実は1970年代に新しく生まれ変わって復活を遂げた、新しい方のロックンロールなんです。

ん、この言い回しが適切かどうかは分かりません。が、ロックンロールは60年代の訪れと共に確かに一度直系と呼べる音楽的な継承が途絶えて、70年代にそのスピリッツを受け継ぐ若者達によって、ジーンズや皮ジャン、そして激しく打ち鳴らされる8ビートと、大出力のアンプで歪ませたギター・サウンドと共に見事な復活を遂げた音楽なのです。

「何の話や?さっぱり訳がわからん」

と、お思いの方もいらっしゃることでしょうから、話をこのまんま続けます。

ロックがアメリカやイギリスで、めまぐるしい進化を遂げていたのを見て、そのロックの生みの親の一人であるはずの男がこう言いました。


「ロックはいいが、ロールはどうした?どこに行っちまったんだロックンロールは?」


6.jpg

そう、ローリング・ストーンズのキース・リチャーズです。

キースはローリング・ストーンズの中で、シンプルな3コード、単音でパラパラ弾きまくらないソロで、ロックバンドの中で「ロックンロール・ギターのカッコ良さ」というものを体現したようなギターをずっと弾いておりました。

後を引くリフ、独特のルーズな間から生まれ出る引きずるような、転がるようなグルーヴ。

言葉にすればたったこれだけのギターから醸し出される、何ともダーティーな不良のカッコ良さ。

そう、キースは70年代になってもロックに目覚めた不良な若者達の憧れであり、そんなキースを、ストーンズのロックンロール・サウンドを慕うアメリカの若者達の中で、そのサウンドやライフスタイルの継承者的存在として、ニューヨーク・ドールズというバンドが出てきました。

このバンドには、ロックから難しく面倒臭いところをほぼ省いた、8ビートに3コードという演奏スタイルで出てくる音を、とにかくやかましく、そしてグラマラスに演奏すること”だけ”に全てを捧げたような、ストレートで、ちょっとキケンなカッコ良さがあり、非常にセンセーショナルな存在として話題になったんですね。化粧もしているし。

はい、このニューヨーク・ドールズは”パンクロックの元祖”とかも言われております。その理由はまたちょっと音楽的なこととは違うあれこれが入ってくるので、ここでは省略しますが、50年代ロックンロールへの、単純な原点回帰でもない、かといって小難しくもない、独特のラフなグルーヴとやかましいギターの轟音で酔わせてくれる、新しいロックンロールを、ハッキリとした形でドンと世間に見せつけたのがニューヨーク・ドールズです。

もっといえば、このニューヨーク・ドールズのギタリストとして、そんなロックンロール・サウンドをギャンギャン演奏していて、いつの間にか存在そのものがロックンロールと呼ばれるようになったのが、ジョニー・サンダースであります。

アタシがまだ十代の頃、とある先輩に

「ロックンロールって何ですかね?」

と訊いたら

「バカヤロウ、お前ジョニー・サンダース聴け!」

と言われました。

更に別の人に同じ質問したところ

「それはジョニー・サンダースだ」

と、ほぼ同じ意味の答えが返ってきました。

二度目に質問した人は、ちょっと優しい人だったので

「チャック・ベリーとかエルヴィスとか・・・」

と、モゴモゴアタシが言うと

「うん、彼らは50年代のオリジナル・ロックンローラーだけど、清志郎とかチャボとか、とにかく今ロックンロールやってるヤツらは、みんなジョニー・サンダースから影響受けてるし、ジョニー・サンダース大好きなんだよ」

と、優しく説明してくれました。

実際その後も「ロックンロールが好きだ」という人とはたくさん会って、色々話をしましたが、やっぱりジョニー・サンダースという言葉を口にした瞬間に、少年のようにキラキラした目になったり、エンジンかかったようにアツく語ったり「あぁ・・・ジョニー・サンダースはもう絶対だよね・・・」と、憧れの目一杯入った口調で遠い目をして答える人・・・とにかくみんなにとってジョニー・サンダースという人は特別な存在なのだということを、アタシは心底痛感するに至ったのです。




1.BORN TO LOSE
2.BABY TALK
3.ALL BY MYSELF
4.I WANNA BE LOVED
5.IT’S NOT ENOUGH
6.CHINESE ROCKS
7.GET OFF THE PHONE
8.PIRATE LOVE
9.ONE TRACK MIND
10.I LOVE YOU
11.GOING STEADY
12.LET GO


数々のカリスマ的エピソードとか、やっぱりそういう人らしく、結構早くで亡くなったとか、そういう話もありますが、コレを聴くと全てがぶっ飛びます。

ジョニー・サンダースがニューヨーク・ドールズを辞めて最初に組んだロックンロール・バンド「ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズ」のデビュー・アルバム「L.A.M.F.」。

どこにも何にも細工なんてない、ただ荒く、ポップで、そしてやかましい3コードのロックンロール!

最初聴いた時は「いや、これはもうパンクでしょ」と思ったし、正直に「セックス・ピストルズをもっと泥臭くして、どこか切ない感じをふんだんにまぶした音だ」とも思いました。

ジョニー・サンダースは、この頃ライヴで使ってたマーシャルの3段アンプをレコーディング・スタジオに持ち込んで、そのままギターを繋げてガーンと鳴らしてたそうです。

当時の常識では、3段アンプはライヴで音量を稼ぐのと、見た目で派手なインパクト狙いということで、レコーディングではもっと音が聞き取り易い普通の箱型アンプを使うものだというのがあったそうですが、ジョニーはそんなこと気にしません。

「ライヴでいい音出るアンプなんだから、レコーディングでも使うの当然だろ?」

とすらも、多分言ってません。そう、ロックンロール、理屈じゃないんです。

音楽的なあれこれは元より、このアルバムに入ってるのは、熱くてカッコよくて、切なくて興奮する、そういう音楽の”本質”ですよね。本質だけがむせるような質量で「これでもか!」と入ってる。1977年の作品ですが、こういうのに古いも新しいもないんです、ただカッコイイんです。ロックンロール。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:24| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

ザ・フー ライヴ・アット・リーズ

6.jpg
ザ・フ/ライヴ・アット・リーズ
(ユニバーサル)

「ライヴバンド」という言葉を最近よく聞きます。

読んで字の如く「スタジオ音源もいいけど、ライヴだと更に信じられないぐらいカッコイイ!もう死ぬ!」というバンドのことです。

いやぁ、世の中には実にカッコいいライヴバンドはいっぱいいるし、素晴らしいライヴ盤、それこそたんまりあります。

え〜・・・

で、今から全くミもフタもないことを言います。

それはですね

「ロックバンドは、大体ライヴ・アルバムがカッコイイ」

ということです。

だってほれ、ロックはやっぱりライヴですよ。

ビートルズだってストーンズだって、今どんなに大御所になって、スタジオで超大作を作ってるバンドやミュージシャンでも、レコードデビューする前は、ライヴハウスで一生懸命演奏して、そこから人気が出て段々ビッグネームになっていったんです。

だから「ライヴアルバムがよくない」ってこたぁないじゃないですか。みーんな最初はライヴバンドだったんです。

その中で

「じゃあ最強のライヴバンドは?」

と訊かれたら、最強かどうかはわからんけれども、とにかくスタジオ盤のファーストを聴いてカッコイイと思った時以上の衝撃をライヴ盤で聴かせてくれたザ・フーを皆さんにはオススメいたしましょう。






1.ヘヴン・アンド・ヘル*
2.アイ・キャント・エクスプレイン*
3.フォーチュン・テラー*
4.いれずみ*
5.ヤング・マン・ブルース
6.恋のピンチ・ヒッター
7.ハッピー・ジャック*
8.アイム・ア・ボーイ*
9.クィック・ワン*
10.すてきな旅行|スパークス*
11.サマータイム・ブルース
12.シェイキン・オール・オーヴァー
13.マイ・ジェネレイション
14.マジック・バス

*ボーナストラック


何てったってキャリアも長いし、作品毎に凄まじく進化していったザ・フーです。

しかし、つい最近になっても積極的にライヴ・パフォーマンスを行って、ライヴアルバムやライヴの映像作品なんかをガンガン出しているザ・フー。そう、どんなに進化しようが、どんだけ大御所だベテランだと世間からもてはやされようが、コノ人達の軸足は「気合い一発でみんなを沸かせるライヴ」そこにずーーーっとあって、その信念がブレたことは、今まで一度たりともありません。

そんなフーの、最初にリリースされたライヴ・アルバムが「ライヴ・アット・リーズ」。1970年に行われた大学でのステージであります。

常日頃フーの魅力というのは

「ポップな曲にド汚いサウンド」

だと思っておりますが、このアルバムはもー凄い!

スタジオでも爆音セッティングのピート・タウンゼントのギターは何の遠慮もなく派手に歪ませて、いかにもアンプ直フルテンの、ギャンギャンゴワゴワのファズ・サウンドだし、元から単なるリズムキープじゃなくてギターのコード弾きの裏でブイブイにリードを弾いているジョン・エントウィッスルのベースもギターに負けない音量で動き回ってるし、キース・ムーンのドラムに至ってはほとんど暴走のレベルでバカボコバカボコ景気よくやっております。

で、ロジャー・ダルトリーのヴォーカルも「え?ツェッペリンのロバート・プラントなんじゃない??」と思わせる高音振り絞り系のシャウトをガンガン炸裂させ、ファーストで感じていた「音のやんちゃな正統ブリティッシュバンド」という最初にイメージは、またしてもここで気持ち良く覆されました。

この時期のフーといえば、スタジオ盤ではアレンジの凝った大作の「ロックオペラ・トミー」なんかも作って、アルバム・アーティスト集団として急成長していた時期なんです。すなわち耳の肥えた音楽好きの鑑賞にも十分耐えられるような深い作品を作ってやろうと、そういう時期に

「はーいみんなー、ギターをアンプにつなげたぞー。おまえらどっかーん!!」

な演奏を、ライヴでは相変わらずやってたってのがもうね、カッコ良い。カッコ良すぎるんです。。。

もちろんこのアルバムにも、彼らの”進化”はしっかりと見て取れます。

それはつまり「それまでのロックンロール路線から、新しいハードロック路線を宣言した」とか、そういうことで、実際このアルバム聴いてると、当時彗星の如く表れて爆風を巻き起こしていたレッド・ツェッペリンのサウンドと似通ってるんですが、そういうことすら、何かもうこの爆音一発なサウンドと、ひたすらアツいパフォーマンスの前ではどーでもよくなってきます。

あと、このアルバムのジャケット、これ凄くカッコイイよなぁと思っていたら

「当時よく出回ってるブート盤の真似をしただけ」

という話をある日聞いて、フーのことますます好きになりました。











”ザ・フーThe Who”関連記事




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 10:51| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

ザ・フー マイ・ジェネレーション

1.jpg
ザ・フー/マイ・ジェネレーション
(Polydor/USM)


イギリスの3大ロックバンドといえば、ビートルズとローリング・ストーンズ、そして今日ご紹介する"
ザ・フーThe Who"であります。

そして「イギリス3大ロックバンドの中で、どうもよく知らない」と言われるのがフーであります。

揺るぎない世界観と、ロックを通り越してポップスとしても秀逸なスタンダードの数々を生み出したビートルズと、ロックンロールのカッコ良くて分かり易いイメージがそのまんまバンドにんったかのようなストーンズは、確かにもう名前を聞いただけで、音楽にそんな興味のない人でも「あ、これ」とピンとくるものがある、確かにこの2つは別格の中の別格と言っていいほどのスーパーバンドでありましょう。

で、ザ・フーですが、実は3大バンドの中で、アタシはこのバンドほどロック”が”好きな人(ロック”は”好きとかロック”も”好き、ではない)にアツく支持されているバンドはないと思います。そして、このバンドほど様々な音楽の要素を取り入れ、それらのエッセンスを信じられない高みにまで持って行ってサウンド化したバンドはなかろうと思っております。

時期毎に、アルバム毎に彼らは飛躍的な進化を聴く人に叩き付けたザ・フー。

そして初期のアルバムは、パンクロックの誕生に決定的な刺激と影響を与え、キャリアを通じてその演奏の根底には、ひたすらアツく衝動的なロックンロールの魂がたぎっている。

音楽が、とりわけロックが好きな人達が惹かれ、そしてこよなく愛してしまうのが、彼らのそんなピュアな衝動の部分なんです。

アタシが最初にザ・フーを知ったのは、音楽雑誌で

『世界で初めてギターを投げ、ドラムをブチ壊すという破壊的なライヴ・パフォーマンス行った』

という衝撃の記事を目にしたことです。

パンクの登場前にそんなイカレたことをするバンド、いたんだ!

と、そりゃもうワクワクしたもんです。

そしてアルバムを聴く前に、深夜の音楽番組で観た彼らのライヴ・パフォーマンスは、ヴォーカルがマイクを鎖鎌みたいにブングル振り回し、ギターの鼻のでっかいおっさんが飛び跳ねたり腕を大回転させてギターを弾き、ドラムがセットを蹴飛ばして前に出てくるんじゃないかというぐらいの勢いでジタバタ叩いてまして、でも曲はやたらポップで楽しくて「あぁ、コイツらおっかしいなぁ、キてるなぁ・・・」というのが最初の印象でした。

そん時に観た映像は、確か80年代のライヴだったと思います。有名な「ぶっこわしパフォーマンス」こそ拝めませんでしたが、十代のアタシに「ザ・フーはイカレバンド」という美しいイメージを植え付けるのには、十分過ぎるほどぶっ飛んだ映像でありました。


【収録曲】
1.アウト・イン・ザ・ストリート
2.アイ・ドント・マインド
3.ザ・グッズ・ゴーン
4.ラ・ラ・ラ・ライズ
5.マッチ・トゥー・マッチ
6.マイ・ジェネレイション
7.キッズ・アー・オールライト
8.プリーズ・プリーズ・プリーズ
9.イッツ・ノット・トゥルー
10.アイム・ア・マン
11.ア・リーガル・マター
12.ジ・オックス


丁度その時夢中になっていたジュン・スカイ・ウォーカーズが「マイ・ジェネレーション」という曲を出していたので「え?つうことはフーはジュンスカに影響与えてんの?すげー」と、すっかりミーハー根性丸出しで聴いた『マイ・ジェネレーション』。

これですね、ザ・フーが1967年にリリースしたファースト・アルバムなんですが、これが本当にハタチそこらの若者の作ったバンドのデビュー・アルバムなんだろうか?と、思わせるぐらいに完成度が高いです。

パッと聴き、ビートルズをもっと走らせて不良っぽさをプラスしたようなやんちゃな雰囲気で、そこにところどころ、R&Bのテイストが入っており「ポップな曲」「ノリノリの曲」「R&Bテイストなバラード(AGのジェイムス・ブラウンのカヴァー)」のバランスが実に絶妙でした。

いかにも向こう気の強そうなロジャー・ダルトリーのハスキーなヴォーカル、当時のギターアンプの限界の歪で、ガシャガヤゴワゴワ弾きまくるピート・タウンゼントのギター、バシャバシャと耳に刺ささるキース・ムーンの攻撃的なドラム、そしてそして、ライヴでは全く動かず、ただ黙々とビートを刻んでるように思えたジョンエントウィッスルの、まるでリードギターのようにうにょうにょゴンゴン動きまくるハイテクなベース(!)

もちろんこれはアタマの悪い中学生が、聴いたその日に分かったことではありません。

それでも「曲はポップなのに、サウンドは全然大人しくない。そして楽器バカウマ!」ということは強烈に感じました。

イギリスのバンドといえば、大体がブルースやR&Bをカヴァーしまくって、そこに独自の色を徐々に付けて行って個性が花開くといったバンドが、60年代は多かったと思いますが、フ−に関しては元々「ブルースをやろう!」といった力みがそんなになくて、デビュー・アルバムでジェイムス・ブラウンのカヴァー2曲を除いて全部の曲がオリジナル。これがフーの強みであり、後に”音楽的な影響をブラック・ミュージックに依存しないパンクロック”を生んだきっかけになった、と言われたら確かにそうだと納得の出来るサウンドであります。

いやそれにしても、このアルバムの破壊衝動と見事な歌心が同居してる音楽のカッコ良さったら一体どういうことでしょう。ザ・フーに関しては掘り下げてお伝えしたいことは、まだまだ無限にありますが、まずは一切の先入観とか、何となく大物バンドとかいうイメージをかなぐり捨ててこのアルバムを聴いてみてください。やんちゃでカッコイイっす。



”ザ・フーThe Who”関連記事




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 12:00| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

ザ・ベスト・オブ・バディ・ホリー

1.jpg
ザ・ベスト・オブ・バディ・ホリー
(ユニバーサル)

さて、イカしたロックンロール、その素となったロッキンなブルースをここんとこ紹介しています。

アタシは個人的に戦前から1950年代のアメリカの音楽、とっても好きなんですが、特に50年代の、いわゆるオールディーズと呼ばれている音楽に関しては、何がロックで何がロールかも全然分かってなかった(今でもそんなに分かっとらんです)中学時代に、周囲の先輩達が夢中になってるのを、それこそ見よう見まねで

「こういうのを聴いとけばカッコイイんだ」

と、ミーハー丸出しで聴きながらハマッたふりをしてました。

そのおかげで古いブルースとかボブ・ディランからフォーク、カントリーとかを抵抗なく聴けるようになったようなものなんで、思い入れは深いし、今この辺の時代の音楽聴いても、何かこう懐かしくて甘酸っぱいような、特別な感情がわらわらと湧いてきます。

中学の頃なんて、ない小遣いでCDなんか1枚買えればいい方でしたし、洋楽なんて何を聴けばいいのか当然分かりません。

で、サウンズパルに行って親父に相談するんですけど、これはまぁ無難に「ベスト・オブ・オールディーズ」みたいなもんを買えという訳です。

なるほどそうかと値段を見たら、当時の2枚組(平成の始め頃ですわ)だからとてもじゃないけど小遣いで買えた額じゃあない。

「親父ィ〜・・・」と思いましたが、アタシは強がって「いや、もっとこう通っぽいヤツ」と言って、映画『スタンド・バイ・ミー』のサウンドトラックを買ったんです。

音楽はよくわからんが、この映画はビデオを借りて友達の家でダベりながら観て大好きだったんで、これならまぁ分かるだろうと思って聴いたんですが、コレが素晴らしかったですね。ロカビリーもR&Bもドゥー・ワップも、ジャンル関係なく”オールディーズ”と呼ばれている音楽が詰め込まれていて、しかもキャッチ―で”歌える”曲が多くて、もちろん当時はこれがロカビリーでこれがドゥー・ワップとか、そんなことは全然分からなかったんですが、初めて”今の時代以外の音楽”の、扉を開いた、ちょいとばかりアタマの悪い中学生には、最高の入り口になったんです。

このサントラの1曲目に入っていたのが、バディ・ホリーの「エブリディ」。

映画の主題歌で、ベン・E・キングがパワフルに歌う「スタンド・バイ・ミー」とは真逆のテイストを持つ、ポップなメロディ、やけに耳に付いて離れない、少年のような甘い声がとにかく不思議で「この人は一体どんな人なんだろう・・・」と思いながら聴いたのが、アタシとバディ・ホリーとの出会いでした。

50年代を代表する、偉大なロックンロールの生みの親の一人、ギター、ベース、ドラムスという、ロックバンドの基本編成を最初に定着させた人、今やエレキギターの代名詞のひとつともいえる、フェンダーのストラトキャスターで最初にロックした人、ロックの世界で「メガネ」を最初にファッション・アイテムとして認知させた人・・・。

まぁとにかくこの人のことは知れば知るほど、上に挙げた以外にも次々と革新的な”初めての”がいっぱい出てきます。

特にアタシは、ワイルドな大人の不良をみんなが目指していた時代、ティーン・エイジャーとしてティーン・エイジャーのための音楽を、最初に作った人はバディ・ホリーなんじゃないかと思います。

もちろんそのちょっと前にチャック・ベリーが、歌詞の中に学校や休日のドライブなど「郊外のティーンエイジャーの日常」を織り込むという革命を起こしてはおりますが、バディはそのスタイルを更に突き詰めて、軽快なビートとシンプルな3コード、そして少年のような声とルックスでもって、音楽の中に

「唄ってバンドするティーン」

という姿を、世界で初めて具体的に作り上げた。その功績は計り知れないほどバカでかいし、彼のスタイルをそのまんま受け継いだのがビーチ・ボーイズであり、ビートルズでありストーンズであり、ラモーンズでありバズコックスであるといった具合に、後のロックからパンクロックの時代まで、自らが作り上げた音楽が、大幅な改造を加えられずにそのまんま後の時代まで生き続けている。そんな稀有な存在だと思うのです。

バディ・ホリーの音楽はとってもポップで、この時代の多くの白人ロックンローラー達がそうしたように、黒人のR&Bやゴスペルのエッセンスを大々的に取り入れてはおりますが、あまりにもサラッと洗練されていて、後味に苦味やアクを残さないそのスタイルは、てっきりニューヨークとかの大都会で培われた感性がそうさせたんだろうと思っておりましたが、出身地はテキサスというコテコテの南部。

音楽好きの両親の影響で、早いうちから楽器を持って歌うことを覚え、少年時代はカントリーのバンドで演奏し、コンテストで賞金を取って注目を集める存在だったといいます。

彼が親しんだカントリーがどんなものだったかは詳しい資料が今手元にありませんが、ヨーデル唱法の名人、ジミー・ロジャースや、ブルーグラスの生みの親、ビル・モンローなどの、軽妙で美しい高音のヴォーカルを中心に添えたスタイルのものだったんだろうということは、想像に難しくありません。

彼が19歳の時、ひとつ年上のエルヴィス・プレスリーとの出会いがありました。

既に南部が誇る大スターだったプレスリーは、カントリーだけでなく、ブルースやゴスペルなどの黒人音楽からの影響を強く押し出した音楽をやっていて、それに強烈な憧れを覚えたバディは、自分もエレキギターを持ったロックンロールをやろうと決意。

親友のジェリー・アリソンのドラム、ジョー・B・モウルディンのベース、ニッキー・サリヴァンのサイドギターという4人編成のバンド「ザ・クリケッツ」を結成します。

当時、バンドといえばギター、ベース、ドラムに、ピアノやホーンも加えた大々的なものをすることが、売れているバンドの絶対条件でしたが、当初「カネがないから」という理由でこの編成でずっとツアーをしてて(更にカネがなくてバディの歌とギター、ジェリーのドラムスだけでライヴするということもあった。ロックンロール!)、最初の方のレコーディングもこの編成で行っております。

結果としてコレが、ポップソングやカントリーとは違う、エレキギターを中心にした新しいサウンドとして、特に刺激を求めている若者に大いに支持されました。

たった1年ほどの活動で大人気になったバディはニューヨークに移り住み、活動もソロ・シンガーとしてのものが多くなって行きましたが、それでもバンド・サウンド、特にギター、ベース、ドラムスを中心としたアレンジを中心に持ってくることは忘れず、また、コーラス・パートには自分の声を重ね録りするなど、今のロックバンドに直接繋がる技法を次々と生み出していきます。

とにかくこの人は、そのメロウでソフトなサウンドとキャラクターからは想像も出来ないほど芯のあるオリジナリティの塊で、同時代のどのロックンローラーとも似ても似つかぬ孤高の道を行っておりました。繰り返しますが、楽曲は誰よりも親しみやすく、ポップなものであった”のに”です。




1.ザットル・ビー・ザ・デイ
2.オー・ボーイ!
3.ノット・フェイド・アウェイ
4.テル・ミー・ハウ
5.メイビー・ベイビー
6.エヴリデイ
7.ロック・アラウンド・ウィズ・オリー・ヴィー
8.イッツ・ソー・イージー
9.アイム・ルッキン・フォー・サムワン・トゥ・ラヴ
10.ペギー・スー
11.アイム・ゴナ・ラヴ・ユー・トゥー
12.ワーズ・オブ・ラヴ
13.レイヴ・オン
14.ウェル…オール・ライト
15.リッスン・トゥ・ミー
16.シンク・イット・オーヴァー
17.ハートビート
18.リミニシング
19.イット・ダズント・マター・エニモア
20.トゥルー・ラヴ・ウェイズ


この人ほど”その後”の活躍が気になる人はおりませんが、強烈な個性でもって時代を切り開いた人ほど、早くに天国に召されてしまうものであるようです。

1959年2月3日、ツアーのために移動中だったバディ・ホリーとリッチー・ヴァレンス、J.B.”ザ・ビッグポッパー・リチャードソンという3名のロックンロール・スターを乗せた小型飛行機がアイオワ州の農場に墜落、全員が死亡という痛ましい事故で、バディは22歳の短い人生を、そして僅か2年という一瞬のロックンローラー人生を儚く終えてしまいました。

この年、エルヴィス・プレスリーは兵役へ行き、チャック・ベリーは逮捕され、ロックンロールを世間に広めた最大の功績者だったラジオDJのアラン・フリードがペイオラ(ラジオで曲をかけてもらう見返りに貰う報酬)への関与で失脚。

そんな出来事が立て続けに重なって、ロックンロール人気はあっという間に失速して行きます。特にバディの死んだ日は、その前後の、ロックンロールにとって不幸な出来事と関連して「ロックンロールが死んだ日」と呼ばれております。

しかし、バディの残したものは、現在進行形で色んな所に生きておるんですね。

とにかく2年という活動期間の中で物凄い量のレコーディングを残し、存命中に出した3枚のオリジナル・アルバムもありますが、その量を遥かにしのぐレコーディングを行って、それがまとめられないまま彼は亡くなってしまったので(当時の若者向けのレコードはほとんどがシングル盤)、代表曲を手堅く抑えたベスト・アルバムから聴いてみるのが一番いいです。

このベスト・アルバムは、昔から「バディ・ホリーといえばコレ」と定番だったもので、デビュー直後のクリケッツとの音源からアレンジも幾分凝った曲まで、最適なボリュームと選曲で飽きることなく楽しめます。オールディーズ感満載のジャケットも良いです♪





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:28| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

ブギー・ウィズ・キャンド・ヒート

1.jpg
キャンド・ヒート/ブギー・ウィズ・キャンド・ヒート
(ユニバーサル)

前回に引き続き、アメリカが生んだゴキゲンなブルース・ロックの元祖、キャンド・ヒートをご紹介します。

えっと、ファースト・アルバムをやりましたんで、今日はアタシにしては珍しく(?)順序よく、セカンド・アルバムをご紹介しましょうね。

時は1967年、アメリカでは西海岸発のヒッピー文化の盛り上がりと呼吸を合わせるように、カジュアルでやかましくてフリーダムな若者の、若者による若者のための音楽、そう”ロック”が一大ムーブメントを巻き起こしておりました。

よく「ロックンロールとロックの違いって何なの?」という、実に良い質問を頂くことがありますが、細かく言えばいくらでも細かく答えられるこの究極の問いに

「うん、ロックンロールって50年代にカッコ良くスーツやジャケットを着こなしてやるバンド音楽で、ロックってのはTシャツにジーンズ着てやってもいいんだぜ!ってのを世界で初めて言ってみせたカジュアルなバンド音楽だったんだ」

と、割とサックリ答えるようにしてます。

そうなんです、Tシャツとジーンズってのは、言ってみれば肌着と作業着で、50年代までは「そんなもんで人前に出るんじゃない!」と言われた服装なんですよ。

でもロックは

「そういう常識を打ち破ろう!」

というところから出てきてるんですね。

で、最初はそういう反抗から来ている若者ファッションは”サイケデリック”というキーワードでもって、段々カラフルでオシャレなファッションになり、ここで”カジュアル”というオシャレの定義が完成してゆく訳です。

考えてみれば英国ではビートルズを筆頭に、軍服をモチーフにした衣装なんかでみんなビシッとキメているバンドが多かったのですが、アメリカの若者意識の中には「アレと正反対のことをやって、オレ達のオリジナルなカルチャーを作るぞー!」という考えもあったのかも知れません。

ロックのその初期のサウンドやスタイルを見聞きしていると

「イギリス→オシャレでまとまっている」

「アメリカ→ワイルドでやさぐれとる」

という図式があてはまるのも、こういった若者意識の違いなんですね、えぇ多分。

で、キャンド・ヒートは、そんな”Tシャツにジーンズ”の西海岸ヒッピー連中のカリスマでありました。

ライヴでは彼らのタフで荒削りなサウンドでハイになることを求めてやってくる、ヒゲぼーぼーなヤツ、頭から靴まで奇抜ファッションに身を固めたヤツとか、とにかく男女問わずぶっ飛んだヤツらがそのサウンドに敬意を表し

”キング・オブ・ブギー”

と、いつしか彼らのことを呼ぶようになりました。

大体ヒッピーになるような人達は、ええとこの坊ちゃんとかお嬢ちゃんが多くて、ブルースなんて聴いたことなかったんですね。そんなところにキャンドヒートの強烈に泥臭いブルースのカバーなんかにガツーンとヤラレた日にゃあでしょう。

西海岸近辺で人気者になったキャンド・ヒートは、そのままの勢いで、ウッドストックとモンタレー・ポップ・フェスティバルという2大フェスに出演し、そこでもワイルドなパフォーマンスで聴衆を圧倒。

どっちかというとこの2大フェスに出たことが、彼らの人気を決定的なものにして

「キャンドヒートって知ってる?」

「おぉ、アイツらやべぇ!オレこの前のモンタレー行ったんだよ!アイツらのやってる音楽、ブルースなんだってな」

「マジか?ブルースって黒人が昔やってた音楽じゃなかったのか?」

「そうなんだけど違うんだ。いや、オレらが知らなかっただけで、ブルースってヤバかったらしいぜ」

「どうヤバいんだよ」

「え?どうって、とにかくブギーだよ!バカになってノリまくって踊りまくる音楽だって話だ」

と、ブルースやブギーに対する正しい認識も、アメリカの”それまで健全だった若者”に広めてゆくことになります。



【収録曲】
1.イーヴル・ウーマン
2.マイ・クライム
3.オン・ザ・ロード・アゲイン
4.ワールド・イン・ザ・ジャグ
5.ターペンタイン・モーン
6.ウィスキー・ヘデッド・ウーマンNo.2
7.アンフェタミン・アニー
8.アン・アウル・ソング
9.マリー・レヴォー
10.フライド・ホッケー・ブギー


キャンドヒート人気がそんな感じで盛り上がっている頃に、ドカンとリリースされたのが、このセカンド・アルバムであります。

前作は愛とやさぐれが目一杯籠ったブルースのカヴァ―でありましたが、今回は渾身のエグ味溢れるオリジナル曲を書き上げております。

そしてファーストをリリース直後に早速メンバー・チェンジがあって、アドルフォ・デ・ラ・バラという実力派と呼ばれたドラマーが参加してるんですが、まぁこの人のドラムが実に安定感があって、粘り気のあるビートを繰り出してくるドラムで、単純に演奏の上手さで言えば、全く見違えるようにバンド・サウンドにまとまりが出ております。

しかし、中心メンバーであるフロントのボブ・ハイトのクセの強いヴォーカルとブルースハープ、そしてアル・ウィルソンのクセになるスライドギターの魅力は、例えバンドの音がキッチリとまとまったグルーヴを出すようになってもちっとも大人しくなりません。どころか安心して好きにできるリズムを得て、それぞれの持つ勢いとテクニックを存分に発揮しておりますね。

アルバムそのものは、ロック・テイストが強くなりつつ、楽曲自体は彼らのトレードマークである”ブギー”が主体です。つまりミディアムからちょい速いテンポに乗って、シンプルなリフでガツガツとノレるブルースロックです。

ドロドロとした呪文のようなヴォーカルと鋭いギターソロ、ねっとりとしたハープが絡む@から、マディ・ウォーターズ「フーチ・クーチ・マン」スタイルの楽曲として、アレンジもスライドギターのソロもかなりキてるA、アル・ウィルソンのほよほよ脱力したヴォーカルが泥臭いバックと不思議な溶け合いで中毒性の高いBから、フリー・セッションなラフさでグイグイのせてくるEIなどなど、パンチの効いたブルースとサイケデリックなロック・サウンドとのごく自然な(でも十分イカレた)融合な味わいがたまんなくイイです。

にしても相変わらず「綺麗にまとめてやろう」なんて気持ちが微塵もないところに、総じてアタマの悪い感じのタフでラフでワイルドな、アメリカンロックの真骨頂を見ますね〜。

”キャンド・ヒート”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:15| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

キャンド・ヒート(Canned Heat)

1.jpg
キャンド・ヒート(Canned Heat)
(ユニバーサル)

60年代にイギリスの若者達が、アメリカのちょい昔のブルースやR&Bを「カッコイイ刺激的な音楽」として聴き狂い、バンドやってる連中はそれらのブラック・ミュージックのサウンドを競って自分達の演奏スタイルの中に取り込んで行きました。

こうやって誕生したのがブルースロックです。

ジョンメイオール&ザ・ブルース・ブレイカーズを皮切りに、ヤードバーズ、そしてローリング・ストーンズといったイギリスのバンド達が、本国アメリカではとっくに昔の音楽となっていたブルースを、最先端の”ロック”として生まれ変わらせたんです。

一方ブルースを生んだ国、アメリカの若者達の中でも、ブルースは流行の音楽でこそなかったものの、南部のローカルバンド達にとっては重要なレパートリーであり、そして都市部の熱心なファンの間では、古いブルースのレコードは、熱心にコレクションしてじっくりと聴き込むための大切なツールでありました。

やがてイギリスでブレイクしたブルースロックが逆輸入される形でアメリカに上陸、ここで多くのミュージシャン志望の連中に刺激と衝撃を与え、アメリカでも「ブルースをロックでやるとカッコイイ」という価値観がジワジワと浸透してゆくのです。

元より、両国の白人青少年の間では、ブルースに対する認識には若干の違いがありました。

イギリスでは”オシャレでワルでクレイジーな音楽”という認識、アメリカではそれプラス”自分達のルーツのひとつとして見直されるべき音楽”という認識があったんですね。

ブルースを、特に戦前の古いブルースを熱心に愛好する都市部の若者達はそういった思いに突き動かされて、戦前に録音を残したブルースマン達を南部へ探しに行って”再発見”し、彼らをステージへと上げるように尽力しました。

そうやって”フォーク・ブルース・リヴァイバル”という空前のブームが起こり、一方でアメリカはアメリカの、フィーリングとスピリッツに溢れたブルースロックがそのまま”ロック”へと進化して・・・という、現在へと脈々と受け継がれる流れを生むのですが、本日はそんなアメリカのブルースロックの立役者、いやもうこの人達を抜きにしてはブルースロックもアメリカンロックも語れんでしょうというキャンド・ヒートというバンドをご紹介致します。

キャンド・ヒートは実は日本ではあんまり有名じゃありません。

ロックという意味ではジミヘンやジャニス・ジョプリン、ドアーズなど、強烈なカリスマと独自の音楽性を持った人達に存在として圧倒され、ブルースロックという意味では王道のシカゴ・ブルース・スタイルで多くのファン心を掴んだポール・バターフィールドに、それぞれ知名度は劣ります。

しかし、キャンド・ヒートの初期のアルバムには、このバンドならではの古いブルースへの深過ぎる愛と、洗練なんぞクソくらえなローファイ&やぶれかぶれなオリジナリティに満ち溢れた、たまらん味わいがあります。

喩えれば90年代以降にアタシ達にブルースのカッコ良さを、ロック・サイドから教えてくれたローファイでダーティなジョン・スペンサーやベック、G・ラヴ&ザ・スペシャルソースなんかの音楽性の元をたどって生けば、絶対にこの人達にブチ当たるんじゃないかと。そんぐらいやさぐれとりますし、何というか非常に好感の持てる、独特の”オタク臭”がするんですよ。




【収録曲】
1.ローリン・アンド・タンブリン
2.ブルフロッグ・ブルース
3.素敵な悪魔
4.ゴーイン・ダウン・スロー
5.ナマズのブルース
6.ダスト・マイ・ブルーム
7.ヘルプ・ミー
8.ビッグ・ロード・ブルース
9.ザ・ストーリー・オブ・マイ・ライフ
10.ザ・ロード・ソング
11.リッチ・ウーマン
12.オン・ザ・ロード・アゲイン (オルタネイト・テイク) (ボーナス・トラック)
13.ナイン・ビロウ・ゼロ (ボーナス・トラック)
14.TVママ (ボーナス・トラック)


1960年代中頃に、アメリカは西海岸の大都市ロサンゼルスで、熱心なブルース・レコードのコレクターであったボブ・ハイト(ヴォーカルとブルースハープ)とアル・ウィルソン(ヴォーカルとギター)が

「なぁ、ブルースやりたくね?」

「やりてぇ」

という気持ちだけで結成し、バンドの名前を戦前の”元祖クロスロード伝説”を持つブルースマン、トミー・ジョンソンの代表曲から取ったのがキャンド・ヒートです。

何が偉いってアナタ、この時代バンドやってる連中のブルースといえばやっぱりシカゴ・ブルースで、マディ、ウルフ、ボ・ディドリーにチャック・ベリー、はたまたB.B.キングだった時代に

「戦前のミシシッピ・デルタのブルースがよぉ」

と、(主に)アコースティック弾き語りのブルースマン達の音源を幅広く聴き込み、しかも単なるリスニングオタクにとどまらず、そのディープなフィーリングと演奏法を自然と出来るようになるまで楽器で覚え込み、更に単なるコピーじゃなくて、それをバンド・サウンドでやってみせたってのが、コノ人達の素晴らしいところなんですよ。

「ローリン・アンド・タンブリン」「ナマズのブルース(キャットフィッシュ・ブルース)」「ビッグ・ロード・ブルース」などなど、戦前から歌われている生粋のディープ・サウス・ブルースの名曲達が、野太いヴォーカルとハープ、絶妙な”間”とシンコペーションでギャインギャイン暴力的に鳴り響くスライド・ギター、まとめる気なんて何もないヤケクソな弾きっぷり/叩きっぷりなんだけど、実は粗削りでワイルドなウルーヴをしっかり生み出しているベースとドラムでリアルに蘇っている様を体験してください。

この後、どんどんオリジナル曲もやるようになって、演奏のクオリティもグッと上がるキャンド・ヒートでありますが、やっぱりローファイ&やさぐれた雰囲気上等のこのファーストは味わいの塊であります。スタイリッシュなブリティッシュ・ブルースロックとは真逆のアホッぽさ最高です。

ブルースが好きで、好き過ぎてついバンドまで組んでしまったこの愛すべきバカヤロウ達の魂を聴いてください。



”キャンド・ヒート”関連記事


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 18:04| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

ブラックフラッグ Damaged

1.jpg
Black Flag/Damaged
(SST)


「気合いの入ったロックを教えてください」

お店に立ってた頃、若いお客さんからよくこういう問い合わせを受けておりました。

時は1990年代後半。

うん、アタシも若かったですが、お客さんはもっと若かった。

大体そういう問い合わせをしてくる人達は、当時空前のブームだったメロコアから洋楽に入って、もうちょっと激しいやつを聴いてみたいと思って、ハードコアとかモダンヘヴィネスとか、その辺を聴き漁りたいという素晴らしい意欲を持っている人達です。

「気合いの入ったロックを・・・」

の問いにアタシは大体即答はせず、とりあえず「そうねぇ、メロコアに飽きたら次はやっぱりハードコアっしょー」とか、言って反応を伺ってましたが、この”ハードコア”というワードに、まぁみんな反応すること反応すること。「うぉぉ、ハードコア!」「聞いたことあるっす、ヤバイっすよね!」と、その時点でお客さん達もアタシも理屈を脱ぎ捨てて本能のみで、内側からこみあげてくるアツい感情をストレートな単語や擬音にして、まずは盛り上がります。

今にして思えば、CDが売れるとかオススメを気に入ってもらえるとか、そんなことよりも、こうやってうわぁっ!って盛り上がる瞬間が一番楽しかったですね。

それで”で、ハードコアといえばこの人ですよ”と、色々と古今東西のパンク系の人達のライヴやクリップを録画したビデオに入ってる、ヘンリー・ロリンズのライヴ・パフォーマンスを観てもらう訳です。

1.jpg

ガッツリ鍛え上げられた上半身をむき出しに、常にファイティング・ポーズのような、足を踏ん張った姿勢でビシッとまっすぐ前を向いてそして叫ぶ、叫ぶ、叫ぶ!しかも激しく動いて激しく叫んでいるのに、体鍛えまくっているから姿勢が崩れたりよろめいたりしない。

「ほら、これがハードコア。これを気合いが入ったロックと言わずして何を気合いの入ったロックと言うの。フフフ」

という言葉がつい興奮して出そうになりますが、あえてそこは無言でニコニコと反応を伺います。

反応は伺うまでもなく「すげぇ・・・」「やべぇ・・・」の声が彼らの口からため息と共に漏れているのを、アタシはひたすらニヤニヤしながら聞いてました。もちろん、モニターの画面にくぎ付けになっている目が真ん丸になっているのも含めて。

曲が終わって「これ・・・何て人ですか」という言葉を聞いてようやく、アタシは説明に入ります。

この人はヘンリー・ロリンズといって、アメリカのハードコアの初期の頃に出てきた第一人者みたいな人で、デビューした頃からもうこんな感じで気合いの塊みたいな人なんだ。でもね、どっからどう見てもパンクな人なのに、実はめちゃくちゃ規則正しい生活をしていて、筋トレもしてるし、政治とか哲学とかの本も読みまくってるインテリ。俳優もやってて映画にも出てるんだけど、ほとんど名前のないちょい役とか、でも色んなのに出てるから「あ、またあの人出てる」って、映画ファンには根強い人気があったりする。

で「うぉぉ、何か知らんけどすげぇ、カッコイイ!」と、ロリンズ・バンドのCDを手にする人、結構いました。

で、更に「この人のこともっと知りたい!」という人には、アタシはロリンズが最初に在籍していた、ブラックフラッグのことをオススメしていました。






【収録曲】
1.Rise Above
2Spray Paint
3.Six Pack
4.What I See
5.TV Party
6.Thirsty and Miserable
7.Police Story
8.Gimmie Gimmie Gimmie
9.Depression
10.Room 13
11.Damaged II
12.No More
13.Padded Cell
14.Life of Pain
15.Damaged I


やっぱりパンクといえば、ハードコアといえば、このバンド抜きに語ることは出来ないんですね。

1976年、イギリスでピストルズやクラッシュなどのオリジナル・パンクがセンセーションを巻き起こしていた頃に結成されて、アメリカならではの、もっと泥臭く、もっと暴力的なサウンドを追い求め、更に商業的な成功に重きを置かない気骨のバンドを世に出すために、元祖インディーズ・レーベルの”SST”を設立して、その後のパンク/ハードコア、そして世界のロック・シーンに与えた影響はとてつもなくデカい。

そんなことより何よりまず、ヘンリー・ロリンズがヴォーカリストとして在籍していた時の、無軌道で荒削りなサウンドの、理屈も理性も見事にぶっ飛ばすその破壊力は、どんなに音楽が進化しても、機械的に激しく荒々しい音が出せるようになった現在でも、十分に刺激的な音として通用するんです。通用するどころか未だに”気合い”という一点で、ロリンズ先生の居た頃のブラックフラッグのサウンドを突破できるバンドっているのか?いやいない。とアタシ思います、はい。

さて、そんなブラックフラッグの、まずはオススメのアルバムが、実質的なファースト・アルバムであります「ダメージド」。

実はブラックフラッグは、結成してからメンバーの流動が激しく、1枚目のアルバムを出すまでに3人のヴォーカリストが入れ替わっておりますが、1981年にワシントンのハードコアバンド”ステイト・オブ・アラート”に居たヘンリー・ロリンズが加入してからバンドはパワーと安定感を増し、西海岸のマイナーバンドだったブラックフラッグはアメリカのアンダーグラウンド界隈で一気に中心的な存在となってゆくのです。

で「ダメージド」。サウンドの要であるリーダーのグレッグ・ギンが叩き付ける”割れたきったない音”のギターと、パンチの効きまくった、いや、もう拳しかないぐらいのロリンズ先生のストレート、ど根性、気合い大炸裂なヴォーカルとが、ひたすら暴力的に疾走します。

優れたロックバンドのファーストは、大体荒削りで初期衝動に溢れた名盤が多いというジンクスがありますが、その見本のような、どこから聴いてもどんな風に聴いても初期衝動しかない、そんなアルバムです。

ブラックフラッグはこの後86年の一旦解散まで、ヘヴィメタルからの影響も取り込みつつ、どんどん音をへヴィな方向に深化させていきます。

ハッキリ言ってブラック・フラッグやその後のロリンズ・バンドには駄作というものがありませんが、やっぱり無駄の一切ない、というより荒々しさしかないこのファーストは「気合いの入ったロック」をお求めならばまずは聴くべきでありましょう。







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:22| Comment(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

エルヴィス・プレスリー登場

4.jpg
エルヴィス・プレスリー登場

(RCA)

エルヴィス・プレスリーといえば、言わずと知れた白人ロックンローラーの最初で、それまでポピュラーかカントリー歌手しかいなかったシーンにブルースやR&Bからの大きな影響を流し込み、つまりはこの人がいなければロックは生まれても若者達の間で今も聴き続けられるような音楽にはなっていなかっただろうと。

つまり凄い人です。

アタシもパンクロックから始まって、ブルース、ジャズ、その他もろもろのブラック・ミュージックと色々聴いてふとエルヴィスの巨大な功績を思い知ることがよくあります。


しかし!

しかしですよ皆さん。

エルヴィス・プレスリーって、今最も

「有名だけどちゃんと聴かれていないミュージシャン」

の筆頭だとアタシ思うんですね。

エルヴィス・プレスリーといえば、例のキラキラフリフリの衣装とモミアゲという70年代以降のスタイルが、色んなところでおもしろおかしくネタにされてきたというのと、スターになってからのムード歌謡的な歌と何だか石原裕次郎みたいな大御所芸能人みたいなイメージがどうも強くて、一番刺激的で一番カッコ良かった初期のロックンロール時代にはあんまりちゃんとスポットが当たっていない。

だから今日はちゃんと”ロックンロールのエルヴィス”にスポットを当てて、広く世間の人にそのカッコ良さを知ってもらいましょう。

といってもこんな辺境ブログを読んで「お、エルヴィス聴いてみようか」と思ってくれる人が何人いるかは甚だ不安ではありますが・・・。





【収録曲】
1.ブルー・スエード・シューズ
2.当てにしてるぜ
3.アイ・ガット・ア・ウーマン
4.ワン・サイデッド・ラヴ・アフェア
5.アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ
6.ジャスト・ビコーズ
7.トゥッティ・フルッティ
8.トライング・トゥ・ゲット・トゥ・ユー
9.座って泣きたい
10.あなたを離さない
11.ブルー・ムーン*
12.マネー・ハニー*
13.ハートブレイク・ホテル*
14.アイ・ワズ・ザ・ワン*
15.ローディ・ミス・クローディ*
16.シェイク・ラトル・アンド・ロール*
17.マイ・ベイビー・レフト・ミー*
18.アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー*


はい、1956年リリースのエルヴィス・プレスリー正真正銘のデビュー・アルバム「エルヴィス・プレスリー登場」であります。

これはですのぅ、もう本っ当のホンモノのロックンロール・アルバムですよ。最初に聴いた時にアタシはその余りにも挑発的かつワイルドでセクシーなサウンドに

「えぇ!?これマジでエルヴィス・プレスリー!?何てこった、こんなにカッコイイんならもうちょっと早く聴いとけば良かった」

と、感動と後悔がいきなりMAXになった一枚です。

エルヴィスの声の圧倒的な存在感はもちろんですが、派手に飾らないけれどもズガンと迫ってくるギターやベース(もちろんウッドベースだぜぃ)や、軽快にシャッフル・ビートを刻むドラム、グルーヴィーなブギウギを叩き出すピアノなど、何といいますかカントリー、ロックンロール、ロカビリー、R&B、ゴスペルなど、50年代のイカシた音楽の要素全てが、限りなくありのままの姿でここに凝縮されているような感じがするんですよね。

それはチャック・ベリーのファーストを聴いた時も思ったことなんですが、古典として偉い所に祭り上げられる類のそれではなくて、ボリューム上げればいつでもゴキゲンな、いつまでも若者のためにある音楽って感じが、音の生々しさと共に強烈にあるんです。

貧しい家庭に育ち、黒人居住区の教会に勝手にゴスペルを聴きに行ったり、ジューク・ジョイントを外から覗いて生のメンフィス・ブルースを吸収したり、彼の音楽の中心にはいつもブルースやゴスペルなどのブラック・ミュージックがあります。

とにかく「ロックンロール」という言葉に少しでもピンとくるものがあれば、エルヴィスのこのアルバムと、メジャー・デビュー前のサン・レコードでのセッションを集めたアルバムは聴いて損はありません。

「白人は白人らしく品行方正に歌え」

という世間に対して、どんな批判を受けてもあくまで敬愛する黒人シンガー達のような歌い方やパフォーマンス(その中にはあの”腰をくねらせて歌う”というのがありました)をすることを止めなかった、理由は「カッコイイから」。そんなエルヴィスの反骨のスピリッツをぜひとも聴いてください。



”エルヴィス・プレスリー”関連記事




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック/ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする