2020年11月21日

【緊急告知】阿部薫2020〜僕の前に誰もいなかった【書籍発売します】

51SFgNVViFL._AC_.jpg

『阿部薫2020〜僕の前に誰もいなかった』
(文遊社)

1970年代を彗星のように駆け抜けたアルトサックス他奏者、阿部薫の本『阿部薫2020〜僕の前に誰もいなかった』が、2020年12月中旬に文遊社より出版されます。


阿部薫に関しては、そのフリージャズと一般的に形容されるようなアヴァンギャルドなスタイルでありながら、美しく詩情に溢れたトーンと即興によって繰り出されるフレーズに魅了される人が多く、特に夭折から20年以上も経った90年代以降、彼を知らない、或いはジャズという音楽にさほど馴染みのない若い世代を中心に、今も熱心に聴く人が増えております。

その音楽性は、スタイルや時代性を超えて、純粋に「音」として訴えるものであるのでしょうか。かく言うアタシも90年代の終わり頃に、まだジャズとかフリーとかほとんど分からないハタチそこらの時に、まず聴いていきなり刀で斬り付けられたような衝撃を受け、それからその音色とアルトサックスやバスクラリネット、ハーモニカなどから紡ぎだされるフレーズの、切なく狂おしく、何とも形容し難い美しさにのめり込み、聴きまくった「非リアルタイムの若者」の一人です。


このブログにも、アルバムレビューと共に、そこらへんの話を書いておりましたら、有難い事に「本の執筆に参加しませんか?」というお声がかかり、今回個人として1項目、CD屋(現在は店舗を持たず個人で注文をお受けしているだけですが)としてブログに掲載した3枚の作品レビューを掲載しております。

執筆陣にはペーター・ブロッツマン、大友良英、柳川芳命、不破大輔、吉田隆一、Tucci、沖縄電脳少女彩、イギー・コーエン(映画監督:2020年公開ドキュメンタリー『阿部薫がいた』)、奈良真理子(元札幌ジャズ喫茶『アイラー』)、沼田順(boubtmusic)、等、ミュージシャンからライヴ関係、レコード制作の分野から幅広く素晴らしい方々が名を連ねております。きっとっ貴重な証言や深い考察をたくさん読むことが出来るでしょう。


ぜひともお手に取ってお読み頂きたいと思っております。よろしくお願いします。




















”阿部薫”関連記事



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 11:45| Comment(0) | 音楽本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

高崎怪談会 東国百鬼譚

51SFgNVViFL._AC_.jpg

 高崎怪談会 東国百鬼譚
(竹書房怪談文庫)


いやもう奄美はいつもならとっくに明けているはずの梅雨が明けないんですね。とはいっても大体梅雨といっても当地はザーッと大粒の台風みたいな雨が降る日とギラッと晴れて容赦ない日差しが照り付ける日が3日、4日起きぐらいに交互にあって、その一週間のサイクルが「雨2、照5」ぐらいになって安定すると、さぁ梅雨明けして本格的な夏(!)って事になるんだと思うのですが、今年は「梅雨明けでいいんじゃない?」と思ったら前線が張り出して雨が降る日がずるずると続いて、まだ梅雨です。

こんなおかしな気候が続いておりますものですから、気温と湿度が変な感じに高くなって、気分的なものもおかしな感じになります。

こういう時ってのは、無理矢理元気を出そうと思っても元気が出ない自分にイライラするばかりでよろしくありません。が、音楽を聴いたり本を読んだりすると、いつもよりリアルな感覚でそれを楽しめるなんてこともあるんです。

夏といえば怪談ですが、何で夏に怪談なのかというのは、単純にゾッする感覚を涼として楽しもうとか、お盆が近いからとか、そういうのばかりでなく、アタシはどうしてもこの高温多湿で変になる感覚によって、いつもより話が生々しく思えるようになるからなんじゃないかと思うんですよね。

そんな訳でこのムシ暑い季節に楽しんでおりましたのは、怪談といえば素晴らしい文庫シリーズを多く出しております竹書房から発売されました『高崎怪談会・東国百鬼譚』であります。

実はですね、アタシには短歌の繋がりがきっかけでTwitterなんかで楽しく会話させてもらっている方がおりまして、その方が「今度こんな本に参加しますよー」という告知を流してたんですね。

文章とか言葉のセンスが最高な方ですので、あぁこらもう面白いのは間違いない。で、何の本だい?えぇ!怪談!!??とびっくりして、というのも、その方が呟く内容というのは割と多岐に及んでいるけど、怖い事は言わない方なんですね。だから余計に楽しみになってしまって、あぁこらもうこの高崎怪談、文庫本を注文して買うしかないと早速地元の本屋さんで注文してワクワクで舞っていたのです。


先にネタバレギリギリなしの感想から書いておきます。結論から言うと

すっごい面白かった!

「高崎」という地名があるので、これは群馬県高崎市の怪異の伝説とかそういうものに因んだ話を集めたものかなぁと、読む前は思ってたんです。ところがところが、お話の舞台はほぼ現代。しかも私達の身近な場所がモチーフで、作家さん達の文章はどれも自分がまるで話の当事者になったような気分にさせてくれる「身近な恐怖」を心底感じさせてくれるものでした。


ハッキリと霊が姿を現さず、魅入られた人間の様子だけで何やらただごとじゃない出来事が進行しているお話(「金木犀」など)や、人間が狂って行く/狂っていた系のお話(「ほうたいさん」「ユウマさんの絞首台」など)や、たまたま住んだ家に強烈なモノが住んでいて、逃げるように引っ越した後は因果関係の分からない恐怖が襲うお話(「酒乱の地縛霊」)、禁足地の因縁と共に襲い掛かる恐怖のお話(「太刀魚と刀)、言い伝えや怪談など何も関係ない場所の関係ない行為から異界の翻弄が始まるお話(「河畔林の異界」)などなど、内容はバラエティに富んでおりまして、かつどれも「あれは結局・・・」という後味の悪い(もちろん怪談に対しては褒め言葉です)恐怖が読了後も続きます。

最近は怖い話もネットに行けば、文字としても映像としても簡単に楽しめますが、やっぱり紙の本でこうやってキチンと編集されたものには、格別の怖さと共に、怪談そのものよりももっと深い人間の心理とか人間界を取り巻く因果因縁とか、そういったものにまで思いを巡らせる、そういう特別な引力があるように思えます。





【目次】
〜まえがき〜

春南 灯
「焼きまんじゅう」
「炎」
「金木犀」
「モニター」
「姿なき読経」
「遺影」
「ドライブ」
「棲家」
「だるま」
「コード」

夜馬裕
「ほうたいさん」
「死猫三景」

マリブル
「雛人形の首」
「赤城山の夜道」
「蛙の置物」
「Lサイズよりも大きな紙コップ」

籠 三蔵
「改竄」
「病棟」
「どうもすいません」
「ユウマさんの絞首台」
「哀しみの行方」

北城椿貴
「酒乱の地縛霊」

しのはら史絵
「着信音」
「三本の腕」
「水子になる前」
「太刀魚と刀」

戸神重明
「蚕よ、飛べ」
「河畔林の異界」
「新田義貞の呪い」
「高崎郊外の古寺」
「守られた男」
「高崎の四つ辻」


高崎怪談会ブログ


さて、この『高崎怪談会』は、群馬県高崎市在住の怪談作家、戸神重明さんが主宰するリアル怪談会の書籍版という側面もあります。本を読んで更に興味を持った方には、Youtubeチャンネルもありますので、そちらの方も併せてぜひご覧ください。この夏には執筆陣の作家さん達も怪談朗読に参加する放送を流すとのことで、アタシはとても楽しみにしております♪


(戸神重明の怪談標本箱vol.1『高崎郊外の古寺』)








『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
ラベル:怪談 恐怖
posted by サウンズパル at 22:09| Comment(0) | 音楽本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

鈴木智彦 ヤクザときどきピアノ


ヤクザときどきピアノ
(CCCメディアハウス)

久々に心の底から”撃たれた”というものを読みました。

これは素晴らしい「音楽の本」であります。

鈴木智彦さんという人は、日本の裏社会へ単身乗り込んで行って体を張ったレポを書くヤクザ専門ライターです。

その文章はとにかく鋭い写実そのもので、アタシが今まで読んだどのレポも「ヤクザ」という対象を通して、社会が絶えず生み出している不条理そのものが文章から迫ってくるようで、常にそれなりの緊張感を持って読んでおりました。

そんな鈴木さんの新しいエッセイのテーマが何と「ピアノ」と聞いてちょっと驚きましたね。

もちろん鈴木さん自身はヤクザでもコワモテの人でもない、どちらかというとどんな現場であれ丁寧に足を運んで、無駄のない文章で記事にする今ドキ珍しいぐらいの真面目な生粋の”文屋”です。前評判のあらすじを見れば

「50を過ぎてピアノを習いはじめる」

とあり、うむむ、そのように完全なる”趣味の分野”のあれこれと、これまで読んできた文章からかいま見られる硬派なイメージとがどうも直結せずにおりましたが、内容は今まで読んだ著作とは全く違うユーモアとピュアネスに溢れた微笑ましいものだけど、これが凄く硬派で面白い(!)

事の発端は『ヤクザとサカナ』の原稿を全て書き終えて、いわゆるライターズ・ハイになっている時、フラッと入った映画館で観たミュージカル映画、そこで使われていたABBAの『ダンシング・クイーン』を聴いたこと。そして、不意にその曲を聴いて涙が溢れて止まらなかったこと。

「ダンシング・クイーンをピアノで弾けるようになりたい!」とそれからまるで何かに憑りつかれたようになって、門前払い覚悟であちこちのピアノ教室に電話をかける。「アバのダンシング・クイーンをピアノで弾けるようになりますか?」と電話で訊き、ほとんどの教室で「無理です」「男性の方のレッスンは受け付けていません」と冷たく断られるが、アポ取り2日(!)を費やした後見学に訪れたピアノ教室で、運命の”レイコ先生”との出会いを果たします。

「アバのダンシング・クイーンが弾けるようになりますか?」

「練習すれば弾けない曲はありません」

「俺でも弾けるんですか?」

「練習すればどんな曲でも必ず弾けます」

「難しい曲でもですか?」

「講師に二言はないわ」


まるで習う側が何をしたいか、どうなりたいかを聞く前から知っているようにピシャリと断言するこのレイコ先生に

「人を殺したことのあるヤクザが特別なオーラを放っているのに似ている雰囲気」

を感じ、更にレイコ先生が「弾けるようになったお手本」として弾いたリストの『ラ・カンパネラ』を目の前で聴いて

「LAで防弾チョッキ越しに38口径の銃弾を受けた思い出」

が、衝撃と共に生々しく蘇り、同時にピアノという楽器本来の素晴らしさに目覚め、猛練習を重ねて・・・。

というノンフィクションです。

途中途中で引用によるクラシック音楽の歴史やピアノという楽器についての詳細な解説、やはり切っても切り離せないヤクザなたとえが軽妙に挟まれながら、最初から最後まで一気にダレることなく読ませてくれます。

鈴木さんとレイコ先生の名言金言は、それこそもうわんさか出てきて何度も無言で頷きましたが、最初から最後まで一貫しているのは

「音楽を本気で愛する2人の人間の、どこまでも真摯でひたむきな音楽愛の表現」

が、会話にも行動にも滲み出ているということでしょう。

レイコ先生は一応クラシックのピアノ講師ですが、そもそもプロとしての華やかな道ではなく、最初からピアノの先生を目指して音大に入っただけあって、それはつまり「音楽が好きで、自分が教えた人が音楽を本当に好きになるのが嬉しいから」というちゃんとした理由があり、全ての音楽に偏見がない。そして「行ってきなさい」と暗に背中を押すようにフジロックの話をしたりします。

学生時代はロック大好きで、ザ・キュアーのようなディープなパンク/ニューウェーブ系のサウンドを追っかけていた鈴木さんは「何でオレがABBAみたいなポップスに感激したんだろうか?」と、不思議に思いながらも、最後にその理由をちゃんと”音楽的”に理解するに至ります。アタシ的にはこの辺りがもう感動的で、涙が滲みました。


アタシも音楽が大好きで、CD屋を閉じてからもこうやって音楽のブログをやっております。で、今音楽って世の中にあんまり大切にされていないように思える事が凄く多くて気が滅入ることもありますが、世の中には鈴木さんやレイコ先生のように、音楽が好きでそれを大切に守ったり育んだりしている人がきっとたくさんいる。そうだ、そもそも音楽っていうのはひとりひとりの個人の心に大切なものであって、それを売れるとか売れないとか、注目されているとかされていないとか、そういう尺度で測るもんじゃあない。そう思えてアタシも頑張らなくてはと、心に強く決意しました。

音楽好きな人にもあんま興味ない人にも、人生を豊かなものにして欲しいと思っておりますので、この本はぜひとも読んで欲しいです。












『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 11:37| Comment(0) | 音楽本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

パンクの逆襲

今日はコレを読んでおりました。

20170531000053407.jpg

音楽専科社から1991年に、パンク誕生15周年を記念して発売になった『パンクの逆襲』。

内容はとにかくパンク!

20170531000225740.jpg

パンク!

20170531000250149.jpg

パンク!

20170531000259979.jpg

記事もグラビアもとにかくパンク!

20170531000325876.jpg

特に記事の内容が「あの頃を懐かしんで」とかじゃないんです。

何と、総力を挙げて集めた1970年代から80年代頭のコラムにレビューにインタビューがほとんど(!)

つまりピストルズとかクラッシュとかが、バリバリ現役の頃、センセーションを巻き起こしていた、リアルタイムの生々しい発言が、彼らのみならずザ・ジャム、バズコックス、スティッフ・リトル・フィンガーズ、ジェネレーションX、スージー&ザ・バンシーズなどなど、オリジナル・パンクの凄いメンツのインタビューがまとめて読めます。

貴重なことはもちろんですが、ライターやインタビュアーも含めて、あの時代の、懸命に音楽をやって、ポリシーを追究していた、生のアツい言葉にはやはりグッときますよ。アタシも初心を忘れそうになった時は開いて読みます。


posted by サウンズパル at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

アメリカ”最強”のロック

20170217190433127.jpg


ハタチ前後の若い人達の間で、今90年代のロックがアツいみたいなんですよね。

詳しく訊くと

「何か、個性丸出しのバンドが多くて、サウンドもすげぇバンドの色が出てから」

「ロックが本当にアツかった時代の音楽。全然古く感じない」

んだとか。

いや素晴らしい!

そっかぁ、90年代リアルタイムだったアタシらは、ただもう夢中で好きなバンドの新譜を追っかけたり、次はどのバンドがクるとか、とにかくそんなだったから、ちゃんと冷静に聴けてなかったかもなぁ・・・とかちょっと思っちゃったり(汗)

そういえば、その時リアルタイムで読みまくっていたUSオルタナティブやインディーロックのガイドブック「アメリカ"最強"のロック」を、そんな話を聞いて再び棚から引っ張り出して読んでいたのでした。

あのね、この本はそれこそ「90年代のロックおもしれー!」と思ってる若い世代の人に強くオススメします。

ニルヴァーナ、ソニック・ユース、ダイナソーJr.、バッドホール・サーファーズ、メタリカ、ピクシーズなど、代表的なバンドの分かりやすい紹介に、群雄割拠だったインディーズレーベルも名盤ズラリのディスクガイドもかなりのボリュームで網羅してあります。



とっくの昔に絶版になった本だからプレミアかと思えばまだ↓の良心価格(注・2017年現在)


ラベル:ロック ガイド
posted by サウンズパル at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする