2014年10月14日

朝崎郁恵 うたばうたゆん

1.jpg

朝崎郁恵 うたばうたゆん

(ユニバーサル)

【収録曲】
1.おぼくり〜ええうみ
2.いまぬ風雲節 
3.徳之島節 
4.〜Interlude〜朝顔節(サウンドスケープ〜奄美加計呂麻島・徳浜)
5.朝顔節 
6.嘉徳なべ加那節 
7.上がる陽ぬ春加那節 
8.〜Interlude〜おぼくり(サウンドスケープ〜奄美加計呂麻島・徳浜)
9.太陽ぬ落てぃまぐれ節
10.よいすら節 
11.千鳥浜

加計呂麻島出身で、東京を拠点に活動していた朝崎郁恵の人気を決定付けたメジャー第一作。ほぼ全曲唄とピアノのみによるシンプルな編成で綴られた、あまりにも美しい傑作フル・アルバム。

彼女の唄は表立って技巧を凝らしたりするものでもなく、声もまた際立った透明感があるようなものでもなく、あくまで淡々と、まるで誰かに静かに語り聞かせているような、ナチュラルな歌唱。伴奏はピアノで三味線などのシマの楽器は使っていないのに、醸し出される空気は間違いなく「奄美シマウタのそれ」です。

ある世代から上の方々に話を聞くと「朝崎さんみたいな、ああいう裏声をあまり張り上げない歌い方が昔のウタアシビのスタイルだ」ということを仰ってました。

彼女の唄は、バックのアレンジがどうであろうとしっかりと「シマウタ」です。だからこそどの曲も捨て難い味わいと、懐かしさを含んだ感動があるのです。

1曲目から、その深遠な世界へ誘ってくれますが、やはり圧巻は哀切ここに極まる「千鳥浜」。

「奄美シマ唄」を聴いたことのない人、というよりも、すべての音楽好きにオススメできるコレは名盤です。





サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
http://5spot.info/
posted by サウンズパル at 03:18| Comment(0) | 奄美沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

黒糖焼酎 弥生




神棚に捧げる焼酎は「弥生の30度」

と、決まっております。

誰が決めた(笑)

って話なんですが、とにかく神棚に捧げたり、お祓いやお浄めに使う焼酎は「アルコール度数

というのが、シマの「神様業界」のスタンダードみたいです。

「神様業界」って・・・(笑)


「弥生」は、名瀬の老舗(有)弥生焼酎醸造所で作られている焼酎の銘柄で、今は25度とか20度とか、度数の低い、いわゆる「飲みやすい焼酎」も流行ってますけど、昔ながらの酒飲みには今でも人気です。

一時期奄美に来たミュージシャンの間で、ここの別の銘柄の「まんこい」が「深みがイイ!」と大人気を博した時がありました。

ちなみに私はお酒は一滴も呑めません(^^;




サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
http://5spot.info/
posted by サウンズパル at 00:00| Comment(0) | 奄美沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

だって好きなんだもん♪

2.jpg

奄美市名瀬にある中華料理屋さん「北斗星」のカツ丼

めっちゃ美味い♪

中性脂肪がぁ〜

コレステロールがぁ〜

って言われても

だって好きなんだもん♪









BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

posted by サウンズパル at 21:07| Comment(0) | 奄美沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

元ちとせ 冬のハイヌミカゼ

1.jpg

元ちとせ 冬のハイヌミカゼ

(EPIC)

(Disc-1)
1.コトノハ 
2.トライアングル 
3.白夜 
4.オーロラの空から見つめている
5.月齢17.4 
6.ハイヌミカゼ 
7.君ヲ想フ 
8.百合コレクション
9.夜に詠めるうた 
10.名前のない鳥
11.37.6 
12.精霊 
13.この街

(Disc-2)
1.サンゴ十五夜
2.心神雷火 
3.散歩のススメ 
4.ハミングバード
5.音色七色 
6.ワダツミの木 
7.千の夜と千の昼 
8.いつか風になる日
9.三八月 
10.ウルガの丘
11.ひかる・かいがら(bonus track)

2003年12月に、地元奄美で行ったライヴ「冬のハイヌミカゼ」の模様を収録した、彼女にとって初のライヴ・アルバム。「彼女の声の凄さを体験するには、やはりライヴが一番」という多くのファンの言葉もあるように、ライヴならではの開放感に包まれた会場内を、明るさに満ちた彼女の声が自由に飛び回っているような、そんなスタジオ盤とはちょっと違った、より親しみに満ちた彼女の歌唱が2枚組でタップリと楽しむことができます。

「ワダツミの木」「君ヲ想フ」「千の夜と千の昼」「この街」「いつか風になる日」「コトノハ」「精霊」等のお馴染みのヒットが並んだ選曲も、ライヴ盤でありながらそのままベスト盤として楽しめますね。




サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
http://5spot.info/
posted by サウンズパル at 14:27| Comment(0) | 奄美沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月30日

リスペクト・レコード・プレゼンツ〜キャンパス オモテ!ベスト


114.jpg

『V.A./リスペクト・レコード・プレゼンツ〜キャンパス オモテ!ベスト』
(キャンパスレコード/リスペクト:RES-98 ¥2835) 
【収録曲/アーティスト】
1.てぃんさぐぬ花/プラスワン
2.美童しまうた/神谷千尋
3.ユイユイ(ウチナーグチ・ヴァージョン)/ユイユイシスターズ
4.遊び庭/前川守賢
5.虹の橋(ぬーじ橋)/よなは徹
6.チョンチョンキジムナー/照屋政雄
7.風のションカネー/内里美香
8.沖縄(うちなー)/いつみグループ
9.芭蕉布/城間和子
10.ハリヨイ美童/松田しのぶ
11.なりやまあやぐ/仲宗根豊
12.ナークニー(本部ミャークニー)/金城実
13.舟浮乙女/池田卓
14.チャメ・オー・チャメ/松田弘一
15.松やっちー/嘉手苅林昌
16.民謡節渡り(ましゅんく節〜戻り駕篭〜クラハ山田〜汗水節〜ひんすう尾類小〜スーキカンナー節〜よー加那よー〜安里屋節〜六調節)/登川誠仁



何となく秋めいてきた季節だからこそまったり聴きたくなる時がある、沖縄民謡のコンピレーション。

沖縄はコザに「キャンパス・レコード」という、地元で人気のインディー・レーベルがありまして、このレーベルはベテランから若手まで、幅広いアーティスト達の音源を手掛け、純度の高い”ウチナー・ミュージック”を全国に発信しておるんですね。

古くから伝わる民謡にこだわりつつも、その可能性を様々な個性的アーティストをプロデュースすることで、追求し続ける真摯な姿勢は、活き活きと歌うアーティスト達の”素”の演奏からも伝わってきますね。

このアルバムは、キャンパス・レコード


ジャケットからもう何だかローカル臭プンプンですが、こういうのにハズレはありません。

聴いただけで沖縄に行ったような気になれますよー♪


「神谷千尋/美童しまうた」


「照屋政雄/チョンチョン キジムナー」







BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)
http://soundspal.thebase.in/

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
http://5spot.info/

posted by サウンズパル at 15:33| Comment(0) | 奄美沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする