2018年12月05日

イードン Beauty and the Beat

625.jpg

Edan/ Beauty and the Beat
(Lewis Recording)



「ヒップホップにはルールなんてない、好きな事をやればいいんだ。やりたいことを自由にやればそれがヒップホップだ」

とは、その昔よくラッパー達がインタビューで語ってた言葉であります。

ストリートで色んな文化が混ざり、また、サンプリング機械を使ってあらゆるジャンルの音楽をミックスさせて、その上にフリースタイルの喋り(ラップ)で、”歌”という形式に囚われないヴォーカルを自由に被せて発展してきたヒップホップは、確かに自由な音楽です。

音楽だけでなく、ヒップホップを統括的なカルチャーとして見れば、ファッションにせよアートにせよ、そのアイテムやアクションからは、あらゆる価値観から解放されよう!というメッセージを強く感じます。

80年代以降、ヒップホップは世界中の若者の間で急激に需要され、瞬く間に人気に火が点きましたが、その理由にはやはり根底にある「好きに楽しめばいいんだぜ!」という、実にオープンマインドな精神がヒップホップにはあり、それが広く受け入れられたからに他なりません。

で、90年代。

主要なラッパーやDJやグループが次々と商業的な成功を収めて行く中で、ヒップホップには”スタイル”というものがそれぞれ生まれ、例えば西海岸とか東海岸とか、オールドスクールとかニュースクールとかギャングスタとか、それぞれが呼び名の付いたスタイルに所属し、それぞれの”枠”がシーンの中で作られてきました。

今にして聴けば当時のヒップホップには音楽的なカッコ良さを凄く感じますが、確かに何かが人気となれば、まずは中身よりもその表面的なファッションを真似してみたくなる人が増えて、一気に音楽そのものにもある種の予定調和を何となく感じてしまうのが人間というもの。

例えばその頃は

「ヒップホップ=不良じゃないヤツお断り」

みたいな空気は確かにありました。

ランDMCがエアロスミスとやってたヤツとか、ロックフェスに殴り込みかけたパブリック・エナミーがめちゃくちゃ不穏でカッコイイとか、そういう感じの楽しみ方をしたいな〜とかは、あんまり大きい声では言えなかったので、アタシなんかは密かに家でアフリカバンバータとかパブリック・エナミーのセカンドとか、ジュラシック5の12インチとかをちっちゃい音で聴いていた訳なんですけれども、やっぱりその頃おんなじように思っていた「音楽好きのヒップホップ好き」というのは結構いたらしく、そういう人達、主にアメリカの大都市じゃなくて”そこそこの地方”に住む白人の連中が、自室でせっせと上質なヒップホップを作り上げ、これがやがて「メインストリームにはない質感の、本当の意味で”やりたいことをやっちゃってるヒップホップ”」という意味で、アンダーグラウンド・ヒップホップと呼ばれるようになっていきます。


そんなアンダーグラウンド・ヒップホップの代表格の一人と言っていいのが、イードンであります。

1978年生まれ、10代の頃から自宅でターンテーブルにミキサーにサンプリングマシーンその他各種機材を揃え、次々と生み出したファンキーなリズムトラックに、それこそあらゆるジャンルから自在に取り出したサンプリングソースをぶっこんで、それでもまだ足りないとばかりにエフェクトをかけたり、自分で演奏した楽器の音をかぶせたり、ラップしたり、もう本当に”やりたい放題”をやっていて、さてそんな”やりたい放題”なヤツはどんなヤツなんだろうと見てみたら、これが白人で眼鏡をかけたオタクか秀才かみたいな外見をしてたというから、コアな全世界のコアなヒップホップファンは狂喜しました。

「コイツこそがヒップホップ本来の自由だ!」

と。


いやもうほんとイードン凄いんですよ、モテるための最新B-BOYファッションなんかには目もくれず、ひたすら「オレのヒップホップが本当にカッコイイのか」ということをひたすらストイックに、つうか人間が生きるために備えた能力の全てを”音楽する”ただその一点に特化させて集中させたような、でも、だからといってその音楽がオタクな独りよがりとか、真面目なだけの難しくてよくわかんないものには微塵もなっていない。

ファンキーで骨太ささえ感じさせるリズムトラックだとか、非常にセンスよく被さるネタのフレーズだとか、激しくイッちゃってるやっちゃてる感炸裂してるドープ極まりないエフェクトだとか、とにかく彼の作り出すヒップホップは、あらゆる場所が気持ちよく破れてて、心地良く壊れてる。ビバ自由、なゴキゲンさが溢れかえっておるものです。





Beauty And The Beat

【収録曲】
1.Polite Meeting (Intro)
2.Funky Voltron feat. Insight
3.I See Colours
4.Fumbling Over Words That Rhyme
5.Murder Mystery
6.Torture Chamber feat. Percee-P
7.Making Planets feat. Mr. Lif
8.Time Out (Segue)
9.Rock And Roll feat. Dagha
10.Beauty
11.The Science Of The Two feat. Insight
12.Smile
13.Promised Land
14.Edan & Insight - Bonus Rehearsal (Japan Exclusive)


彼が本格的にシーンに躍り出て来たのは1999年のシングル『Sing It, Shitface』なんですが、コレ、アタシ聴きました。

めちゃくちゃファンキーなリズム、エミネムや初期ビースティーボーイズばりのキレのいいラップの背後でドカーンと鳴ってるのが、何と日本の童謡『ふたあつ』(!)

いやおい、まどみちお作詞のこの名曲が何で外国のしかもヒップホップの元ネタとして鳴り響いてるんだよ、しかもウケ狙いっぽいあざとさがなくて、トラックにもラップにもこの「ふたーつふたーつなんでしょねー♪」がハマりにハマッている。何だこれ!


と、エラく衝撃でした。えぇ、もしかして生涯のうちでヒップホップ聴いて一番受けた衝撃の中でデカかったのがこの曲だったと今でもヒリヒリ思っています。

で、今日ご紹介するのは、イードンが2005年にリリースしたセカンド・フル・アルバムです。

この頃は既に「アンダーグラウンドシーンにこの人あり」ではなく、ヒットチャートを主に選曲するDJ達にも「イードンやばいぜ」って事が大分浸透していて、有名なミックステープにもこの人の曲がフツーに入ってるぐらい人気でしたが、そのアルバムの内容がメジャーに寄ったものになるはずは当然なく、相変わらずファンクからロックからジャズから何やら訳のわからん音楽まで何でもトラックにブチ込み、サイケデリック極まりないエフェクトや”繋ぎ””被せ”の処理を、お前はリー・ペリーか!ってぐらいに大胆にかまし、しかもそれが今(2018年)聴いても全部ちゃんとオシャレで踊れる仕上がりになっているという、何を言ってるかわかんねーと思うかもですが、アタシも自分が何を言ってるかよく分かりません。でも「ジャンルなんかカンケーないぜ」という非ヒップホップファンの方、あぁ、ウチの読者はかなりおりますね、はい、ぜひ聴いてみてください、ヤバいから。



サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
http://5spot.info/
posted by サウンズパル at 22:35| Comment(0) | HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

アレステッド・ディベロップメント/ズィンガラマドゥーニ〜踊る大地


1.jpg
アレステッド・ディベロップメント/ズィンガラマドゥーニ〜踊る大地
(EMIミュージック)

あれは1994年とか95年とか、その辺りの頃だったので、今からもう20年以上前のことになります。

”ラップ”と呼ばれていたヒップホップは、当時オルタナやメロコアと呼ばれていた人気のロックを凌駕する勢いで、急速にメディアに進出しておりました。

その露出の仕方というのは「新しく刺激的な音楽」という側面もありましたが、どちらかというと「流行の不良音楽」というような売り出し方が多かったように思えます。

ワルな黒人が、大音量で重低音を響かせながら、独特のファッションと身の動きで、歌ではない”しゃべり”を次々とリズミカルに吐いてゆく。そしてそのライフスタイルも、ゴージャスなクラブ、そこにまつわる銃や麻薬やその他もろもろの犯罪とリンクして、何だかヤバそうな未知の世界として、彼らの存在はブラウン管に映りました。

実際にヒップホップは、1970年代のニューヨークの下町ブロンクス地区で、その最もヤバいエリアに住む(主に)ジャマイカ系移民の間で”ファンクのレコードに合わせて自由に言葉を繋いでゆくリズムの遊び”として産声を上げてから、ニューヨークやロサンゼルスなどの大都市の、常に犯罪や暴力の危険に曝されるエリアの生活の音楽として、アメリカ黒人音楽の裏の先端をずーっと担ってきた音楽でした。

更に80年代後半から90年代になる頃には、レーガン大統領による”強いアメリカ”政策の失敗により、都市部における貧困の格差は深刻なものとなり、その煽りは元々貧しく不安定だった黒人社会を直撃し、結果貧困から抜け出せない環境にいる若者達は次々とギャングになっていき、彼らが愛好していたヒップホップの中から”ギャングスタ・ラップ”というひとつのジャンルが確立されます。

この頃”ヒップホップ”といえばそのままギャング達のライフスタイルであり、また、加熱していた東海岸と西海岸のギャング・グループの過激な抗争の勢いに乗って、瞬く間にその勢いは全米から全世界へと伝播していき、世界中のいわゆる不良文化みたいなものに大きな影響を与えるようになります。

日本においても、1990年代ぐらいからダボダボの服を着て”ラップ”(当時の呼び方)を聴いてるヤツというのが、ぼちぼち幅を効かせるようになってくるんです。はい、アタシが十代の頃ですね〜。

正直その頃アタシは”俺はロックだぞ”という変な自負もあって、ヒップホップには好意的にはなれませんでした。

「何だよ、チャラチャラしやがって」

というのが正直な感想。



「そんな連中が聴くラップなんか聴くか!」

と。

でもね、本音ではファンクがベースになっているヒップホップのグルーヴィーなサウンドはとっても魅力的だったし、それ以前にレッチリやビースティ・ボーイズとか、限りなくヒップホップなロックバンドは、好きで聴いてた訳なんですよ。もちろんその前の、エアロスミスとランDMCの「お説教」なんてもう最高だと興奮しておりましたから、ヒップホップという音楽が嫌いだった訳ではないんです。要はつまらん意地です。

で、そんなある日

「最近出てきた奴らなんだけど、アレステッド・ディベロップメントってのはお前の思ってるラップと違うから聴いてみなよ、全然チャラチャラしてないよ」

と、友達から教えられたんですね。

話によると、アメリカの南部の田舎から出てきた連中で、オシャレで心地良い音だし、歌詞も平和を訴えてるし、何より深いんだ、と。

最初は「へー、そうかい」ぐらいに思ってましたがね、ソイツの部屋で、淡い夕日が何となくいいムード作ってる時間帯に(注・部屋には野郎2人)、ぼへーっとタバコ吸いながら聴いたアレステッド・ディベロップメントの音は、何だか思ってたヒップホップと全然違う、優しく包み込むような暖かなサウンドで、不思議とじんわりきてしまったんです。



【収録曲】
1.WMFW
2.ユナイテッド・マインズ
3.エイキン・フォー・エーカーズ
4.ユナイテッド・フロント
5.アフリカズ・インサイド・ミー
6.プライド
7.シェル
8.ミスター・ランドロード
9.ウォーム・センチメンツ
10.ドラム
11.イン・ザ・サンシャイン
12.祭壇にひざまずいて
13.回春の泉
14.イーズ・マイ・マインド
15.プレイジン・ユー
16.エッグビーターズ

その時の忘れもしないアルバムが「ズィンガラマドゥーニ〜踊る大地」1994年リリースの、彼らのセカンド・アルバムです。

フロントマンのスピーチを中心に、若者もいて、女性もいて、それから一番衝撃だったのが、ラッパーでもDJでもシンガーでもない”スピリチュアル・アドバイザー”というパートの、白髪白ひげのオッサンがいて、何をやってるかといえば、何だかアフリカっぽい旋律を「アァアァ〜」と歌ったり、詩みたいな言葉のフレーズを朗読してたりするんですけどね、それが怪しくなくて、ゆるやかにアフリカを感じさせるジャズっぽい洗練されたサウンドと優しく知的なラップと絶妙に絡んでてバランスが取れていて、素晴らしくカッコ良かった。

そしてアルバム全体を聴いても、刺々しいところは一切なく、聴いてから何ともおだやかな気分がずっと残りました。友達に「貸してくれ」と言ったのは、言うまでもありません。そして数か月後に、やっぱり自分でも欲しくなってコッソリ買ってしまいました。

激しいロックやディープな戦前ブルースばかりを聴いていたアタシにとっては、どこまでも心身を癒してくれる稀有な音楽であり、また、好きで聴いている音楽の本質みたいなものを、何故か彼らの穏やかなヒップホップ・サウンドが上手く解説してくれるようでいて、不思議な話ですがこの一枚があるが故に他の色んなジャンルの音楽も、より深く好きになれる。そんなアルバムでした。

音楽に与えた影響としては、それまでヒットチャートに上るヒップホップといえば、ギラギラしたギャングスタ系一辺倒だったシーンに緩やかな風穴を開け、90年代後半にエリカ・バドゥやアンジー・ストーンなど、ナチュラルでブラック・ミュージックの深いルーツを感じさせる、いわゆるオーガニックなR&Bを世に出すことに一役買った重要なグループがアレステッド・ディベロップメントだと思います。

でも、そんなことよりもこの優しくて暖かくて、行ったこともないアメリカ南部やアフリカに、奇妙な懐かしさすら覚えさせてくれる、静かな知性に溢れるこのアルバムが、今も自分の心の中で「音楽っていいよな」と変わらず思わせてくれる大事なところにあることの方が、きっと大事なんです。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:18| Comment(0) | HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

ジュラシック5 クオリティ・コントロール

5.jpg

ジュラシック5/クオリティ・コントロール
(Interscope Records)

90年代はヒップホップ文化が世界的に華やかだった時代でした、その原動力となったのがギャングスタ文化です。

西海岸と東海岸のギャング達が派手に抗争を繰り広げ、それぞれの勢力を背景にしたレーベルやラッパー、DJ達が競うように派手な作品を次々と世に出してきて、世界中のファン、または純粋にワルい子達は、また競うようにそれらのレコードを追い、ファッションを血眼になって追っておりました。

まぁそれはそれでシーンに活気があるということで好ましい、でもちょっと待て?肝心の音楽的なことや、元々社会性の強かったリリックなどの、ヒップホップが元々持っていたメッセージ的なことは?仲間達と純粋に楽しめたあのアンセムな雰囲気はどこへ行った?

と、少なからず疑問を呈する昔からのファンはおりました。

その時代新たにヒップホップに目覚めた若い人でも、DJ達の元ネタを掘るうちに、そういう聴き方に目覚めた人達も結構おりました。

そんな中でジワリ盛り上がっていたのが、1980年代の、娯楽性の強いいわゆるオールドスクールや、ゴールデン・エイジと呼ばれる汎アフリカ主義に基づく社会性の強いヒップホップ(つまりは「ブラック・ミュージックとしてのヒップホップを盛り上げようぜ」という思想)への回帰です。

ジュラシック5がLAから登場してきたのは、ヒップホップが全盛を迎え、売れ線のエンターティメントとしても成熟を見せていた2000年。

このヒップホップ・ユニットが、2DJ(カット・ケミスト、ヌ・マーク)に4MC(ザキール、チャリ・ツナ、アキル、マーク・セヴン)という豪華な編成であると聞いた時、最初アタシは「物凄いコワモテのギャング集団なのかな?」と、勝手に想像しておりました。そうでなくともコレはサウンドも相当に派手でイケイケなんだろうと。


【収録曲】
1.ハウ・ウィ・ゲット・アロング
2.ジ・インフルエンス
3.グレート・エクスペクテーションズ
4.クオリティ・イントロ
5.クオリティ・コントロール
6.コンタクト
7.ローズド
8.ワールド・オブ・エンターテインメント(WOE・イズ・ミー)
9.モンキー・バーズ
10.ジュラス・フィニッシュ・ファースト
11.コントリビューション
12.トゥエルヴ
13.ザ・ゲーム
14.インプロヴァイズ
15.スウィング・セット


彼らのデビュー・フル・アルバム「クオリティ・コントロール」の試供品が送られてきて、最初は「ヒップホップだし店で流しとくか」ぐらいの気持ちだったんですね。

何かがぶっ飛んで、素直な感動が一気に押し寄せたのは、1曲目のイントロのベースラインを聴いた時すぐに、もう本当に「すぐに」でした。

「これ、凄い!凄いファンク!!」

2DJと言いながら、派手な効果音に類に頼らず、サンプリングソースから丁寧に抽出した骨太なビートをあくまで軸にした硬派なトラック、そして4人の、それぞれ個性的な声と韻の踏み方を持つMC達によるリズミカルで絶妙なグルーヴを生み出すマイクリレー。

その見事な”素の実力”というか、DJとしてあるいはMCとしての底力だけでパフォーマンスを繰り広げている姿勢を、まずはカッコイイ!と思いました。つまりアタシなんかは「ブラック・ミュージック」というものをブルースから入ってジャズで深く理解して、それからソウルやR&Bを好きになってより広く楽しめるようになったクチなんですけど、ジュラシック5のヒップホップからは、正にそんなブラック・ミュージックの歴史とダイレクトに繋がっているリアリティをとても強く感じました。

歌詞をじっくり読み返しても、社会的なメッセージをふんだんに織り込みつつ、基本となるのはヒップホップが”みんなで楽しく一緒に歌いながら盛り上がれる音楽”だった頃の楽しさやワクワクした気持ちの壮大なアンセム(賛歌)でありますね。”Fun”ってのはこういう雰囲気なんだなぁとしみじみ・・・。





(タイトル曲「クオリティ・コントロール」この雰囲気ですよ♪)


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

ドクター・ドレー クロニック

4.jpg
ドクター・ドレー/クロニック
(Death Low/ビクター)


さて、前回スヌープ・ドッグの1993年のデビュー・アルバム「ドギー・スタイル」をご紹介し、皆さんには90年代から2000年代にかけて怒涛の快進撃を繰り広げた”ウェッサイ”と呼ばれるアメリカ西海岸ヒップホップの魅力をほんの少しお伝えしたような形になっておりますが、今回は

「うわぁー、しまったぁー、西海岸といえばスヌープより先にコイツだろってことを言うの忘れたー!!」

な、決定的名盤、とにかくコレがなければウェッサイも西海岸発のギャングスタ・ラップも恐らく何も始まらなかっただろう。いや、始まったとしても10年ぐらい送れて「何か、西の方ではこんなスタイルのヒップホップが流行ってるらしいよ」ぐらいで終わってたかも知れないとは本気で思います。

はい、1992年リリースの、稀代のトラック・メイカー、ドクター・ドレーのファースト・ソロ・アルバムにして、西海岸発の最高にディープでキャッチーでハイセンスなヒップホップの雛形となるすべての要素が詰まったエポック・メイキングな決定盤であります「ザ・クロニック」を、本日はご紹介いたしましょうねー。




【収録曲】
1.ザ・クロニック (イントロ)
2.ファック・ウィズ・ドレー・デイ(アンド・エヴリバディズ・セレブレイティン)
3.レット・ミー・ライド
4.デイ・ザ・ニガズ・トゥック・オーヴァー
5.ナッシン・バット・ア・G・サング
6.ディーズ・ヌーツ
7.リル・ゲットー・ボーイ
8.ア・ニガ・ウイッタ・ガン
9.ラッタッタッタッ
10.ザ・$20・サック・ピラミッド
11.リリカル・ギャングバング
12.ハイ・パワード
13.ザ・ドクターズ・オフィス
14.ストランディッド・オン・デス・ロウ
15.ザ・ローチ (ザ・クロニック・アウトロ)
16.ビッチズ・エイント・シット [BONUS TRACK}

スヌープの記事で「言うほどギャングスタ要素ない」と書きましたが、ドレーはそもそもN.W.A.というゴリゴリのギャングスタ・ラップのグループの中心メンバーで、このグループは徹底して反権力・喧嘩上等なスタンスであり、その過激で暴力的なリリックは社会問題にまでなって、警察やFBIからも徹底してマークされていたほどでした。

N.W.A.は1986年に結成され、91年にメンバー内のいざこざが原因で解散しますが、ドレーはいち早くソロとして活躍することを具体的に考え、自己のレーベル「デス・ロウ」を立ち上げて、そのボスマンとして君臨します(経営者はシュグ・ナイトというゴリゴリのギャング、マジでワル)。

デス・ロウには設立当初からN.W.A.時代からの関係者や、N.W.A.を聴いて育ったギャングなラッパー達が続々と集う訳なんですが、ここでドレーは「ギャングスタなポリシーは保ちつつも、音楽的にはより洗練された奥深いものを作りたい!」と、方向性を定める訳なんです。

元々がファンクやソウル、ジャズの熱狂的な愛好家であったドレーは、これまで黒人音楽がどのような推移で若者文化の流行の先端でブレイクし、そしてまた新しい時代になるとどのような形で新たな流行が生まれていったかを、ストイックなまでに徹底して研究します。

ここでドレーが気付いたのは

「とにかくラップを進化させなければならない、そのためにはラップを引き立たせるシンプルでストーリー性に溢れたトラックを量産せねばならない。」

ということでした。

なので、ドレーのトラックはいずれもシンプルでぶっといビート、どんな局面でもそのフレーズがジワジワ効果的に響く中毒性の高いシンセや上モノのフレーズ、サビのラップをとことん盛り上げるキャッチーで盛大なコーラスという3点セットがもれなく付いております。

トラックにおける構想は完璧、でも待てよ?と思ったドレーは、自分の最大の欠点に気付きました。

それは、彼がラッパーとしては「普通」だったことです。

いや、ソロ作でもところどころ聴かれる彼のラップは、悪くはないんですが押しが弱く、雰囲気は上等でもインパクトに欠けるんです。

そこで彼は、デス・ロウに集まってくる多くの若いトンガッた連中から、ズバ抜けたセンスと持つ天才ラッパー、スヌープ・ドッグを見出します。

はい、ドクター・ドレーの記念すべき初のソロ・アルバムの本作なんですが、実はラップの主役はドレーが連れてきた、当時まだ無名の若者だったスヌープです。

彼のラップはタフでメロウで、どんなトラックの上でも自由に華麗に泳ぎ回り、語りギリギリの巧みな緩急で、ドレー渾身の華のある楽曲に見事魂を入れております。

特に代表作であるADなんかは、Gファンクの色褪せぬ名曲であり、ヒップホップ全体で考えても「これ以上、これ以外」がちょっと思い付かないほどのエバーグリーンな歴史的な「ラップ+練りに練られたトラック」のお手本のような曲だと思います。

ちなみにこのアルバムとスヌープの「ドギー・スタイル」でアメリカのヒップホップシーンは、一時的に「西海岸一色」になりました。

本来敵対してるはずの東海岸の若者達も「アレは最高にクール」と言って、ドレーやスヌープのレコードを買いまくってたんですね。そこに危機感を覚えた東海岸のヒップホップ関係者が総力を挙げて作り上げたのが、Nasの「イルマティック」だったりします。

ちなみにGファンクの”G”は、アタシずっと「ウォーレン・Gの"G"」だと思ってたんですが、ゲットーの"G"らしいです。



(このサビのコーラスは、ヒップホップ好きなら一度は口ずさんだことがあるでしょう)


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

スヌープ・ドッグ ドギースタイル

4.jpg
スヌープ・ドギー・ドッグ/ドギー・スタイル
(Death Low/ビクター)

ふふふ、今日は朝から友達がフリーマッケトで出店するというので、ちょいと見てきましたら、90年代のヒップホップ、R&Bとか掘り出しものがたくさんありました。

特にヒップホップは、流石に基本中の基本がガッツリ揃っていて「あ、コレは持ってなかった!これも・・・!!」と、もう目移りしてたまらんかったですね〜♪

そん中で一番最初にググッときたのが、スヌープ・ドッグ、当時”スヌープ・ドギー・ドッグ”のファースト・アルバム「ドギー・スタイル」です。

リリースされたのは確か1993年でしたよね。

その頃アタシは高校生で、毎日毎日バカみたいに激しいロックを聴き狂ってたんですが、そのロックとは全く別のアンダーグラウンドなところから出てきて、徐々にMTVにイカツいラッパーがオラついて出てきたり、ロック系の連中とは、ちょいちょい危険な火花散らしてたり、何つうかもうこの時代のヒップホップの連中というのは、見るからにヤバくて、音楽的なこと云々よりも、とにかくメディアに出ると独特のヤバ〜い緊張感が走るから、そういう”空気”をハラハラ感じて楽しんでおりました。

実際にこの頃のラッパーのほとんどは、西海岸・東海岸で覇を競っていたリアルなギャングの構成員だったり関係者だったり、それだけでも穏やかじゃないんですが、この時期西海岸のギャングと東海岸のギャングは、リアルにドンパチの抗争をやっていて、シャレじゃなくホントにヤバい空気が、楽曲からもワンワン漂ってきてたんですね。

そんな中で、西海岸の代表ともいえるドクター・ドレーの”デス・ロウ・レコード”が台頭してきました。

MTVに長身でかなりヤバめの目つきをしたスヌープ・ドギー・ドッグが異様な存在感でもって現れるようになったのも、ちょうどこの頃です。




【収録曲】
1.バスタブ
2.Gファンク・イントロ
3.ジン・アンド・ジュース
4.ザ・シズニット
5.ロディ・ドディ
6.マーダー・ワズ・ザ・ケース
7.シリアル・キラー
8.フー・アム・アイ(ホワッツ・マイ・ネーム)?
9.フォー・オール・マイ・ニガズ・アンド・ビッチズ
10.エイント・ノー・ファン
11.ドギー・ドッグ・ワールド
12.Gズ・アンド・ハスラス
13.ポンプ・ポンプ


当時、ヒップホップの知識のなかったアタシは「アメリカのラップ=チンピラっぽくて銃声ガンガン入ってるやつ」ぐらいにしか思ってませんでした。

実際、サンプリングで作られているトラックには、西と東のそれぞれの陣営が、まるでレコードの盤上で抗争をやっているかのように、銃声の効果音をサンプリングとしてガンガン入れておりました。

実際雑誌なんかにも「相手が銃声5発曲の中に入れたらウチは10発だ!」と、両陣営競うように銃声入れてたというのが載ってて読んだ覚えがありますので、これは本気でやっておったんでしょう。

さて、そんな中で西海岸ヒップホップシーンで頭角を現したドレーとその一派。当然「生粋のギャングスタ」であり、それはそれは生え抜きのヤバイ人達であったんですが、その音楽性はシンプルなぶっといビートに、ルーツであるファンク、ソウルなどへの熱いリスペクトに溢れて楽曲は限りなくポップ。つまりとことんキャッチーでそして真摯なものだったんです。

ドレーやウォーレンGといったトラックメイカー達が作り上げた「Pファンクのゆったりと粘るノリに倣ったシンプルなビートに、シンセを効果的に使ったトラック、そしてサビで使われるキャッチーなコーラス。幅広い音楽性」は、一言で”Gファンク”と呼ばれ、特に92年からコンビを組んだドレー(トラック)とスヌープ(ラップ)が作り出す作品は、それまでのギャングスタ・ラップと呼ばれたヒップホップのカラーを次々と塗り替え、踊れる音楽としても鑑賞に耐え得る音楽としても、ヒップホップというものを一気に洗練させました。

こっからヒップホップ黄金期の90年代、そして現在のダンス・ミュージックの基本となった”ビート+シンセ”の流れがジャンルを超えて何となく形作られたといっても過言ではありません。

や、もちろんこのアルバムにも”銃声”は入ってるんですが、それすらも楽曲の中で効果的に配置されたアレンジの一部に思えるんです。

ドレーの無駄のない、でも盛り上がる時はしっかりと盛り上がる楽曲とアレンジはもちろん極上なんですが、見た目に反して(失礼)意外に柔らかく甘めのスヌープの声もまたいいんですよ。特に女性コーラスとメロウなラップとの組み合わせ、これはたまりません。



(これですよ、このグルーヴ!)




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | HIPHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする