ディープなコラム こちらにも書いてます♪

2017年09月02日

白刀豆粒100% 280錠

アタシは物心付いた時から蓄膿症なんです。

鼻が詰まる、鼻水が出る、そして厄介な頭痛。

蓄膿症の頭痛は、眉間とか顔の奥からズーンと重たく痛くて、頭痛くて集中力が欠けたり、大事なことが頭に入らなかったり、ひどい時は吐き気までくる、本当に厄介なヤツなんですよ。

病院治療は膿を出すための薬液注入のネブライザーと、手術です。

手術はやったことないですが(怖い)ネブライザーは通うと確かに効果があります。

でも、蓄膿の問題は、アタシの場合は骨の構造らしく、しばらくするとまた膿が溜まってしまって、また症状が出ます。

かといって今は病院に通う時間もない・・・。

だから「白刀豆」。

なた豆は悪いものを排出する効果があるとされ、漢方薬でも使われております。

「お通じをよくして、鼻炎や蓄膿に効いて、口臭も抑えるよ」

と言われた健康食品のなた豆茶とか、今も根強い人気ですね。

サプリの白刀豆粒もいい感じです♪



こういったサプリはあくまで健康補助食品ですから、病院の治療や薬みたいに「劇的に効いた!」「すぐ治った!」という効果でなく

「飲み続けて徐々に改善されて、悩みの種だったキツい症状が、気付いたら出なくなっていた」

というものを期待しましょう。

でも、考えてみたら「劇的によくなった!」よりも「徐々に楽になった」というのが一番いいんですよね。
posted by サウンズパル at 23:28| Comment(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

部屋干し 臭い対策どうしてます?

え〜、梅雨です。

洗濯物が外に干せないので、いわゆる「部屋干し」をしなきゃいかん時期なんですよねぇ・・・。

部屋干しは好かんですねぇ、あの「ん?乾いてるかな?どれどれ・・・」と、触った時の微妙に乾いてない感。そしてよせばいいのに嗅いでみた時の、あの絶妙に嫌な感じの臭い・・・。

乾いても、臭いだけは何となく残るんですよね。で、汗をかいた服を脱ぐと、汗の臭いと部屋干しの湿った臭いがブレンドされて、おぉ・・・。

この「部屋干し対策」って、結構皆さん気にされてるようです。

アタシは干してる時にファブリーズぶっかけたり、色々やってました。

ファブリーズは、まぁ効きます。

でもアレは繊維の深いところの臭いまで完全に取り除くような感じではないんです。

とりあえず今流行りのジェルタイプの洗剤、アリエールの『部屋干し臭 ゼロ』と書いてあったやつを試してみたところ、どうなったかといえば、今んとこなかなか快適です。

部屋干し臭の原因は、干してる間に繁殖する雑菌なんだとか。で、最近の洗剤は、その菌の繁殖を抑える成分多め、らしいんです。


ほうほう♪

posted by サウンズパル at 08:49| Comment(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのライヴ

20170501235512680.jpg

本文が長くなりそうなので、ひとまず次回予告。

はい、スティーヴィー・レイ・ヴォーンです。

思えば中学の時に「アトランティック・ブルース・ギター」の一番最後に入ってたレイ・ヴォーンの「テキサス・フラッド」のライヴ・ヴァージョンを聴いたのが出会いでした。

自分でギターをいじるようになって、好きなギタリストたくさんいたけど、もしかしたらアタシの最初の最初のギターヒーローってレイ・ヴォーンかもしれない。

ブルースとかまだ全然分からなくて、でもわからないながらも確実に惹かれていたその時に、何度も何度も聴いていたのがこの「ライヴ・アライヴ」付き合いはもう25年になりますか。ガンズ聴いてはコレ聴いて、メタリカ聴いてはコレ聴いて、色んな音楽聴いてる合間に、とにかく挟んで聴いてましたね〜。

という訳でレビューおたのしみに。
posted by サウンズパル at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

ベルソス マルチレコードプレイヤー(カセットテープもCDも聴ける)

今、世間は「アナログブーム」と言われております。

何というか「アナログレコードならではのあったかい音」が、若い人達にはとっても新鮮で心地良い。

ということなんです。

確かにアナログレコードやカセットテープの音は、デジタルのCDやダウンロード音源とは、根本的に「違う仕組み」を持っておりますから、その”違い”が心地良いと考えたら、なるほどそうだなぁと思う訳です。

一昔前はアナログレコードやカセット(ミックステープ)は、DJやHIPHOPとかクラブミュージックを愛好する人達でしたが、今は洋楽邦楽問わず、色んなジャンルでなんですね。

で、聴き方も様々です。

オーディオシスムをガッツリ組んで、本格的に鳴らしたい人もいれば

「うん、とりあえず金銭的なこととか、隣近所のこととかもあるから、とりあえず高級でなくても、手軽に楽しみたい」

という人とに別れてて、若い人の間では、どっちかというと後者が多いようです。

「レコードが聴きたい」

「あ、でもCDも聴きたい」

「カセットが聴けたらもっといいよね」

「それとUSBに接続して、レコードの音をMP3に落とし込みたい」

「できればスピーカーも付けてください」

という贅沢なご要望にはコイツが応えます↓



スピーカー内臓でしかも色々再生出来て、1万切るっていいじゃないですか。

もちろん本格的なオーディオとはまた別物なんでしょうが、とりあえずレコード聴きたい、アナログ生活を楽しみたいって方、どうでしょう?

ステップアップを考えてる人も、最初はこういうので全然OKだとアタシは思いますよ〜♪




『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

ツバキ文具店



亡くなった祖母が残した小さな文具店で「代筆屋」という稼業を継いで、訪れる人達の切実な想いが詰まった手紙を書く。

その手紙が取り巻く様々な物語を、繊細なタッチで描いた小川糸のヒット小説「ツバキ文具店」。

このお話、大好きなんですよ〜。

NHKのドラマ10で、多部美華子主演で、只今放送されてます。原作の雰囲気を忠実にした、心温まるストーリーは必見ですが、あのドラマいいなと思った人は、ぜひ原作も読んでみてください。
posted by サウンズパル at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき、小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする