2016年09月07日

三上寛 このレコードを盗め!!

4.jpg
三上寛/このレコードを盗め!!
(東芝/ユニバーサル)

日本において”この人は間違いなくパンク”と呼べるアーティストの一人であるのが三上寛です。

や、三上寛は別にパンクロックやってる訳でも、ブラストビートに乗っかってギャーギャー叫んでる訳でもないし、ついでに言うとルックスも

無題.png

なわけで、決して表面的にはアタシらのイメージする「パンク」のそれとは必ずしも合致しない。

むしろ正反対の極にある人、と言ってもいいでしょう。

ふふ。。。

賢明なる読者の皆さんは、アタシがここで言いたいことはもうお分かりだと思います。

そう、この外見、そして「日本のフォークシーンに現れた異端的情念のシンガー」という前情報なんかを全部ぶっ飛ばす、強烈なカオスが、この人の歌・声・そして歌詞の世界にあるんです。つうか最初聴いた時ぶっ飛ばされました。

天気予報は今日もまた、青すじたてて冗談を繰り返す
雪なんかふらせやがって、死にたがる奴等の心情をくすぐるだけさ
ああ、何てみっともない人類の平和なんだ

−なんてひどい唄なんだ より

考えてみりゃオートバイの失恋なんて誰も唄にはしないだろうが
それに比べて人間の失恋の唄は何んて多い事だろう

−オートバイの失恋 より

縦じまのTシャツを着せてやりたい
それがダメなら、よこしまな愛でどうだ

−三上工務店が歩く より



三上寛のアルバムを、その深遠でアナーキー極まりない世界を聴き進んで行けば、まだまだこれらは序の口の歌詞ではあるんですが、もうこの言葉の意味不明な破壊力、それに恥じないほどのカオスな声の威力。そして全ての文節と単語と音と息継ぎの隙間にも、ふんだんにまぶされている毒々しい情念のドロドロ。。。

ミもフタもないことを言うと、怖い人というのはよく

「コロすぞこのやろう!」

と言いますが、三上寛の場合は

「殺してもいいじゃないか、人間だもの!バーーーン!!!!」

という人です。や、ピンとこない人はとりあえず



こんな感じ。

うん、アタシがゴタゴタ言うよりずっとミもフタもない。

とにかくこれが三上寛

フォークギター片手に、故郷青森の地霊をどっさり引き連れて、ドロドロした唄をとことん唄って、そのうちフリー・ジャズ系の人らと演ったり、寺山修司とツルんだり、ピラニア軍団の一員として「新・仁義なき戦い」なんかに俳優として出演したり、近年ではエレキギターでの弾き語りや、灰野敬二、石塚俊明とのユニット「バサラ」で爆音轟音の中、ゆるぎなくも野太い絶叫を聴かせたり、ミュージシャンとしては本当に幅が広く、人間としてはもうその枠組みにハマらなくなっていて、ほとんど妖怪か仙人の領域に達しているであろう数少ないバケモノであります。

もうそう言うしかないじゃろう。

ドロドロで過激で「えぇ!?そこまで唄うの!?」と思えるぐらいエゲツない剥きだしっぷりの三上寛、どの時期の作品も強烈なボディブローを浴びせてくれますが、最近アタシのお気に入りはもっぱら80年代のこのアルバムです。


【収録曲】
1.オートバイの失恋
2.BANG!
3.海
4.夢は夜ひらく|あしたのジョーなんかきらいだ
5.なかなか~なんてひどい唄なんだ
6.三上工務店が歩く
7.パンティストッキングのような空
8.ひびけ電気釜
9.最後の最後の最後のサンバ


ジャケットには「このレコードを盗め!! 三上寛ベストアルバム」と書いてあります。

氏のイメージとは似ても似つかない、何だかカワイイぬいぐるみの写真を見てもうすでにヤラレた気分になるんですが、中身はそれ以上にヤラレた気分になります、風俗に裸で入ってきて、散々暴れてあちこちに○○して、カネは一銭も払わない客です、ハイ・・・。

これね、アタシは何も知らないで、クレジットを見たら全部初期の代表曲ばかりなんで、てっきり本当に「初期のアンダーグラウンドフォーク時代の音源を集めたベスト・アルバムだー」と。

そしたらアナタ、これ、どの曲も全部新録で、しかも原曲のアレンジくそ食らえの、やたらポップでファンキーでナウい、ヒャラヒャラなアレンジが施されてるんですよ。

もうね、これね、ディスコですよ。しかも、ギラッギラのミラーボールに照らされたオッサン達が全員フンドシで汗ねっとりかきながら、密着し合って踊ってるディスコ。

それまでアタシは、生楽器とか、エレキでもすごくトンガったダイレクトな歪みの音をバックにした三上寛しか聴いたことなかったから、正直氏の破天荒な歌世界とあからさまに”にゅーうぇーぶ”なサウンドとの無理矢理な融合のエゲツなさに「おぇっ!」となったんです。

しかし、毒をもっては何とやら、この違和感バリバリのエゲツなさこそが、真面目にアンダーグラウンドなサウンドぶちかますより百倍パンクだと、おっさんになった今しみじみと思いますねぇ。。。

このアルバムのミもフタもないポップでエゲツない質感、何かとすごく似てると思ったら、アルバート・アイラーの「ニュー・グラス」と似てる。と、最後にトドメのミもフタもないことを言っておきます。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

菜七子 うちゅうだよ

1.1.jpg

菜七子/うちゅうだよ
(7iroslow records)

夏バテにつき本文ご無沙汰であいすいませぬ。。。

さて、前回「familyslow/スロウビート」の紹介をしましたところで、本日ご紹介するのは、familyslowと同時に7iroslow recordsからアルバムをリリースいたしました菜七子さんでございます。

6年前に、奄美市は名瀬入舟町にありましたアタシらの溜まり場「cafe Clo-bar」での、あの夜のこと。

これは「音楽は戦争だ!セッションは喧嘩上等だ!」と思っていたアタシにとって、非常に良い意味で価値観をコロっとひっくり返される新鮮な出来事でしたので、続きを書きたいと思います。

アタシら地元奄美勢のバンド演奏やソロでの、軒並み泥臭い演奏が終わった後に、familyslowと菜七子さんの演奏が始まりました。

そん時は自分らも演奏直後で、まだ頭ん中がとっ散らかっておりまして、ヒロトさん奏でるクラシックギターの軽やかな音色・・・それはその時その場に居たどの人間も出せない類の”軽妙”としか言えない、何ともスーッとする音でした。

「お?ボサ・ノヴァ?いいねー」

と思ってリズムを聴けば、これがゆるやかな展開を経て、レゲエのような裏打ちになったり、なめらかなアルペジオになったりと、予想をひらりひらりとかわしていくような、本当に自由で素敵なものでした。

そんなギターのメロディに乗って、菜七子さんが「フフッ」と、子供のような無邪気な笑顔を終始浮かべながら、明るく、でも決してよくあるようなポジティヴの押し売り「アナタも頑張ってね歌詞」ではない、うぅん、何て言うんだろう、菜七子さんの唄は・・・。

たとえば聴く人の心の中にあるものが喜びなら、それと一緒になって楽しく遊ぶ。聴く人の心が悲しみに塞いでいたら、そこにしっとりと寄り添って、何も言わずにさすってくれる。

そんなやさしい生き物のような唄だなぁと、理屈じゃなく直感で深く感じました。

ライヴ後のヘロヘロの脳みそに、ダイレクトにやさしく入ってくる声と言葉たち。

そんな時ふと

「ルリラリラリラ ルリラリラリラ〜♪」

という印象的なフレーズが、とってもじんわり響いたんです。

気が付けばアタシはテナー・サックスを持って、その「ルリラリラリラ」に参加していました。

この曲は「ルリカケス」というんだそうです。

その時、奄美を初めて訪れた菜七子さんは、訪れる前から天然記念物のルリカケスに思いを馳せて、ルリカケスの気持ちになって唄ってたら、自然とこのフレーズが出てきたそうです。

素敵な話ですよ。




【収録曲】
1.ぱぴぷぺぽの唄
2.はねる
3.ルリカケス
4.すきなだけ
5.SPICE MUSIC
6.えがお
7.ここにある
8.まあるい
9.moonbow beach
10.うちゅうだよ

で、このフレーズは、あれから6年、ふとしたはずみに脳内でキッチリ再生されてたんです。

で、アルバム「うちゅうだよ」です。

あのね、タイトルで「あ、これは不思議ちゃんアルバム」と思ったアナタ、それは美しい誤解です。

生楽器を主体にした心地良い楽曲と、まるで自然界の精霊とか妖精の類でもあるかのような菜七子さんの声は、確かに「天然」ではあるんですが、これはぜひ歌詞を聴いて、歌詞カードをじっくり読んで頂きたいんですけれどとても理路整然とした、キチンとした摂理が込められております。

「大切なのは、アナタの中にある宇宙」

このアルバムの中でこの人が心地良いサウンド、やさしい歌世界に祈りを込めて訴えたいことはこの言葉であります。

考えてみたらアタシもふくめて人間ってのは、せわしなく生きて気が付けば自分のことしか見えなくなっていたり、自分の内側にある優しい気持ちみたいなものをつい忘れてしまったりしがちであります。

「内側の宇宙」ってのはきっと、スピリチュアルなんたらみたいなアレではなくて、ごく普通の、当たり前に人々が持っているヤツなんだよ〜♪と、この音楽は教えてくれます。そしてそれはすごく大事なことです。



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

posted by サウンズパル at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

familyslow スロウビート

3.jpg

familyslow/スロウビート
(7iroslow records)

昨日は休日だったので、従兄弟夫婦を空港まで迎えに行ったついでにドライブをしてきました。

夏の強烈な日差しに照らされた奄美の海や山、本当に久方ぶりに見まして「あぁ・・・いいなぁ・・・」と思ったんです。

いや、よく本土の方に言われるんですよ。

「いいねぇ、奄美住んでたら毎日海行けてスローライフ満喫しまくりじゃん」

て。

いやいやいや、実際に住んで生活して、ついでにここが地元だったら、とでもじゃないですが貧乏暇ナシ金ナシで、優雅にスローライフどころじゃあござんせん。

アタシの性分ってもんも多分にあろうかとは思いますが、どうにもココロの電源をショートできない。とってももどかしいんですよね、リフレッシュのために音楽を聴いても、好んで重たいものを抱えて帰ってくるような性根は本当にいかんと思います。

familyslowの音楽は、爽やかでナチュラルで、アコースティックでハートウォーミングで、そんなアタシの性根に、良い意味でゆんわり作用してくれます。

あ、時計の針をちょっと戻しましょう。

あれは6年ぐらい前だったか、大好きなお店だった「カフェ・クローバー」で、まぁいつものようにライヴしてワイワイやっておりましたら、ちょいとお店の中に、見慣れない爽やかな雰囲気のお兄さんとお姉さんがいらしたんです。

「あらぁ?こんな掃き溜め(失礼!)みたいなところに・・・観光客の人かなぁ?どうもすいません」

と、思ってたら、その方たちはとってもにこやかにみんなに話しかけていて、その雰囲気がとても良かったことを今も鮮明に覚えています。

そのお兄さんとお姉さんは、familyslowのヒロト(高橋ひろと)さんと菜七子さん。

おもむろに楽器取り出してセッティングして「じゃあはじめますか♪」てな感じで、すら〜っと軽く、でもその場の空気をとても穏やかですがすがしいものに次々と生まれ変わらせるようなライヴをしてくれました。

その音楽は、楽しくお話ししている時のあの感じとまったく変わらない、本当に自然で気取りや飾りのない「いい感じの人のいい感じの音楽」そのものでした。

音に心地良く揺らされて、アタシはずっとそのまんまゆっくりゆっくり揺れていただけだと思ってたんですが、気が付くといつの間にかサックスを吹いてセッションに参加しておりました。いや、セッションって割と「生きるか死ぬか」ぐらいのもんだと思ってたんですが、この時初めてですよね「楽しい!ずっと生きててていいんだ!」(謎)と思ったのは。

時は流れて今年6月、familyslowは奄美ツアーでASIVIで演奏をして、アタシは残念ながら都合が付かず行けなかったんですが「穏やかな雰囲気の、とっても良いライヴだった」と聞いております。

で、今回初のCDもリリースされました。




【参加ミュージシャン】
伊藤大地(ds)
北山ゆう子(ds)
伊賀航(b)
長久保寛之(g)
青木賢三(steelpan)
トシバウロン(bodhan)
児玉峻(g,weissenborn)
菅原紀人(p)
横田キヨヒロ(g)
菜七子(cho,Uklele)

【収録曲】
1.スロウビート
2.街を抜けて
3.話し声
4.ミステリーグルーヴ
5.風と踊る
6.ていくうひこう
7.降りつもる世界
8.ハッピータイム


アコースティック・ギターを中心にした、爽やかな生の質感を大事にしたサウンドと、ヒロトさんのささやきに近い、でも不思議な魅力で人を惹きつける歌声が「ちょっと近い楽園」を聴く人に見せてくれます。

家で聴いてももちろんいいんですけど、やっぱり車かな。

特に今の季節、カーステにCDを入れて、灼熱の太陽に照らされてキラキラと目一杯光っている海とか山の緑とか建物の壁とかそういったものに、何だか良い感じの”和み”のフィルターをかけて、すごくいいものに感じさせてくれるんですよね。

日頃殺伐とした音楽ばかり聴いているのが申し訳なくなるぐらいに「いい人の音楽」です。で、やっぱりこういう音楽を聴くと「いい人」になれそうな気がするんです。





うん、とてもいい♪


『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

posted by サウンズパル at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

柴田淳 All Time Request BEST ~しばづくし~

1.1.jpg
柴田淳/All Time Request BEST ~しばづくし~
(ビクターエンターテイメント)

えっと、普段フリー・ジャズだとかブルースとかパンクとか言ってるアタシです。

一昨晩はライヴがありまして、そこでノンマイクでサックスを吹き散らかしてきて「バケモノじみてる」とかありがたいお言葉を頂戴したりしてますが、根は至って普通の男子です。

綺麗なメロディーを聴いて「あぁ・・いいな・・・」と思ったり、切ない歌詞を読んで「く・・・泣ける・・・」とかなるんです。結構おセンチな野郎なんです、座右の銘は「切ないが切なくないよりはいい」です、ハイ。

まぁ、それはどうでもよろしい。

アタシは日本人の女性シンガーの中で「特別に好き」というか「この人の声をたまに目一杯補充しないと生きられない」て人がいるんです。

中学の頃は遊佐未森さんにハマッて、それから橘いずみさん、古内東子さんときて、この6年ほどは柴田淳さんです。

柴田淳さんは・・・もう本当にこの人の声は、その成分のほとんどが「せつなさ」で出来てるとアタシは思っております。

「恋」というワードを見て、まぁ皆さん色んな想いを浮かべる人が多いでしょうが、日本では昔から「恋というのは哀しいもの」という考えがございます。

古典とか和歌とかにたしなみのある人なら、多分ピンとくるかも知れませんが「恋の歌」というのは、大体において悲恋です。

叶わぬ恋、道ならぬ恋、成就せぬことが分かりきった恋・・・。

はい、恋というのは実際はミもフタもないものでございます。こんな切なくて辛い思いをするぐらいなら、恋なんてしない方がいい。でも、そこに飛び込んで、儚く美しい歌や詩以外のものは残せないのが、人間という生き者の、悲しい悲しい性(さが)でございますね。これは何がどうなってとかそういうものではない、恐らくは本能的、本質的なものでございます。

柴田淳さんの、胸の奥底から、本当に切ないもの、やりきれないもの、どうしようもないものを懸命に繊細に紡ぎだしているような声が好きです。

恐らくはこの人は・・・というよりは、この人の紡ぐメロディや言葉やピアノの音は、恋というものが本質的に抱えている本質的な「かなしさ」を敏感に捉え、鳴っているんだと思います。






【収録曲】
1.ぼくの味方
2.隣の部屋
3.未成年
4.それでも来た道
5.月光浴
6.あなたとの日々
7.片想い
8.夢
9.後ろ姿
10.ちいさなぼくへ
11.愛をする人
12.ため息
13.ピンクの雲
14.心がうたうとき
15.パズル

1.HIROMI
2.Love Letter
3.花吹雪
4.救世主
5.あなたの手
6.十数えて
7.雨
8.マナー
9.哀れな女たち
10.キャッチボール
11.道
12.今夜、君の声が聞きたい
13.月夜
14. 声



悲しさを打ち消して陽気にしてくれる音楽もいいけど、悲しみにそっと寄り添ってくれる音楽もたまにはいいなと、柄にもなく思ったりします。





(名曲色々ありますが、やはり「月光浴」が好きです。せっつねぇよ・・・)



『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

posted by サウンズパル at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

ザ・ヒート・ビート・ストローク ノゥ・ネイム・ブルース

1.1.jpg
The Heat Beat Stroke/No Name Blues
(Heat Beat Stroke)

【収録曲】
1.No NAME BLUES
2.皮フと内臓
3.アカユリ
4.MOVE
5.日課牧歌 〜Wool〜
6.タカラバコ
7.ギリギリのバランス
8.BLIND SOUL
9.今日こそは

何年前かもう忘れてしまいましたが、あれは確か”カフェ・クローバー”でのバンドイベントだったと思います。

やせ型の、いかにもロッカーっていう感じの精悍な顔をした人が、ギターをチューニングしながらタバコをガンガン吸っておりました。

何かもうその佇まいが素敵だった、けれども正直怖い人かなと思って、お店のオーナーの大樹さんに

「あの人は・・・?」

と、小声で訊いたら

「あ、次郎さんっち言って、最近シマに帰ってきた人よ。声が渋くてカッコイイよ」

と、教えてもらいました。

そん時のライヴではギター弾き語りで、オープン・チューニングにしたギターを粗くジャカジャカ鳴らしながら、ストーンズとかのカヴァーをやっていたと思います。

その鋭いギターと、ザラザラした声は正直カッコ良かったので、恐る恐る声をかけたら、音楽好きというのはもう皆まで言わなくても「あれが好き!」「いいね!」みたいな感じで、結構すぐにお友達になれたと思います。

そん時のステージとその後の会話で、この芳本次郎さんという人が、ローリング・ストーンズ大好きで、声も歌も物の考え方も、実にロックンロールな人だと思い、アタシは以来ずっとリスペクトしてきております。

で、その次郎さんは、ギター&ベースの上原恒己さん、ピアノの静香さんと3人で”ヒートビート・ストローク”というバンドを組んで、この度ファースト・アルバムをリリースしました。

「名前のないブルース」

何て素敵な言葉なんだろうな・・・と思いつつ、ずっと聴いてます。

次郎さんの声とギターは、本当に渇いててエモーショナル。あえて誤解を恐れずに言ってしまえば

「この泥臭さがダメな人は、別にダメでいい」

と、毅然としてロックでブルースで、どこか哲学なんです。

そこに絡むアメリカンなオールドロックの匂いぷんぷんの恒己さんのギター(「皮フと内臓」のスライドとかホントザックリやられます)、情感を滲ませながら言葉に沿っている静香さんのピアノ(これは「アカユリ」でぜひ聴いてください)、そして数曲で参加している福島幹夫さんの(!)アルト・サックスが、何というか聴き手の心のヘコんだり欠けたりした部分にズキンズキンと染みてきます。

何でこんなに染みるんだろうと思ったけど、それは多分歌詞にちゃんと人間がいて、言葉が狙いを定めた場所に飛んでいって突き刺さり、そして正しく爆発してるからなんじゃないかと思います。


 
  止める事が出来ない程
  力任せその正義の前
  美しい君の歌は
  あまりにも無防備なんだろう

 − 「BLIND SOUL」より


Over.40で音楽やっている人に対して「親父バンド」とか言うのが恥ずかしいぐらいのダサくないロック魂を聴いてください。


コチラのCDは受注販売になります。欲しい方/お問い合わせは soundspal1@gmail.com まで!

jimimiles.jpg







『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/
posted by サウンズパル at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本のロック・ポップス・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする