2015年11月24日

クリスマス(小室等・吉田拓郎・井上陽水・泉谷しげる)


1.jpg

クリスマス(小室等・吉田拓郎・井上陽水・泉谷しげる)
(フォーライフ)

はい、11月もはや後半でございますよ。

この季節になりますと、あぁ、アレですよアレ。街にジングルベルが流れ出し、色んな業界のお仕事が忙しくなる。

そう「クリスマス」。

いや、あっという間ですな、早いもんです。

で、CD屋と致しましては「クリスマスのCD」これをブログでも紹介しなければなりますまいと、一応真っ当に思ってはいるんですが、まぁその、このブログの「クリスマス」のカテゴリを見て頂ければ分かるとは思うんですが、アタシは「ちょっと面白いクリスマスもの」見てる人がなるべく「へー、こんなのもあったんだ」と楽しんでくれそうなものを紹介したいと思ってるんです。

で、今日ご紹介するのは「日本のフォークのクリスマス」

小室等・吉田拓郎・井上陽水・泉谷しげるという、まぁどこからどう見ても「クリスマス」なんぞには縁のなさそーな方々なんですが、この人達が実は共同で「クリスマス」のアルバムを出していたんですよ。

団塊の世代の方々は恐らく「あぁ、知ってるよ。フォーライフの設立一周年企画の限定盤だったヤツでしょ?」と、すぐピンと来るとは思うんですが、このアルバムがリリースされた年(1976年)に生まれたアタシにとっては

「うはっ!何これ!!??(笑)」

という、ショーゲキのブツでありました。

だってこの4人が一体何を血迷って「クリスマス」なのか(失礼)まったく想像すら出来なかったですもん。特に泉谷しげると吉田拓郎(初期)が真面目にクリスマス・ソングなんか唄ってる姿なんてカケラも想像できません。

いいぞいいぞ、コレ、ネタとしていいぞー(笑)

と、思って聴いてみたら、意外や意外。これ「クリスマスもの」としても「ひとクセもふたクセもある日本人アーティスト(と、あえて呼ぼう!)達の真剣勝負盤」としても、実にカッコイイものでした。

先に結論から言っておきます。

このアルバムで一番真面目に「クリスマス」してるのは、やっぱり小室等で、その次に真面目なのが泉谷しげるです。で、完全に斜に構えてやりたい放題なのが吉田拓郎「クリスマス?何それあっはぁ〜♪」と、唯我独尊自分の世界を貫き通しているのが井上陽水です(ある意味陽水さんが一番反骨スピリッツに溢れてるかも)。







【収録曲/アーティスト】
1.赤鼻のトナカイ/泉谷しげる
2.お正月/吉田拓郎
3.夏願望/井上陽水
4.O HOLY NIGHT/小室等
5.街を片手に散歩する/吉田拓郎
6.クリスマス・ソング/小室等
7.冬を走る君/泉谷しげる
8.WHITE CHRISTMAS/井上陽水
9.GREENSLEEVES/小室等
10.BLOWIN' IN THE WIND/吉田拓郎
11.PA! PA! PA!〜きよしこの夜/泉谷しげる
12.諸人こぞりて/吉田拓郎
13.メリー・クリスマス/井上陽水
14.今日のわざ/小室等、吉田拓郎、井上陽水、泉谷しげる


選曲を見て頂ければ分かるんですが「お正月」とか「風に吹かれて」とか、「おい、クリスマスどこ行った?」な吉田拓郎(笑)特に「風に吹かれて」なんか、まんまディランのカヴァーで、これフツーにカッコイイんですけど「諸人こぞりて」も「やってやってる感満載」でやっぱり拓郎は拓郎なんですが、負けてないのが井上陽水。

のっけから「おい、冬のアルバムなのに”夏願望”ってどういうことだよ!?」(しかもニューウェーブ風)だったりド定番の「ホワイト・クリスマス」は軽〜くジャジーで、シナトラかビング・クロスビーっぽく唄って、もう勝手に楽しんじゃってます。「メリー・クリスマス」はカバーかな?と思ったら渾身のオリジナルで、コレが完全に「陽水ワールド」の名曲です。「夢の中へ」のあの感じの、もうちょっと切ないクリスマス・ソング。こうやってしれっとキメてくるところにコノ人の底知れぬ恐ろしさを感じますね〜・・・。

でもって美しいギターの音色とアレンジのカッコ良さで全体を整えて「あぁ、やっぱりコレはクリスマス・アルバムなんだ」と、真面目に聴いている人にも安心感と共に自覚させてくれるのが小室等。この中では一番の人格者(笑)であります、「グリーン・スリーヴス」とか、オーソドックスなクリスマス・クラシックスを上質に聴かせてくれますよね。ギターの音がね、本当に綺麗なのよね小室さん。

で、小室さんの次に「おぉ、こうなったらもーオレはエンターティメントに徹して楽しくやるぜー」と開き直って、ジャジーでブルージーなクリスマス・ソングの直球勝負でこのアルバムの中の「盛り上げ役」を買って出ている泉谷もカッコイイ。オリジナルの「冬を走る君」での武骨で朴訥な”泉谷節”もいいけど、「PA! PA! PA!」から「きよしこの夜」へのソウルフルな持って行き方がカッコイイのです。

さっきからアタシは色々と好き勝手なことを書いておりますが(汗)1970年代の日本で「クリスマス」という企画を真っ先に思いついたフォーライフの先見性と、今や日本を代表するアーティストである4人の強烈な個性が、良い感じに一枚の作品になったという意味でも、このアルバム、凄いと思います。





『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/
posted by サウンズパル at 20:11| Comment(1) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

アース・ウインド&ファイアー ホリディ

1.jpg

アース・ウィンド&ファイアー ホリディ
(ソニー)

【収録曲】
1.ジョイ・トゥ・ザ・ワールド
2.ハッピー・シーズン
3.オー・カム・オール・イ・フェイスフル
4.ウィンター・ワンダーランド
5.ホワット・チャイルド・イズ・ディス
6.まぶねの中で
7.リトル・ドラマー・ボーイ
8.エヴリデイ・イズ・クリスマス
9.ファースト・ノエル
10.そりすべり
11.スノー
12.ジングル・ベル・ロック
13.ディセンバー


まさか今このタイミングでアースの新作が、しかもクリスマス・アルバムが出るとは思いませんでした(!)

「モーリス・ホワイトは大丈夫なんだろうか?」と、ひたすらその体調ばかりを心配してはおりますが、いや〜、こんなにご機嫌な作品をEW&Fがリリースしてくれるというだけで、ファンとしては嬉しい限り。本人が製作にどんぐらい関わっているか?は、また別の問題として、クリスマスだし素直に聴いて楽しみましょう本作は(^^)


さて、気になる内容ですが、コレが文句ナシのアレンジで、明るくファンキーな“あの”アース節と「そう来たか!」と思わせる斬新な展開も聴けて、かなり楽しめます。

「September」の替え歌「December」(「12月」って、おい!笑)や「Happy Feelin'」の替え歌「Happy Season」といった、上質な「パロディ臭いセルフカヴァー」にも思わずニンマリ♪

いや、コレは良いです。かなり良いです!







Earth, Wind & Fire - December
(「セプテンバー」ではない。しかしこれでいいのだ!)

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
http://5spot.info/
posted by サウンズパル at 15:50| Comment(4) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

クリスマス・ジャグ・バンド Uncorked

1.jpg

Christmas Jug Band Uncorked
(Globe)

1.Santa Lost A Ho
2.Santa's Workshop
3.Hey Santa
4.Ain't That Cold?
5.Boogie Woogie Santa Claus
6.These Christmas Blues
7.Plant A Santa
8.I Want A Hippopotamus For Christmas
9.Lonesome Reindeer Blues
10.Don't They Know It's Christmas?
11.Santa, You Got What It Takes
12.Silent Night

さあクリスマスまであと何日!?

てなわけで、クリスマス関係のCDも紹介せにゃあならんのですけど、アタシはどうしてもありきたりのモノじゃ音楽好きの皆さんに何か申し訳ない気持ちがして「ちょっとそんじょそこらじゃ聴けんよーなもの」とか「こんな珍しいクリスマス・ソングがありますよー」って紹介したいタチでして(汗

はい、色々と調べてこのブログをご覧の耳の肥えた音楽好きの皆さんにも安心して「どんなもんでございましょ♪」と、自信を持ってオススメできる一枚を見付けました。

何とですね、コレは「クリスマス・ソング専門にやっているジャグバンド」、その名も「クリスマス・ジャグ・バンド」(まんまや!)という、実に気合いの入ったバンドの、ゴッキゲンなクリスマス・アルバムです。

サンタさんがグダーってなってる秀逸なジャケットと、Youtubeサーフィンの果てに「こんな楽しいクリスマス・ソングがあったんだ!」という驚きと感動とで、只今このレビューを書いております。

「ジャグバンド」ってのはアレですよ、工業用のビン(チューバみたいにボンボン言う)や洗濯板、バケツとモップで作った手作りウッドベースなど、日用品で音楽をする、戦前のアメリカ南部で生まれた最高にイカした音楽スタイルなんですね。

有名どころでは戦前のメンフィス・ジャグ・バンドとか、ガス・キャノン率いるキャノンズ・ジャグ・ストンパーズとか、戦後にはジム・クウェスキンのジャグ・バンドとか、アメリカでは流行に関係ない良質な音楽を愛好する人たちの間でこよなく愛されているスタイルなのであります。

この「クリスマス・ジャグ・バンド」は、カントリーにオールドタイムなジャズ的要素も演奏にふんだんに盛り込んだ実力派バンドであります。アルバムも「クリスマスソングだけ」で何枚か出してますが、大体どれも同じテンションで、ひたすら明るく陽気でほがらかで、愛らしいですね。うん、実に愛すべき人たちです♪



↓お買い上げはコチラから




Santa Lost A Ho by The Christmas Jug Band Mill Valley 2009
(アルバム1曲目の楽しい楽しいライヴ・ヴァージョン。ホゥホゥホゥ♪)

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
http://5spot.info/
posted by サウンズパル at 18:44| Comment(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

クリスマス・ソング・ベスト

3.jpg

クリスマス・ソング・ベスト
(日本クラウン)

【収録曲】
1.サンタが町にやってくる(坂田おさむ)
2.赤はなのトナカイ(神崎ゆう子/坂田おさむ)
3.ジングルベル(神崎ゆう子/坂田おさむ)
4.ママがサンタにキッスした(坂田おさむ)
5.サンタクロースがやってくる(坂田おさむ
6.おめでとうクリスマス(速水けんたろう)
7.きよしこの夜:賛美歌109番(神崎ゆう子)
8.ひいらぎかざろう(速水けんたろう
9.そりすべり(神崎ゆう子)
10.あわてんぼうのサンタクロース(神崎ゆう子/坂田おさむ)
11.ザ・クリスマス・ソング(安西康高)
12.もろびとこぞりて:賛美歌112番(神崎ゆう子)
13.もみの木 O Tannenbaum(神崎ゆう子)
14.風も雪もともだちだ(フロスティ・ザ・スノウマン)
15.牧人ひつじを(神崎ゆう子/速水けんたろう)
16.ふゆのプレゼント(神崎ゆう子/坂田おさむ)
17.すてきなホリディ(神崎ゆう子)
18.星に願いを(神崎ゆう子)
19.ふゆのおと(神崎ゆう子)
20.サンタクロースはどこのひと(神崎ゆう子)
21.ウインター・ワンダーランド(速水けんたろう)
22.ホワイト クリスマス White Christamas(速水けんたろう)
23.ジングル・ベル
24.WE WISH YOU A MERRY CHRISTMAS(オルゴール)

小さなお子様がいらっしゃるご家庭向けに、または幼稚園や保育園などのクリスマス・イベント用に「コレさえあればオッケー」な、今年最も売れているクリスマスCDがコチラです!

歌い手さんは「うたのおにいさん、うたのおねえさん」でおなじみの、坂田おさむおにいさん、神崎ゆう子おねえさん、速水けんたろうおねえさんで、安定感バツグンで明るい歌唱力は流石のひとこと(!)

選曲も「赤はなのトナカイ」「きよしこの夜」「ジングルベル」などの定番クリスマスナンバーから、ユーミンの「ママがサンタにキッスした」竹内まりや「すてきなホリディ」など、お父さんお母さんも、お子さんと一緒に歌って楽しめます。

24曲も入ってお値段もリーズナブルで素晴らしいですね♪

↓お買い上げはコチラから



サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
http://5spot.info/
posted by サウンズパル at 17:08| Comment(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

ジェイムス・ブラウン Complete James Brown Christmas

1.jpg
ジェイムス・ブラウン Complete James Brown Christmas
(Hip-o Select) 2CD

クリスマスといえば、図らずも「命日がクリスマス」になっちまった俺達のジェイムス・ブラウンでしょう。

元々、ブラック・ミュージック、なかんづくソウルはそのルーツがゴスペルというわけで、クリスマスとは切っても切れない仲っつうよりも、クリスマスこそ「オーイェー!」と盛り上がるのがブラック・ミュージック愛好家の筋であるというもの。

で、俺達のジェイーーーーームス・ブラウン!であります。

流石に「ソウルの帝王」な俺達のジェイムス・ブラウンは「Chrismas Songs」(1966)、「Soulful Christmas」(1968)、「Hey America」(1970←なんつうタイトル・笑)という3枚ものクリスマス・アルバムをリリースしております。

んで、コレはその3枚をぜーーーんぶまとめた上で、ボーナストラックまで収録したお徳用、つうか決定盤の2枚組CD。クリスマス・アルバムとしてはもちろん、60年代後半〜70年代初頭という「ソウルからファンクへ」と破竹の進撃を繰り広げていた時期のJBのベスト・パフォーマンスが楽しめるCDとしても、コレは超オススメであります。

中身はもう言わずもがな。正統派バラードで「聖夜」を高々と歌い上げる楽曲から「クリスマス?オーイェ、ガンガン踊ろうぜ!」なファンクナンバーまで、とりあえず「クリスマス」というイベントの名を借りて好き放題に盛り上がっているぜ!12月25日の命日には、コレでガンガン追悼しちゃうぜ的なノリで聴いても、パーティーのBGMにしてももちろんよろし。


しかもコレ「ボーナス・トラックの7曲」というのが、実は凄い音源でなんですよ。

「Say It Loud - I'm Black and I'm Proud」という1969年に発表された、ブラック・パワー全開の名盤があるんですが、そのタイトル曲が何とアルバム収録のヴァージョンとは別の「途中で途切れてない完全版」で収録されとります。

え?「Say It Loud - I'm Black and I'm Proud」はクリスマスの曲じゃない?

関係ないぜ、聴こう!



↓お買い上げはコチラから




JAMES BROWN Soulful Christmas
(歌詞に「メリー・クリスマス!ハッピー・ニューイヤー」という部分がなければフツーにノリノリのファンク・ナンバー♪嗚呼俺達の・・・)

サウンズパル店主高良俊礼の個人ブログ
http://ameblo.jp/soundspal/

BASEショップもありますよ(ここでしか買えない商品アリ)http://soundspal.thebase.in/

『音のソムリエ 高良俊礼の音楽コラム』
http://5spot.info/
posted by サウンズパル at 19:11| Comment(0) | クリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする