2019年08月09日

マイルス・デイヴィス アット・ニューポート1958

625.jpg マイルス・デイヴィス/アット・ニューポート1958 (Columbia/ソニー・ミュージック) 巷で最もアツいもの、それはフェス!! 豪華アーティスト達が野外の特設ステージでステージを繰り広げ、聴衆はステージの前に行ってそれを楽しむもよし、近くの木陰で涼みながら聴くもよし、何なら会場内のフリースペースにテント張ってくつろぐもよし。よしよしづくしの良いことばかりのように思えるフェスであります。 実際は夏の野外という環境故に色々な問題もあろうかと思いますが..
posted by サウンズパル at 23:40

2016年11月12日

マヘリア・ジャクソン ニューポート1958

4.jpg マヘリア・ジャクソン/ニューポート1958 (Columbia/ソニー・ミュージック) 早いものでもう11月も中盤。 毎年この時期から「あぁ、もうすぐクリスマスだな・・・」と、心が一足先に師走モードになってしまうのですが、クリスマスといえばアレですね。やっぱりブラック・ミュージック・ファンとしてはゴスペルのことが頭をよぎります。 で、ゴスペルといえば、色々なシンガーやグループがいて、それぞれ本当に素晴らしいんですが、アタシの中で揺ぎ無い、どこかこう絶対..
posted by サウンズパル at 11:41

2016年04月21日

アストル・ピアソラとキンテート”ヌエボ・タンゴ” われらの時代

5.jpg アストル・ピアソラとキンテート”ヌエボ・タンゴ”/われらの時代 (CBS/ソニー・ミュージック) はい、うららかな春のこの佳き日に、アタシはすっかり「アルゼンチン・タンゴしか聴きけない病」にかかってしまったようでございます。 で、ピアソラです。 前回の「タンゴ・コンポラネオ」の記事中で、アタシは確か、ピアソラはメジャーのCBSに何枚かアルバムを残しているよ、と書きましたが、本日はその肝心要の記念すべき第一弾となったアルバムをご紹介いたしましょうね。..
posted by サウンズパル at 20:05

2016年03月19日

チコ・ハミルトン ゴングス・イースト

1.jpg チコ・ハミルトン/ゴングス・イースト (Warner Brothers/ワーナー・ミュージック・ジャパン) モダンジャズ全盛の1950年代の 「ジャズ・ミーツ・クラシック」 の雄といえば、東のMJQ(モダン・ジャズ・クァルテット)と、西のチコ・ハミルトン・クインテットであります。 彼らの演奏は 「クラシックの名曲をジャズアレンジでやる」 とか、そういう表面的なことではなしに、クラシック音楽の綿密な編曲と、対位法(ひとつのメロディーに対..
posted by サウンズパル at 18:50

2016年03月18日

ここんとこチコ・ハミルトン

160318_013316_ed.jpgチコ・ハミルトン 小粋で知的な西海岸ジャズを代表するドラマーであり、優れた編曲家でもあります。 初期はドラム+チェロ+ギター+リード楽器(主にフルート)という一風変わった編成で、クラシック室内楽風の典雅なジャズを。 60年代以降はサイケ、ファンク、R&Bとあらゆるジャンルを包括した元祖クロスオーバーを…。といった具合に、どの作品でも「ジャズ・プラスアルファ」な、独自の音楽で楽しませてくれるのです。 さて、どれをレビューしようか…。
posted by サウンズパル at 01:56

2014年12月25日

ガボール・ザボ スペルバインダー

1.jpg ガボール・ザボ Spellbinder (Impulse!) 【パーソネル】 ガボール・ザボ(g) ロン・カーター(b) チコ・ハミルトン(ds) ヴィクター・バントーヤ(per) ウィリー・ボボ(per) 【収録曲】 1.Spellbinder 2.Witchcraft 3.It Was A Very Good Year 4.Gypsy Queen 5.Bang Bang (My Baby Shot Me Down) 6.C..
posted by サウンズパル at 17:25