2019年10月05日

ブラインド・ボーイ・フラー Truckin My Blues Away

625.jpg Blind Boy Fuller/ Truckin My Blues Away (Yazoo) 何だか久々に聴いてみたら、ブラインド・ボーイ・フラーにすっかり再ハマりしてしまいました♪ 前回もちょとっと書きましたが、この人のブルースは、もちろんディープなフィーリングを持っておりますが、聴く人に対しては必要以上に深刻にならず、戦前ブルースに馴染みがないというよりも、そもそもブルースそんな知らんよって人に対しても「あら、なかなかゴキゲンな音楽ね」と言わしめる..
posted by サウンズパル at 16:40

2019年10月03日

ブラインド・ボーイ・フラー 1935-1940

625.jpg Blind Boy Fuller/1935-1940 いやもう、こっちはまだ30度越えのムシムシお天気なんですけどね、調子をゆるゆると回復させるために、本日も戦前ブルースを聴いております。 さて皆様こんばんは。先日はジェイバード・コールマンその他、戦前は20年代に活躍したブルース・ハープ黎明期の名手達による、とことんディープで闇が深い(使い方合ってるかね?)一枚を紹介しましたが、今日は深い味わいをたっぷりと含みながらも、粋でイナセでダンサブルなブルースを紹..
posted by サウンズパル at 16:26

2019年09月03日

ジェイバード・コールマン ブルース・ハープのパイオニア

625.jpg ジェイバード・コールマン/ブルース・ハープのパイオニア (Pヴァイン) しばらくのご無沙汰です。 9月も終わって10月になりましたが、こちらちっとも涼しくなる気配もなく、夏に目減りした体力がジリジリと限界に近づいているような気がします。あぁ、台風のムシ暑さもあって嫌ですねぇ。 はい、はい、嫌な事を口にすると、嫌な事が寄ってくると言いますので、この辺にしときましょう。 じとっと粘って絡み付くような暑さには、やっぱりブルースです。 特に..
posted by サウンズパル at 00:24

2019年06月08日

マ・レイニー ブラックボトル

img_1.jpg Ma Raney/Blackbottom (Yazoo) 「ブルースは人を元気付ける音楽」 と、ブルースのアーティスト達や、ブルースに深く帰依する現代のミュージシャン達は言います。 ブルースは、アメリカの黒人の悲惨な歴史の流れの中で生まれ、その旋律はどこか憂鬱で、歌には悲痛な叫びが宿り、歌詞もまた生活の中での絶望や裏切り、儚い恋などが歌われております。 でも、いや、だからこそ、その心を揺さぶる歌や演奏を聴くと、自分の内側からこう、理屈では..
posted by サウンズパル at 00:10

2019年05月25日

マディ・ウォーターズ リアル・フォーク・ブルース

img_1.jpg マディ・ウォーターズ/リアル・フォーク・ブルース (Chess/ユニバーサル) 立夏を過ぎ、ここ奄美はすかさず梅雨に入って、本格的な暑さの季節となっております。 梅雨と言ってもアレなんですよね、本土みたいにその期間しとしとジトジト雨が降っている訳ではなく、何日かガーッ!と降って、何日かはギラーッ!と晴れるのが当地の梅雨。 そもそもが年間通じて春秋冬とほぼ曇りか雨ザーザーの日が多い上に台風も来ますので、梅雨というものがどういうものなのか、未だに実感があり..
posted by サウンズパル at 09:17

2019年04月19日

オーティス・スパン ウォーキング・ザ・ブルース

img_1.jpg オーティス・スパン/ウォーキング・ザ・ブルース (CANDID) さてさて、前回『オーティス・スパン・イズ・ザ・ブルース』を紹介したら、いやもうすっかりいい感じにアタシ酔ってしまいましてね〜♪ 「いや、おめぇ酒飲めねぇじゃねぇか」 なんてツッコミはナシでお願いしますね〜、酒は一口入れただけで後ろにそのまんまひっくり返ってしまうんですが、だからこそ音楽で酔っぱらうって感覚を大事にしていますんで、えぇ。 まぁそれはどうでもよろしい..
posted by サウンズパル at 21:55

2019年04月17日

オーティス・スパン・イズ・ザ・ブルース

img_1.jpg Otis Spann Is The Blues (Canded) さあさあ、ブルース・ピアノの極上の煮汁が染み出る名コンピ『ブルース・ピアノ・オージー』を先日はご紹介しましたので、今日はせっかくだからその大トリを飾ったオーティス・スパンを勢いで紹介しちゃいます。 (昨日の記事はコレよ〜!↓) オーティス・スパン。ブルースをよく知っている人ならもちろん知ってる。そんなに詳しくないよって人でも、実はブルースを聴く過程で、多分最初に出会う率っての..
posted by サウンズパル at 23:37

2019年04月16日

ブルース・ピアノ・オージー

img_1.jpg ブルース・ピアノ・オージー (Delmark/Pヴァイン】 大体アタシが金持ちだった事などないんですが、ハタチぐらいの頃はそりゃもう貧乏でした。 社会というものに放り出されたてホヤホヤの時期で、真面目に正社員の職なんてやっておる訳がないのですが、それでも自活するために仕事をせにゃあならん。 でも、元来が不器用なにで、自分が好きな仕事というよりは出来る事しか仕事に出来ません。 というわけでどこかレコード屋さんのバイトなんかないだろうかと、埼..
posted by サウンズパル at 23:24

2019年01月30日

ティム・バックリィ グッバイ・アンド・ハロー

625.jpg ティム・バックリィ グッバイ・アンド・ハロー (ワーナー・ミュージック) 私事で恐縮ですが、大分声フェチでございます。 で、どちらかといえば単純に綺麗な声というよりも、透明度も濁りも、高さも低さも、安定してそこにあるのではなく、いずれかの方向に特化した声や、或いは逆に声域の広さが表現の幅に直結して、澄み切っていると思ったら急に荒ぶって制御不能な感じになってしまう狂気の声も好きです。 声というものは、人間が使える唯一の打楽器以外の楽器だと思っています..
posted by サウンズパル at 21:22

2018年12月09日

サニーボーイ・ウィリアムスン キング・ビスケット・タイム

625.jpg サニーボーイ・ウィリアムスン/キング・ビスケット・タイム (Arhoorie/Pヴァイン) さて今日はみなさん大好きなサニーボーイ・ウィリアムスンですよ〜♪ はい、サニーボーイといえばブルースとブルースハープについて語る時に絶対にはずせない巨人ですね。 1950年代半ばから本格的にシカゴへやってきて、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、リトル・ウォルター、後にボ・ディドリーやチャック・ベリーといった、ブルース、R&B、R&Rの大スターを擁す..
posted by サウンズパル at 22:55

2018年11月11日

タンパ・レッド Bottleneck Guitar 1928-1937

625.jpg Tampa Red/Bottleneck Guitar 1928-1937 (Yazoo) ブルースやロックで「スライドギター」といえば、ちょいとギターに詳しい人なら 「お、いいねぇ」 となる魔法の奏法であります。 ガラスや金属で出来たパイプみたいなものをですな、弦を押さえる方の手の小指とか薬指にはめてですな、フレットの上をきゅいーんきゅいーんと滑らせるという、弾き方としては普通に弦を指で押さえて弾くよりも単純なやり方で、音がつい〜っと伸びて..
posted by サウンズパル at 10:21

2018年10月28日

ロバート・ジョンソンの「Love in Vain」

th4QQ9IKEU.jpg 昨晩は名瀬屋仁川エリアにあるバー『Wood Note』にて、アコースティック・ライヴ・イベントがあり、アタシも弾き語りで出演してきました。 弦がもういい加減サビサビだったので、3日前に張り替えて、ラフにチューニングをして馴染ませ、出発前にオープンAにチューニングして颯爽と出かけようと思ったら、えぇ、張ったばかりの弦がいきなり「ブチッ!」と切れやがったんです。 張り替えてチューニングする時間もなければ、そもそもスペアの弦がない。 急遽予..
posted by サウンズパル at 23:28

2018年09月29日

ロバート・リー・マッコイ プローリング・ナイツ・ホーク: ブルーバード・イヤーズ 1937-1938

625.jpg ロバート・リー・マッコイ/プローリング・ナイツ・ホーク: ブルーバード・イヤーズ 1937-1938 (オールディーズ・レコード) 皆様、大変ご無沙汰しております。 ブログを更新していないと「最近どうしたの?」とご心配のお声を頂きます。 えぇ、まぁ大した事はないんですが、夏バテの体調不良とか色々と不調が積もって書き物も溜まって、そいつを何とかするために、まずは日々追われているものをゆるやかにストップするということをやっておりました。何事にも養生..
posted by サウンズパル at 11:01

2018年07月10日

ルーズヴェルト・サイクス ザ・ハニー・ドリッパー

625.jpg ルーズヴェルト・サイクス/ザ・ハニー・ドリッパー (Pヴァイン) 「顔が上島竜兵に似ている」 ということで、これから日本で大ブレイクする予定のブルースマンが、今日ご紹介するルーズヴェルト・サイクスであります。 という冗談はさておきで、ブルース好きの皆さん、ピアノ・ブルースってどうですかね?やっぱりアタシも含めてブルースって音楽は、ギター小僧が興味を持ってズブズブとハマッていった歴史が、我が国にはありますので、どうもピアノ弾きながら歌うブルースマ..
posted by サウンズパル at 23:10

2018年05月11日

フロイド・ジョーンズ&エディ・テイラー Masters Of The Modern Blues

th4QQ9IKEU.jpg Floyd Jones & Eddie Taylor/Masters Of The Blues (Testament) 戦後シカゴ、ダウンホーム・ブルースの名盤『Smokey Smothers/The Blackporch Blues』をじっくり聴いていたら、しばらくこの泥沼から抜け出せずにおりました。 ブルースといえば、スーパーギタリストが派手な”泣きのソロ”で大暴れするのも、そりゃあもちろん最高なんですが、ドップリとディープなバンド・サウンド..
posted by サウンズパル at 02:02

2018年02月06日

ザ・ベスト・オブ・リロイ・カー

6.jpgザ・ベスト・オブ・リロイ・カー (Pヴァイン) 今更ですが「ブルース」という言葉には「ひどく憂鬱な」とか「メランコリックな」とかいう意味があります。 アタシなんかはブルースが好きで、ほいでもって好きになったのが刺激が欲しい盛りの十代の頃だったもんですから、どうしても「イカレててカッコイイ音楽がブルースなんだ!ある意味でパンクよりパンクなんだ!」という気持ちで割と接してきました。 これはある意味において正しい。 しかし、ブルースにはどんなにタフで泥..
posted by サウンズパル at 19:28

2018年01月16日

スキップ・ジェイムス Complete Early Recordings

6.jpgSkip James/Complete Early Recordings (Yazoo) 1960年代のフォーク・ブルース・リヴァイバル。 この時戦前に録音を残し、その後消息を絶っていた伝説のブルースマン達が次々と”再発見”され、再び音楽シーンの表舞台で、多くの”生のブルース”を聴いたことのない聴衆に、多くの感動をもたらしました。 その中で、アメリカ白人の若者達に、一際人気だったのがミシシッピ・ジョン・ハートです。 この人の音楽は”ブルース”といって..
posted by サウンズパル at 19:33

2017年12月23日

チカソー

昨晩は名瀬屋仁川通りに程近い入舟町のバー『WOODNOTE』にて、アコースティック・クリスマス・ライヴに弾き語りで出演してきました。 といっても「クリスマス?ケッ」ぐらいの実に硬派で濃いメンツが集った、非常にディープで、10組出演した中で似通った音楽性の人達同士というのが全くいないという、色んなロックとロックンロールとブルースの狂乱の宴。えぇ、久々に深夜遅くまで楽しみましたよ〜。 「とりあえず歌え」というオファーを頂いた先週から、アタシは今回は全曲ブルースで行こう..
posted by サウンズパル at 14:36

2017年10月10日

スヌークス・イーグリン New Orleans Street Singer

1.jpg スヌークス・イーグリン/New Orleans Street Singer (Smithonian Folkways) 独特のリズム感でもってソロにカッティングにと自由自在な個性を輝かせる信じられないギター・テクニックと、のほんとした声(のほほんではない)でもって、聴く人の感情にしんみりと訴える”情”の歌声。そして、ブルースからR&B、ソウル、ファンク、ジャズ、カントリー、フラメンコまで、とにかく演奏できるものならどんな音楽でも片っ端から自分のスタイルに取り込んで..
posted by サウンズパル at 19:25

2017年09月22日

ライトニン・スリム ルースター・ブルース

1.jpg ライトニン・スリム/ルースター・ブルース (EXCELLO/ユニバーサル) ブルースといえばシカゴにテキサス、ミシシッピ。ちょいとツウなら「メンフィスはどうだ?」「いやいや、デトロイトも捨てがたい」といった感じで、楽しく語ったてるうちに地名が出てくるもんでございます。 そう、皆さんにはぜひお手元にあるなら(今ならネットがある)ぜひ、ブルースを聴きながら、そのブルースマンがどこの人かを地図で確認しながら聴いてみてほしいんです。 今からおよそ100年昔..
posted by サウンズパル at 19:28

2017年08月06日

マディ・ウォーターズ The Complete Plantation Recordings

1.jpg Muddy Waters/The Complete Plantation Recordings (Chess/MCA) 小説や漫画とかで、いわゆるスピンオフというやつですか。主人公達の物語が始まる前の世界を書いた作品というものがありますね。あぁ、この出来事が原作のあの場面に繋がっていくんだ。とか、主人公の師匠の若い頃はこんなだったんだ・・・とか。 そういう風に、どんな物語も「それ以前のストーリー」というものがございます。 それは音楽の世界でも同じで..
posted by サウンズパル at 18:38

2017年07月08日

ジミー・リード アイム・ジミー・リード

5.jpg ジミー・リード/アイム・ジミー・リード (VeeJay) みんな、うだるような暑さと湿気が絶好調な夏に聴きたいものといえばやっぱりレイジーでダウナーなブルースだよね♪ ・・・ん、かなりの数の「いや、それは違う」という声も聞こえたような気もしますが、気にしない、気のせいです。話をつづけましょう。 今日みなさんにご紹介するのは、ぜひとも扇風機の前でビールでもやりながらシャツのボタンを5つほど外してダラダラ聴いて頂きたいブルースの代表格、ジミー・リードで..
posted by サウンズパル at 12:01

2017年06月18日

ジョン・メイオール&ザ・ブルース・ブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン

4.jpg ジョン・メイオール&ザ・ブルース・ブレイカーズ・ウィズ・エリック・クラプトン (DREAM/ユニバーサル) 音楽を聴いて「いいなぁ」と思う理由は、もちろんそこで鳴っている音がカッコイイとか歌詞がいいとか、そういうのもありますが、もっと大事なのはその音楽を演奏している人達の音楽に対する深い愛を感じるから、というのがあります。 ロックという音楽は、1950年代のロックンロールに夢中になった白人青少年達が、更にそのルーツを掘り下げて、ブルースやR&B、カン..
posted by サウンズパル at 11:53

2017年05月17日

タジ・マハール Taji Mahal

5.jpg タジ・マハール/Taji Mahal (ソニー・ミュージック) さて「ブルース」といえば、今やポピュラー・ミュージックの中のひとつでありますが、一方でアフリカン・アメリカンが小さな頃から周囲の演奏を見聞きして覚え、それが自然と身に付いてゆく、或いはそれが自然と身に付く環境で生まれるものであります。 のっけからちょっと専門的な物言いですいません。えぇと、何が言いたいのかと言うと、ブルースって音楽は、ポピュラー音楽でありながら、人種のるつぼである比較的若..
posted by サウンズパル at 19:49

2017年05月14日

ケブ・モ ジャスト・ライク・ユー

4.jpg ケブ・モ/ジャスト・ライク・ユー (ソニー・ミュージック) ギターにすっかり夢中になっていた高校時代、友達の家で観てすっかりハマッた映画がありました。 皆さん「クロスロード」という映画、ご存知ですかね? ギター少年が、ふとしたことがきっかけで、かつてロバート・ジョンソンと一緒に演奏したこともあるブルースマン”ウィリー・ブラウン”と出会い「ロバート・ジョンソンの幻の曲を探しに行く」ほいでもってクライマックスではロバート・ジョンソンが魂..
posted by サウンズパル at 19:36

2017年05月08日

チャーリー・クリスチャン オリジナル・ギター・ヒーロー

4.jpg チャーリー・クリスチャン/オリジナル・ギター・ヒーロー (ソニー・ミュージック) 突然ですが皆さん、ジャズのギターって凄く難しいんですよ。 いや、そんなことはお前に言われなくてもわかっとる、ジャズに限らずギターは難しいんじゃい、ナメんなニワカが。という意見は重々承知しておりますが、例えばアタシのようにロックやブルースでギターに親しんだ人間にとっては、独特のコードやら、タダでさえ面倒臭い(失礼)ギター・ソロを、アドリブでしかもテクニナルに弾かなきゃならないジャ..
posted by サウンズパル at 21:26

2017年03月14日

ロニー・ジョンソン ステッピン・オン・ザ・ブルース

5.jpg ロニー・ジョンソン/ステッピン・オン・ザ・ブルース (ソニー・ミュージック) ブルースの世界では「上手い」というよりは他の人にはないワン&オンリーの味があるとか、勢い一発で凄まじい破壊力とか、アンプを改造しまくってありえない歪み方した音で弾いてるとか、とかくそういう「突破してナンボ」みたいな考えがあって、単純に技術的な意味で「上手い」という人よりも好まれる傾向がありまして、アタシもどっちかというと、誰それが上手いとかそういう話よりも 「あはは、このギター..
posted by サウンズパル at 22:41

2017年03月12日

ビッグ・ビル・ブルーンジィ ビッグ・ビルズ・ブルース

4.jpg ビッグ・ビル・ブルーンジィ/ビッグ・ビルズ・ブルース (ソニー・ミュージック) ソニーがリリースした、¥1080のグレイトな企画「ギター・レジェンド・シリーズ」から、本日もお届けしております。 さてみなさん、いよいよお待ちかね、シカゴ・ブルースの大物中の大物、落語でいえば真打の師匠の師匠ぐらいの凄い人の登場でございます。 はい、ビッグ・ビル・ブルーンジィですよ〜!!!!! 887.jpg え・・・? 今ちょっとモニターの向こうから、ブルース..
posted by サウンズパル at 20:19

2017年03月03日

ブッカ・ホワイト パーチマン・ファーム

4.jpg ブッカ・ホワイト/パーチマン・ファーム (ソニー・ミュージック) 皆さんこんばんは、本日もソニー・ミュージックによります気の狂った¥1080で古今の素晴らしいギター・ミュージックを聴こう!という最高の再発企画「ギター・レジェンド・シリーズ」からのセレクトでお送りいたします。 昨日はサン・ハウスの戦後録音ながらこれはもう弾き語りブルースの作品としては恐らく歴史上5指に入るであろう名盤であります「ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース」を紹介しました。 ..
posted by サウンズパル at 22:32

2017年03月02日

サン・ハウス ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース

5.jpg サン・ハウス/ファーザー・オブ・ザ・フォーク・ブルース (ソニー・ミュージック) とにかくもうジャケットが素晴らしくありませんか? 白いシャツに紐ネクタイをキッチリ占めた老ブルースマンが、ナショナル・スティール・ボディ・ギターを構え、歳月が深く刻まれた皺だらけの顔と尋常ならざる深い目付きで真っ直ぐに前を見据えている。あぁ、これがブルース。 いや、これがブルースのレコードのジャケットじゃなかったら、一体何をブルースだと言えばよろしいのかと・・・。 ..
posted by サウンズパル at 21:49

2017年03月01日

V.A./スライドギター

4.jpg V.A./スライドギター (ソニー・ミュージック) 皆様お久しぶりでございます。 ちょっと体調を崩しているうちに、まぁ世の中というのは凄まじいスピードで動いておりますようで、ボーっとした重たい頭を抱えつつ、ツイッターなぞ見ながら養生しておった訳ですが、その中で看過できないある情報を目撃して「うぉう!!」となりました。 えぇと、ソニーがですね「ギター・レジェンド・シリーズ」と題しまして、ロックからジャズ、ブルースの、特にギターがカッコイイ名盤を、税込みで..
posted by サウンズパル at 19:13

2017年01月31日

ライトニン・ホプキンス ニュー・ヨーク・ブギ~シッティン・イン・ウィズ/ジャックス・レコーディングス 1951-1952

887.jpg ライトニン・ホプキンス ニュー・ヨーク・ブギ~シッティン・イン・ウィズ/ジャックス・レコーディングス 1951-1952 (Pヴァイン) 1月30日はライトニン・ホプキンスの命日! ということで、このどうしようもなくディープでダーティでデロデロでブギウギでドロドロの”永遠の不良ブルース親父”はたまた”ブルースの権化”なライトニン・ホプキンスのCDを今日は1日中カーステにぶっこんで、そのどうしようもなく(略)なブルースに心地良く浸っておりました。 ..
posted by サウンズパル at 18:14

2016年11月28日

サニーボーイ・ウィリアムスン ダウン・アンド・アウト・ブルース

5.jpg サニーボーイ・ウィリアムスン/ダウン・アンド・アウト・ブルース (Chess/ユニバーサル) ”有名アーティストの名前を勝手に名乗って活動してたら、気が付けばオリジナルよりも有名になっちゃってた” といえばサニーボーイ・ウィリアムスン(U世)。 え?ニセモノだって?とんでもない、語り口調のような軽妙なハープに、同じく軽妙だけどしみじみと唄わせれば何とも味のあるやや濃い口のヴォーカルに、戦後シカゴブルース一流のバンドを率いて、R&B調の曲だってトッポ..
posted by サウンズパル at 18:47

2016年09月05日

サリフ・ケイタ ソロ

4.jpg サリフ・ケイタ/ソロ (ライス・レコード) 「アフリカ」といえばすぐにパッと思い浮かぶ音楽として、サリフ・ケイタの音楽があります。 カラッとした賑やかなファンク系ビートに、よく通る、しかしどこかその奥底には無限の説得力やカリスマな風格のある声が、最高に心地良いポイントで混ざり合ったそれは一言で「魂の音楽」と言ってもクサくはならんでしょう。 最初にサリフ・ケイタを聴いたのは、丁度22歳ぐらいの時。 70年代のアメリカのBLACK JAZZやSTRA..
posted by サウンズパル at 18:46

2016年08月30日

マディ・ウォーターズ シングス・ビッグ・ビル

4.jpg マディ・ウォーターズ/シングス・ビッグ・ビル (Chess/ユニバーサル) マディ・ウォーターズといえば、戦後シカゴ・・・いや、もうブルース全体を代表する、揺ぎ無いビッグ・ネーム中のビッグ・ネームですが、意外なことにこの人は初レコーディング(商業用の)が1946年で33歳の遅咲きです。 伝記によると、故郷ミシシッピで若い頃からボトルネックのスライドギターを片手にブルースを唄い、地元ではそこそこ知られた存在ではあったようなのですが、この頃のスタイルはまだ完..
posted by サウンズパル at 19:30

2016年07月10日

レジェンド・オブ・T・レックス

1.1.jpg レジェンド・オブ・T・レックス 筋肉少女帯に「サーカス団パノラマ島へ帰る」という名盤がありますが、この中の「電波Boogie」という曲でマーク・ボランという人の名前を知りました。 マーーーーーク・ボランの言うことにゃ! アリゾナ砂漠に住むピエロッ! でっかいとーーーぉ(塔)のその上で せっかいを!こっわせと!電波を送るよ!! という歌詞が非常にセンセーショナルだったんですね。 何というか「マーク・ボランって人はどんだけイカレてるん..
posted by サウンズパル at 11:26

2016年06月27日

俺と悪魔のブルーズ5巻

何と!!!!!!! ブルース好きを唸らせる、あのロバート・ジョンソンのことが見事な描写と精密な時代考証でリアルに描かれている傑作漫画 「俺と悪魔のブルーズ」 が、 何と何と・・・・・ 8年ぶりに連載を再開しました!!!!! すげぇ!! 待ちに待った最新刊(第5巻)ですよ。。。 昨日ツイッターで教えて頂きました。 スイミーさんありがとうございます。。。。 『音のソムリエ 高良俊礼の音..
posted by サウンズパル at 19:07

2016年05月21日

ブルース入門編 〜初心者のための優しいブルース講座〜

「お〜いぇ〜♪ わうわ〜♪」 「ヘイ大将、朝からゴキゲンだねぇ〜」 「おぉう、ゴッキゲンよ。ひゅぅ〜♪」 「今、流れてるのはブルースだよね。このグラサンのおっさん渋いなぁ〜」 「このオッサンはライトニン・ホプキンスだぜぇ、俺は”ブルース”つったら真っ先にこのオッサンが思い浮かぶんだよなぁ・・・」 「うん、歌もギターもどっから聴いてもブルースだぁね。でもそれ以上に見た目が!(笑)」 「そうそう、どっから見てもブルースマン以外の何者でも..
posted by サウンズパル at 18:40

2016年05月04日

エド・ベル マムリッシュ・ブルース

5.jpg エド・ベル/マムリッシュ・ブルース (Pヴァイン) 音楽っていうのは、ある程度自分が得た知識があって、それを元にして好きなミュージシャンだったりバンドだったりの音を求めるもんでございます。 しかし、本当に「わぁ、音楽っていいもんだな〜」ってなるのはそこからで、それまで全然知らなかった人だったり音だったり、聴いたこともないジャンルの音楽に出会うと、一気に世界が広がるし、それまで自分が好きで聴いていたジャンルの音楽にも、ひときわ愛着が沸く、というか、音楽っていう..
posted by サウンズパル at 15:45

2016年03月25日

ケイシー・ビル・ウォルデン&ココモ・アーノルド ボトルネック・ギター・トレンドセッターズ・オブ・ザ・1930's

1.1.jpg ケイシー・ビル・ウォルデン&ココモ・アーノルド/ボトルネック・ギター・トレンドセッターズ・オブ・ザ・1930's (Yazoo/エアー・メイル・レコーディングス) ブルースの醍醐味のひとつに、スライドギターを聴く楽しみというのがありますね。 スライドというのは文字通り”滑らせる奏法”です。 弦を押さえる左手の指に「ボトルネック」と呼ばれるガラス瓶や金属製のパイプのようなものをはめて行うのが一般的ですが、ハワイアンスティールギターのようにギターを仰向..
posted by サウンズパル at 21:06

2015年12月15日

ハウリン・ウルフ リアル・フォーク・ブルース

4.jpg ハウリン・ウルフ/リアル・フォーク・ブルース (Chess/ユニバーサル) ジャケット全体にデカデカと乗っかったハウリン・ウルフ親分が大口開けて「ガッハッハ!」と笑うこのジャケット。 いや、イイです。実にイイ。 「いい男のいい顔」っていうのは、多分こんな顔のことを言うんじゃなかろうかと思います。 中身の方もジャケットに負けず、すっごくゴキゲン♪ ウルフ親分といえば、大御所と言われようが何と言われようが、デビュー当時から全っ然変わらな..
posted by サウンズパル at 19:36

2015年10月05日

エタ・ジェイムス アット・ラスト

1.1.jpg エタ・ジェイムス/アット・ラスト (Cadet/ユニバーサル) やっぱり何といっても元祖”ディーヴァ”といえばエタ・ジェイムスだと思います。 あぁ、いきなりですいません。 アタシはブルース経由でソウルを知りました。 「戦前ブルースしか聴けない病」を、耳に「ブルースなら何でも」の絨毯爆撃で克服し、ライトニン・ホプキンスとかエルモア・ジェイムスとかもちくしょーカッコイイなー!と思ってたある日 「そういえば女のブルース・シンガーでカッコイ..
posted by サウンズパル at 19:07

2015年09月28日

フレディ・キング 1937-1976

1.1.jpg フレディ・キング 1937-1976 (RSO/ユニバーサル) 初期フレディ・キングの音源を聴いていたら、何だか気分がアガッてきたので、今日は70年代”ファンクなフレディ”を会社車でガンガン流しながらノリノリでした。 このアルバムは、1976年、42歳で亡くなったフレディ・キングのラスト・アルバムであります。 元々は普通にスタジオ・アルバムとしてリリースするために、74年からレコーディングが進められていたのですが、フレディの急激な体調の悪化と共に、遂に..
posted by サウンズパル at 19:04

2015年09月24日

ビッグ・ビル・ブルーンジィ ファーザー・オブ・ザ・シカゴ・ブルース・ギター

1.1.jpg ビッグ・ビル・ブルーンジィ/ファーザー・オブ・ザ・シカゴ・ブルース・ギター (Pヴァイン) 戦前ブルースを聴いていると必ず「1本のギターなのに2本鳴ってるように聞こえる」 という不思議体験をします。 アタシの場合は最初にロバート・ジョンソンを聴いたとき 「コレは絶対ベース音担当のサイドギターがいるに違いない!にしてもすごいではないか、完全にロバートと息がピッタリだ!!」 という、お決まりのパターンにハマり(^^; あとでライナノーツを見て、..
posted by サウンズパル at 19:07

2015年09月17日

ブラインド・ウィリー・ジョンソン Dark Was The Night

1.1.jpg Blind Willie Johnson/Dark Was The Night (Sony) 「音楽を聴いて感動する」 という、言葉そのものは実にシンプルなんですが、アタシはこのシンプルな言葉の持っている深い意味というものを突き詰めて考えることがあります。 というのも「感動」には深度があって、そのもっとも深い部分には 「カッコイイ」 「良かった」 とかいう表面にある感慨を突き破って、いきなり心の中心部を撃ち抜かれる、或いは激しく揺さぶ..
posted by サウンズパル at 19:18

2015年09月13日

フレッド・マクダウェル Mississippi Fred Mcdowell

1.jpg Mississippi Fred Mcdowell (Rounder) その昔、アタシが十代の頃の名瀬の街には、まだちゃんとしたライヴハウスもなくて、それこそ「演奏させてもらえるんならどこでもお願いします!」みたいな感じで音楽やるしかなかったんです。 その頃は今みたいに平和じゃなかったもんですから 少々ガラの悪い場所や、少々ガラの悪い人たちの前で演奏せざるを得ないとかいうことがままありました。 そんなところにアタシみたいな小僧がギターなんか..
posted by サウンズパル at 19:27

2015年08月26日

特攻の拓〜Early Days〜

えぇと、奄美は本日からお盆です。 こちらのお盆は一部の地域を除いて旧暦に合わせて行われますので、本日からなのです。 奄美のお盆はとにかく「忙しい!!」(汗) ウチは特に忙しいので本日からウルトラハードモード突入、ブログの更新もちょいとお休み・・・せざるを得ないかも知れませんので今日は小ネタで。 皆さんはこの漫画、知ってますでしょうか? 10045094807_s.jpg はい、1990年から週間少年マガジンで連載されていた伝説のヤンキー漫画 『疾風伝説 特攻の..
posted by サウンズパル at 17:59

2015年06月30日

RCAブルースの古典

1.1.jpg RCAブルースの古典〜THE BLUES:1927-1946 (RCA/アリオラ・ジャパン) なまじっか知識があったり、ある分野の音楽に詳しくなってしまうと、あれやこれやと理屈を並べて「この音楽はイイですよ〜」と、まぁ職業柄でもありますが、つい熱弁してしまうのです。 それでもねー、なかなか相手にはこうとキッチリ伝わらんのですよ。 これはまぁ人の好みはそれぞれっちゅうことと、アタシの言葉の説得力とか説明の分かりやすさとかそういうもんがないと、ハイ、反..
posted by サウンズパル at 19:09

2015年06月23日

ドロップ・ダウン・ママ+3

1.1.jpg ドロップ・ダウン・ママ+3 (Chesss/ユニバーサル) 戦後シカゴ・ブルースのマスターピースにして、チェス・レコードがブルースの歴史に大きくそのタイトルを刻み込んだ最っ高のオムニバス盤!と言っても言い過ぎではありますまい。 チェスといえばマディやウルフ、それにボ・ディドリーにリトル・ウォルター、チャック・ベリーなどなど、とにかく「音楽の歴史を変えた」クラスのビッグネームが揃っており、まぁそれだけでもチェスの功績はすんばらしいものなんではありますが、こ..
posted by サウンズパル at 19:26

2015年05月28日

ロバート・ジョンソン キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズVol.2

1.1.jpg ロバート・ジョンソン キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ Vol.2 (Columbia/ソニー) 「ロバート・ジョンソン聴くんなら、レコード時代のオリジナルで聴こうぜ企画」(←勝手に命名)第二弾でございます。 まずはアタシの体験からお話しますね。 アタシが高校生の時分にですね 「あの伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンの写真が見付かった!」 「未発表も含む全29曲が何と2枚組のボックスでリリースされる!」 と..
posted by サウンズパル at 19:15

2015年05月26日

ロバート・ジョンソン キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ

1.1.jpg ロバート・ジョンソン キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ (Columbia/ソニー) あぁ、何ということでしょう・・・。 おぉ、何ということでしょう・・・。 これはもう「私としたことが」です。 何がってアナタ、これまで散々ブルースのこと書いてきて、ロバート・ジョンソンの名前をあちこちで出しておりながら、肝心のロバート・ジョンソンの作品についてはレビューしてなかったということですよ つまりはアレです、アタシの中で「ロバー..
posted by サウンズパル at 19:06

2015年04月21日

サン・ハウス/チャーリー・パットン 伝説のデルタ・ブルース・セッション1930

1.1.jpg サン・ハウス/チャーリー・パットン 伝説のデルタ・ブルース・セッション1930 (Pヴァイン) 【収録曲(アーティスト)】 1.All Night Long Blues (ルイーズ・ジョンスン) 2.Long Ways From Home (ルイーズ・ジョンスン) 3.My Black Mama (Part1) (サン・ハウス) 4.My Black Mama (Part2) (サン・ハウス) 5.Preachin' The..
posted by サウンズパル at 18:53

2015年03月17日

俺と悪魔のブルーズ

『俺と悪魔のブルーズ』(1)〜(4)平本アキラ著 伝説のブルースマン、ロバート・ジョンソンをモデルにした漫画があったなんて(!)コレを読んだ時は衝撃を受けました。 主人公は”RJ”は、アメリカ南部ミシシッピに住む青年。 ブルースマン(サン・ハウス)に憧れ、彼らの前で演奏するも「ヘタクソ」と馬鹿にされる。そしてスーツ姿の”悪魔”と出会い。。。 ロバート・ジョンソンの人生と”伝説”、そしてフィクション(実在のギャング、クライド・バーロウ..
posted by サウンズパル at 19:18

2015年02月14日

ヘンリー・トーマス コンプリート・レコーディングス

1.jpg ヘンリー・トーマス コンプリート・レコーディングス (Pヴァイン) 【収録曲】 1.John Henry 2.Cottonfield Blues 3.Arkansas 4.The Fox And The Hounds 5.The Little Red Caboose 6.Bob McKinney 7.Red River Blues 8.Honey, Won't You Allow Me One More Chance? 9.Run, Moll..
posted by サウンズパル at 15:38

2015年01月10日

レンベーティカ(レンベーティコ)

1.jpg Rembetika:レンベーティカ (ライス・レコード) 【収録曲/収録曲】 1.ダルウィーシュとリタ(リタ・アバジ&ディミトリス・アトライディス) 2.わが魂よ、肉体から出でよ(ローザ・エスケナージ) 3.国を去るなら(コスタス・カリーピス) 4.ハリクラーキ(ローザ・エスケナージ) 5.エスクタリ[ユスキュダル](ヴァージニア・マンギドゥ) 6.アラピ・ガゼル・ウシャック(ローザ・エスケナージ) 7.女たち(..
posted by サウンズパル at 17:50

2015年01月07日

R.L.Burnside First Recordings

2.jpg R.L.Burnside First Recordings (Fatpossum) 【収録曲】 1.Just Like A Bird Without A Feather 2.Goin' Down South 3.Come On In 4.Little Babe 5.Rollin' And Tumblin' 6.Jumper On The Line 7.Skinny Woman 8.Poor..
posted by サウンズパル at 17:58

2015年01月07日

オーティス・ラッシュ アイ・キャント・クィット・ユー・ベイビー~コンプリート・コブラ・セッション

2.jpg オーティス・ラッシュ アイ・キャント・クィット・ユー・ベイビー~コンプリート・コブラ・セッション1956〜58 (Cobra/Pヴァイン) 【収録曲】 1.I Can’t Quit You Baby 2.Sit Down Baby 3.Violent Love 4.My Love Will Never Die 5.Groaning The Blues 6.If You Were Mine 7.Love That Woman..
posted by サウンズパル at 16:37

2015年01月04日

サニーボーイ・ウィリアムスン リアル・フォーク・ブルース

1.jpg サニーボーイ・ウィリアムスン リアル・フォーク・ブルース (Chess/ユニバーサル) 1.ワン・ウェイ・アウト 2.トゥー・ヤング・トゥ・ダイ 3.トラスト・マイ・ベイビー 4.チェッキン・アップ・オン・マイ・ベイビー 5.イッツ・サッド・トゥ・ビー・アローン 6.ガット・トゥ・ムーヴ 7.ブリング・イット・オン・ホーム 8.ダウン・チャイルド 9.ピーチ・ツリー..
posted by サウンズパル at 16:25

2014年12月31日

ロバート・ジュニア・ロックウッド ステディ・ローリン・マン

1.jpg ロバート・ジュニア・ロックウッド ステディ・ローリン・マン (Delmark/Pヴァイン) 【収録曲】 1.Take A Walk With Me 2.Steady Rollin' Man 3.Western Horizon 4.Steady Groove 5.Mean Red Spider 6.Lockwood's Boogie 7.Rambling On My Mind 8.Blues And Trouble 9.Worst Old..
posted by サウンズパル at 13:44

2014年12月06日

クリフトン・シェニエ バイユー・ブルース

1.jpg CLIFTON CHENIER BAYOU BLUES (Speciality) 1.Boppin' the Rock 2.Things I Did for You, The 3.Yesterday 4.Clifton's Squeeze-Box Boogie 5.I'm on My Way (Pt.1) 6.Eh, Petite Fille 7.All Night Long 8.Opelousas Hop 9...
posted by サウンズパル at 17:52

2014年12月05日

ハウンドドッグ・テイラー ビウェアー・オブ・ザ・ドッグ~ライヴ

3.jpg ハウンドドッグ・テイラー&ザ・ハウスロッカーズ ビウェアー・オブ・ザ・ドッグ~ライヴ (Pヴァイン) 【収録曲】 1.Give Me Back My Wig 2.The Sun Is Shining 3.Kitchen Sink Boogie 4.Dust My Broom 5.Comin’ Around The Mountain 6.Let’s Get Funky 7.Rock Me 8.It’s Allright 9.Fr..
posted by サウンズパル at 17:51

2014年12月04日

サム・コリンズ ザ・コンプリート・レコーディングス [初回限定盤]

1.jpg サム・コリンズ コンプリート・レコーディングス (Pヴァイン) 【収録曲】 1.The Jail House Blues 2.Devil In The Lion's Den 3.Yellow Dog Blues 4.Loving Lady Blues 5.Riverside Blues 6.Dark Cloudy Blues 7.Hesitation Blues 8.Pork Chop Blues 9.Midnight Special Blu..
posted by サウンズパル at 16:08

2014年11月19日

ハウリン・ウルフ モーニン・イン・ザ・ムーンライト

1.jpg ハウリン・ウルフ モーニン・イン・ザ・ムーンライト(2in1) (Chess) (アルバム”モーニン・イン・ザ・ムーンライト”より) 1.モーニン・アット・ミッドナイト 2.ハウ・メニー・モア・イヤーズ 3.スモークスタック・ライトニン 4.ベイビー・ハウ・ロング 5.ノー・プレイス・トゥ・ゴー 6.オール・ナイト・ブギー 7.イーヴル 8.アイム・リーヴィン・ユー 9.モーニン・フォー・マイ・ベイビー ..
posted by サウンズパル at 18:07

2014年11月07日

チャーリー・パットン コンプリート・レコーディングス

1.jpg チャーリー・パットン コンプリート・レコーディングス(3CD) (Pヴァイン) *スペースの都合上、曲目リストは省略します* さて、「デルタ・ブルースの創始者」チャーリー・パットンなんですが、先に紹介したベストには、典型的なデルタ・スタイルの曲ばかりが厳選して詰め込まれているんですが、彼の本当の魅力は、戦前のブルースマンらしく「様々なスタイルの楽曲」を演奏しているところにもあります。 実は、旅で行く先々では、暗く重いブルースよりも、もっと軽快で..
posted by サウンズパル at 02:14

2014年11月07日

サン・ハウス オリジナル・デルタ・ブルース

1.jpg サン・ハウス オリジナル・デルタ・ブルース (Sony) 【収録曲】 1.Death Letter 2.Pearline 3.Louise McGhee 4.John the Revelator 5.Empire State Express 6.Preachin' Blues 7.Grinnin' in Your Face 8.Sundown 9.Levee Camp Moan 10.Pony Blues ..
posted by サウンズパル at 01:04

2014年10月29日

ベスト・オブ・サニーボーイ・ウィリアムスン

348.jpg ベスト・オブ・サニー・ボーイ・ウィリアムスン (Chess) 【収録曲】 1.グッド・イヴニング・エブリボディ 2.ドント・スタート・ミー・トーキン 3.オール・マイ・ラヴ・イン・ヴェイン 4.キープ・イット・トゥ・ユアセルフ 5.ファテニング・フロッグス・フォー・スネイクス 6.アイ・ドンド・ノウ 7.クロス・マイ・ハート 8.ボーン・ブラインド 9.ナインティ・ナイン 10.ユア・フーネラル・マイ・ト..
posted by サウンズパル at 17:03

2014年10月20日

Hard Times Come Again No More Vol.1

元々「アコースティックな音が好き」というのもあったでしょうが、私はボブ・ディランのカッコ良さに目覚めて以来、フォークやカントリー、ブルースといったアメリカン・ルーツ・ミュージックを求めて聴くようになりました。 まだインターネットがない時代でしたので、カントリーとかブルースとかの情報を仕入れるのも一苦労でした。とりあえず音楽雑誌に目を通して、ちょっとでも手掛かりになりそうな記事を見つけては食い入るように読む、というのが私の”勉強”でありました。 で、ボブ・ディラン。..
posted by サウンズパル at 17:49

2014年10月14日

エルモア・ジェイムス ザ・クラシック・アーリー・レコーディングス1951-1957!

はい、そんなわけで戦後エレキ・スライドのパイオニア、「ブルースでスライドをやる!」と言ったらこの人を聴かないで何を聴くの。ぐらいの超大物中の大物でありますエルモア・ジェイムス。 ブルースって、とっても範囲が広い音楽(地理的にもスタイル的にも)なので、例えば「戦後シカゴ・ブルースの王マディ・ウォーターズ」とか「ミシシッピ・デルタ・ブルースのサン・ハウス」とかそういうカテゴリの枕詞が付く人多いんですが、エルモアの場合は、そういったカテゴリから完全に独立している。 いや..
posted by サウンズパル at 15:14

2014年10月01日

ロニー・ジョンソン スウィング・アウト・リズム

114.jpg ロニー・ジョンソン スウィング・アウト・リズム (Pヴァイン) 【収録曲】 1.Stompin' Em Along Slow 2.Sweet Woman You Can't Go Wrong 3.A Worried Woman Blues/Lonnie Johnson with Helen Humes 4.Woke Up With The Blues In My Fingers 5.Hotter Than Th..
posted by サウンズパル at 15:37