2017年11月08日

スティーヴ・キューン・トリオ スリー・ウェイヴス

6.jpg スティーヴ・キューン・トリオ/スリー・ウェイヴス (Contact/Solid) さて、本日は良い感じに秋の雨がしとしとと降っておりますので、引き続き”アタシの大好きな美しいジャズ・ピアノ”をご紹介致します。 あのですね、えっとですね、アタシには「雨の日はこの人を聴くぞ!」というピアニストがおりまして、それがスティーヴ・キューンという人なんですね。 コノ人との最初の出会いは、ECMというドイツのレーベルに興味を持ったことから始まります。 この..
posted by サウンズパル at 19:35

2017年10月17日

ベニー・ゴルソン グルーヴィン・ウィズ・ゴルソン

1.jpg ベニー・ゴルソン/グルーヴィン・ウィズ・ゴルソン (Prestige/ユニバーサル) え〜、世の中には「ジャズが好き」という方が結構いらっしゃいます。 で、そういう人達というのは、ほとんどが大人になってから 「何か家で落ち着いて聴ける音楽がいいなと思ってたらジャズが良かったんだよね」 と、何となくジャズの”イイネ”に気付いた方がほとんどです。 これはとっても素晴らしいことだと思うんですよね。 若い頃は流行の音楽を夢中で追っかけたり、刺..
posted by サウンズパル at 19:24

2017年03月20日

キース・ジャレット 生と死の幻想

887.jpg 「綺麗」と「美しい」の違いとは何か? 尋ねられるとつぶさには答えられないので、じっくりと考えてみました。 すると思うに「綺麗」というのは、主に視覚や聴覚に鮮やかに飛び込んでくる、その瞬間的な何かのことで「美しい」というのは、視覚や聴覚にありのまま飛び込んできた情報に止まらず、それによって何かしらの想像の力が働く、端的に言えばそこからストーリーが導き出されるものの事全般を指すのではないかと思います。 いやもっとシンプルに「美しい」というものは「綺麗..
posted by サウンズパル at 21:53

2017年02月01日

CAN モンスター・ムービー

5.jpg CAN/モンスター・ムービー つい先日ツイッターで「1969年の音楽でオススメないですか?」と、アタシにナイスな質問がありました。 質問してくれたのは、学生時代はもうサウンズパルの大常連で、今は東京でクウチュウ戦というイカシたプログレッシヴ変態ロックバンドをやっている西平由美子君だったのですが、これの質問でアタシの中で、何かこう「ビビビ!」とクるものがあったんです。 いや、だってほれ、1969年ですよ「ロックな年」の語呂合わせでおなじみで、実際に..
posted by サウンズパル at 21:29

2016年10月05日

キース・ジャレット ケルン・コンサート

4.jpg キース・ジャレット/ケルン・コンサート (ECM/ユニバーサル) 「キース・ジャレットのピアノは、ジャズなのにあんまジャズっぽくないところがいいんですよ」 と言ったら怒られそうですが、敢えてそう言いたいです。 色んな音楽が好きで、ジャズは特に好き。なんですが、それでも一人のミュージシャンに「ジャズらしく」なんて言うつもりは全然なくて、むしろどんな表現スタンスであっても「他の人と違うもの」を聴かせてくれる人が好きなんですよね。 つまりジャズ..
posted by サウンズパル at 21:18

2016年01月12日

アルヴォ・ペルト Alina

1.jpg Arvo part/Alina (ECM) 「沈黙する詩人」と呼ばれる北欧エストニア出身の現代音楽の作曲家、アルヴォ・ペルト。 そのペルトが1995年にレコーディングしたアルバム「アリーナ」は、アタシが今まで聴いてきたクラシック音楽の中で最も静かな衝撃を与えた作品です。 この作品とアルヴォ・ペルトを知ったきっかけというのは、何と言っても「ECMからリリースされているクラシックのしかも新作」というのと「現代音楽の知らないけど何か良さそうなやつっぽい」..
posted by サウンズパル at 19:16

2015年12月16日

ゴンザレス ソロ・ピアノ

4.jpg ゴンザレス/ソロ・ピアノ (BEAT RECORDS/SARL GENTLE THREAT) 寒くなってきました、アタシの「感傷アンテナ」も、北風と西風がごうごうと吹きすさび、体感気温は余裕で10℃を下回ってる感じのここ奄美でもビンビンでございます。 冷たい外気や重たい空の色、風に吹きさらしの葉を落とした樹々たち、荒れ狂う海・・・。 そんなものにぼんやりと意識をゆだねておりましたら、柄にもなく「耽美」とかいう言葉が心の中に浮かんできました。 耽美..
posted by サウンズパル at 19:10

2015年11月14日

マイルス・デイヴィス ディレクションズ

1.jpg マイルス・デイヴィス/ディレクションズ (Columbia/ソニー) え〜、ここへきて頭の中に「ドルフィーを聴きなさい」という啓示と「マイルスを聴きなさい」という啓示が降りてきて(笑)アタシすっかりドルフィーとマイルス”三昧”の日々を過ごしております。 で、今日は「マイルスの日」。 アタシの「マイルス・キャリア」(と、言っていいんだべか)は「コルトレーンが参加してるマイルスを集めよう!」というところから始まっております。 だからマイルスに関しては..
posted by サウンズパル at 17:36

2015年10月13日

イレーネ・シュヴァイツアー&マニ・ノイマイヤー ヨーロピアン・マスターズ・オブ・インプロヴィゼイション

1.1.jpg イレーネ・シュヴァイツアー&マニ・ノイマイヤー/ヨーロピアン・マスターズ・オブ・インプロヴィゼイション (キャプテン・トリップ) 「即興演奏」 という言葉を聞かせれば世間様のイメージは @メッチャクチャな音をキレッキレ全開でやっちまってる Aよくわからんことを、何やら頭の良さそうな人達が深刻な顔でやっている と、大体この2つに集約されると思います。 はい、はい、そうですね。世間様のイメージ・・・大体合ってます。 事実..
posted by サウンズパル at 19:03

2014年12月27日

アヌアル・ブラヒム Le Pas Du Chat Noir (黒猫の歩み)

1.jpg Anouar Brahem Le Pas Du Chat Noir (黒猫の歩み) (ECM) 【パーソネル】 Anouar Brahem(oud) Francois Couturier(p) Jean-Louis Matinier(acc) 【収録曲】 1.Le Pas Du Chat Noir 2.De Tout Ton Coeur 3.Leila Au Pays Du Carrousel 4.Pique-Nique ..
posted by サウンズパル at 17:27