2019年01月13日

キャリー・ベルズ・ブルース・ハープ

625.jpg Carey Bell's Blues harp (Delmark) 前回の更新からちょいと日が経ってしまいましたが、本日もブルース界を代表するハーモニカ名手の一人でありますキャリー・ベルをご紹介します。 さてさて、この人は同じくシカゴを根城に活躍したジュニア・ウェルズやジェイムス・コットンといった、これはもうブルース好きなら誰もが知るビッグネーム達とは同年代であり、しかもプロとして活動を始めた年齢は、もしかしたらこの3人の中では最も早い。何しろ故郷ミシシ..
posted by サウンズパル at 00:00

2019年01月06日

キャリー・ベル ディープ・ダウン

625.jpg キャリー・ベル/ディープ・ダウン (Alligator) 前回ご紹介した、ブルースハープ・オールスターズによる最高にゴキゲンなお祭りアルバム『ハープ・アタック!』に参加している中で、とりわけ絶好調なプレイで頭の悪い高校生だった頃のアタシを沸かせてくれたいなせなハーモニカ野郎、キャリー・ベルについて、あれあれ?このブログでまだ書いてなかったよ、おっさんになっても頭悪いなぁ俺。と、昨晩死ぬほど反省しました。 ですので今日はキャリー・ベル。もうね、この..
posted by サウンズパル at 15:14

2019年01月05日

ハープ・アタック!

625.jpg James Cotton,Junior Wells,Carey Bell,Billy Branch/Harp Attack! (Alligator) 皆さんあけましておめでとうございます。 昨年もこのブログを読んで頂いていらっしゃる方々から暖かい言葉をたくさんかけて頂きまして、本当にありがとうございます。 ツイッター(@soundspalamami)では、このブログの過去記事をbot登録(ってヤツでいいんですかい?)して流しておりますが、その記..
posted by サウンズパル at 18:47

2017年03月18日

ジェイムス・コットン 100%コットン

887.jpg ジェイムス・コットン/100%コットン (BUDDAH/Pヴァイン) モダン・ブルースといえば、ドス黒いサウンドを効かせたバンドの中で時にパワフルに、時にファンキーに響くブルース・ハープがオツなものであります。 昨日は、色んな思い出を巡らせながらジェイムス・コットンの「100%コットン」を聴いておりました。 言うまでもなくブルースハープの最高にカッコイイ名盤のひとつであり、70年代、ファンクに最も接近し、そして最も劇的な音楽的成功を納めた一枚。 ..
posted by サウンズパル at 16:50