2020年08月09日

ジョン・リー・フッカー Don't Turn Me From Your Door

51SFgNVViFL._A.jpg Jhon Lee Hooker/Don't Turn Me From Your Door (ATCO) うむむ、むむむ・・・と体調がよろしくありません。 毎年夏はあちこち弱るから、まぁいいかと思っておりましたが、この10日程頭痛が酷くてパソコンに向かうと吐き気までしてくるという状況だったので、しばらくブログお休みしておりました。せっかくの大コルトレーン祭だし、8月になってコルトレーン以外のアルバムの紹介もガンガンやるぞー!と思っていた矢先にとんだ夏バ..
posted by サウンズパル at 00:14

2020年02月29日

ザ・クール・サウンド・オブ・アルバート・コリンズ

51SFgNVViFL._A.jpg ザ・クール・サウンド・オブ・アルバート・コリンズ (TCF HALL/オールディーズ) 10代の頃にそのライヴ映像をビデオで観てぶったまげた、というよりもやってる音楽はまぁコレが渋いブルースって言うんだろうなーとかぼんやりと思いながらではあったんですが、10フレットだか12フレットだかとにかくありえない位置にカポタストはめたギターで、カッティングは一切せずに引くにはソロと歌の途中の単音弾きだけ。 で、演奏のクライマックスの時に長ーい長ーいシールド(ギター..
posted by サウンズパル at 22:59

2019年06月11日

ホップ・ウィルソン スティール・ギター・フラッシュ!

o0480085410959467616.jpg Hop Wilson/Steel Guitar Flash! (Ace) 大体アタシは珍しいもの好きなので「変わった楽器を使うアーティスト」というものに惹かれます。 ブルースや、古いアメリカン・ルーツ・ミュージックが好きになったきっかけというのも、たまたまテレビで観たカントリー・フェスティバルに出ていた人達が、バンジョーとかマンドリンとか、そういうロックとか現代の音楽ではまず見たこともないような楽器を持って楽しく演奏している姿に衝撃を受けたからであり..
posted by サウンズパル at 23:19

2018年11月22日

R.L.バーンサイド トゥー・バッド・ジム

625.jpg R.L.Burnside/Too Bad Jim (Fatpossum) ブルースが大好きで、もうかれこれ30年近くこの音楽に「くー!」とか「うわ〜!」とか言いながら歳を取る毎にドロドロにハマッているんですが、その出会いを思い返してみました。 そもそもの始まりは頭の悪い中学生時代、パンクロックに目覚めて、パンク関係のアルバムをちょこちょこと買っていたその時、親父に「これ聴け」と薦められたブルースのオムニバスの中に入っていたミシシッピ・フレッド・マクダウェ..
posted by サウンズパル at 21:39

2018年06月10日

ザ・カントリー・ブルース・オブ・ジョン・リー・フッカー

625.jpg ザ・カントリー・ブルース・オブ・ジョン・リー・フッカー (Riverside/オールディーズ・レコード) さて皆さん、夏でございます。 夏といえば「暑苦しくて夏には聴けないジョン・リー・フッカー」でございますよ。えぇ、今年も空気なんか読まずにこのクソ暑い時期にオススメのジョン・リー・フッカーをご紹介しましょうね♪ ジョン・リーといえば何と言っても、低音のヘヴィな唸りを効かせるそのデヴィルズ・ヴォイスと、情念が重苦しくとぐろを巻くドロッドロの..
posted by サウンズパル at 23:43

2018年06月08日

キッド・トーマス Here's My Story

625.jpg Kid Thomas / Here's My Story (Wolf) 世に一発屋と呼ばれる人がおりますね。 全く無名ながら大ヒットロングセラーをひとつ出して、その曲のブームが去るとサッと世の中に忘れ去られる歌手や、お笑いの芸人さんとかです。 しかし、世の中には一発も当てることなく、何となく「ちょっと目立つか目立たないかぐらいの微妙なところ」に居たと思ったら、いつの間にかそこから消えてしまっている人もいます。 や、音楽やお笑いといった、..
posted by サウンズパル at 20:20

2018年01月16日

スキップ・ジェイムス Complete Early Recordings

6.jpgSkip James/Complete Early Recordings (Yazoo) 1960年代のフォーク・ブルース・リヴァイバル。 この時戦前に録音を残し、その後消息を絶っていた伝説のブルースマン達が次々と”再発見”され、再び音楽シーンの表舞台で、多くの”生のブルース”を聴いたことのない聴衆に、多くの感動をもたらしました。 その中で、アメリカ白人の若者達に、一際人気だったのがミシシッピ・ジョン・ハートです。 この人の音楽は”ブルース”といって..
posted by サウンズパル at 19:33

2018年01月09日

永井ホトケ隆のブルースパワー・ラジオ・アワー

1.jpg 永井ホトケ隆のブルースパワー・ラジオ・アワー (Pヴァイン) このブログは”奄美のCD屋”が、有名無名古今東西に関係なく良い音楽を紹介しようと、割とイキリ立って実際耳にして「これは本当にいいぞ!」と感じたものを紹介しているブログです。 その音楽を知っている人はもちろん、その音楽を知らない人にこそ、出会って衝撃を受けたりジワッと深く感動して欲しい。そして願わくば、このブログを読んで新たな音楽に出会う皆さんが、それぞれの人生をもっと豊かなものにするために、音..
posted by サウンズパル at 19:33

2017年12月23日

チカソー

昨晩は名瀬屋仁川通りに程近い入舟町のバー『WOODNOTE』にて、アコースティック・クリスマス・ライヴに弾き語りで出演してきました。 といっても「クリスマス?ケッ」ぐらいの実に硬派で濃いメンツが集った、非常にディープで、10組出演した中で似通った音楽性の人達同士というのが全くいないという、色んなロックとロックンロールとブルースの狂乱の宴。えぇ、久々に深夜遅くまで楽しみましたよ〜。 「とりあえず歌え」というオファーを頂いた先週から、アタシは今回は全曲ブルースで行こう..
posted by サウンズパル at 14:36

2017年12月12日

ジミー・フォレスト アウト・オブ・ザ・フォレスト

1.jpg ジミー・フォレスト/アウト・オブ・ザ・フォレスト (Prestige/OJC) 「ジャズはブルースを元にしているよ」 とはよく言われます。 なるほど、確かにジャズっていうのは黒人音楽特有の、シンコペーションとか、ブルースやるには欠かせないセブンスコードとかをもっと難しくしたよーなコードを使ってるし、曲だってブルースを下敷きにしたものが結構多いから、これはブルースの子孫だわい。 とは思います。 しかしアレですね、戦前のスウィング・ジャズ..
posted by サウンズパル at 18:53

2017年10月10日

スヌークス・イーグリン New Orleans Street Singer

1.jpg スヌークス・イーグリン/New Orleans Street Singer (Smithonian Folkways) 独特のリズム感でもってソロにカッティングにと自由自在な個性を輝かせる信じられないギター・テクニックと、のほんとした声(のほほんではない)でもって、聴く人の感情にしんみりと訴える”情”の歌声。そして、ブルースからR&B、ソウル、ファンク、ジャズ、カントリー、フラメンコまで、とにかく演奏できるものならどんな音楽でも片っ端から自分のスタイルに取り込んで..
posted by サウンズパル at 19:25

2017年08月25日

ジョン・リー・フッカー ブーン・ブーン

1.jpg ジョン・リー・フッカー ブーン・ブーン (Capitol) さて、夏といえばジョン・リー・フッカーです(?) 2001年に亡くなってはおりますが、今年はジョン・リー・フッカーの生誕100周年記念ということで、8月22日の誕生日にはネット上で大いに盛り上がっておりました。 何にせよブルースの孤高の巨人として、その地の底の暗闇から響いてくるかのようなドスの効いた低い声と、ブギー一発、或いはドロッドロのスロー・ブルース一発、いずれのスタイルでもドぎつ..
posted by サウンズパル at 19:29

2017年07月08日

ジミー・リード アイム・ジミー・リード

5.jpg ジミー・リード/アイム・ジミー・リード (VeeJay) みんな、うだるような暑さと湿気が絶好調な夏に聴きたいものといえばやっぱりレイジーでダウナーなブルースだよね♪ ・・・ん、かなりの数の「いや、それは違う」という声も聞こえたような気もしますが、気にしない、気のせいです。話をつづけましょう。 今日みなさんにご紹介するのは、ぜひとも扇風機の前でビールでもやりながらシャツのボタンを5つほど外してダラダラ聴いて頂きたいブルースの代表格、ジミー・リードで..
posted by サウンズパル at 12:01

2017年05月03日

ベスト・オブ・ブルース・ギター(アトランティック・ブルース・ギター)

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのことを書いていたら、ふとこのアルバムについて思い出しました。 その昔「アトランティック・ブルース・ギター」というタイトルで出ておりましたブルースのオムニバス盤です。 まだブルースのことなんかよくわからない、頭の悪い中学生の時に、親父に薦められるままに購入したんですが、このオムニバスに入っていたミシシッピ・フレッド・マクドウェルの凄まじさにまずヤラれ、それからブラインド・ウィリー・マクテルジョン・リー・フッカ..
posted by サウンズパル at 00:00

2017年04月29日

ジェシ・エド・デイヴィス キープ・ミー・カミン

887.jpg ジェシ・エド・デイヴィス/キープ・ミー・カミン (ソニー・ミュージック) はい、皆さんゴールデン・ウィークがやってきた訳なんですけれどもねぇ、どこへ行きますか?アタシはあくせく働いておりますので、今のところ何をして楽しむとかそういう予定はないんです。 「お、おぅ、毎日がゴールデン・ウィーク(休日とは言ってない)」 という、摩訶不思議な呪文を唱えて、今年も何とか乗り切ろうと思っております。 さて、ここのところ特集しております、ソニー・ミュージックの..
posted by サウンズパル at 12:40

2017年01月31日

ライトニン・ホプキンス ニュー・ヨーク・ブギ~シッティン・イン・ウィズ/ジャックス・レコーディングス 1951-1952

887.jpg ライトニン・ホプキンス ニュー・ヨーク・ブギ~シッティン・イン・ウィズ/ジャックス・レコーディングス 1951-1952 (Pヴァイン) 1月30日はライトニン・ホプキンスの命日! ということで、このどうしようもなくディープでダーティでデロデロでブギウギでドロドロの”永遠の不良ブルース親父”はたまた”ブルースの権化”なライトニン・ホプキンスのCDを今日は1日中カーステにぶっこんで、そのどうしようもなく(略)なブルースに心地良く浸っておりました。 ..
posted by サウンズパル at 18:14

2016年11月07日

ジュニア・ウェルズ フードゥーマン・ブルース

4.jpg ジュニア・ウェルズ/フードゥーマン・ブルース (Delmark/Pヴァイン) ブルースという音楽を「お、これは何か特別な音楽かも知れない」と、思って聴き始めたのは中学生の時です。 しかしその頃はまだ「激しい音楽=ロック(パンク)・深くて渋い音楽=ブルース」という先入観があって、ブルースは主に弾き語りものばかり聴いていました。 そん時のお気に入りは名コンピ『アトランティック・ブルース・ギター』で知ったミシシッピ・フレッド・マクダウェル、ブラインド・ウィリ..
posted by サウンズパル at 18:03

2016年10月17日

ディス・イズ・クラレンス・カーター

4.jpg クラレンス・カーター/ディス・イズ・クラレンス・カーター (Atlantic/ワーナー) 訳も分からずブルースやジャズの音盤を漁りまくっていた頃は「ジャケ買いをしてみたら違う感じで驚いた」ということが結構ありました。 60年代後半から70年代にかけて流行した”サザン・ソウル”の中核を成すソウル・シンガー、クラレンス・カーターの実質的なファースト・アルバム「ディス・イズ・クラレンス・カーター」も、そんなアルバムのひとつです。 グラサンをかけた黒人のオッサ..
posted by サウンズパル at 19:20

2016年03月04日

アリ・ファルカ・トゥーレ Radio Mali

1.1.jpg Ali Farka Toure/Radio Mali (Nonesuch/elektra) 西アフリカのマリ共和国、この国は非常に豊かな音楽の地であり、グリオーという吟遊詩人文化があり、コラ(竪琴)やンゴニ(三味線のような四弦楽器)といった、独自の弦楽器文化がある土地であります。 そんな中「マリのブルースマン」として世に現れ、世界中の多くの人々にその人間味溢れる唄と独特のギターの魅力と共にマリ音楽の素晴らしさを広く知らしめたのがアリ・ファルカ・トゥーレであり..
posted by サウンズパル at 19:37

2015年10月24日

ギター・スリム アトコ・セッションズ

4.jpg ギター・スリム/アトコ・セッションズ (ATCO/ワーナー) ギター・スリム、直訳すると「ギター伊達男」 うむ、ブルースマンっていう人種は「泥んこ水」とか「吠える狼」とか「稲光ホプキンス」とか、物凄い芸名の人多いけど、ギター・スリムは突き抜け過ぎていて実にカッコイイ。 「オレはカッコイイんだぜ」 「オレはワルなんだぜ(I'm A Man)」 っていうことを誇示するのは、これはもうブルースの昔からヒップホップの現在まで、アメリカ黒人音楽の..
posted by サウンズパル at 18:10

2015年09月29日

福山雅治 結婚

1.1.jpg 福山雅治/魂リク (ユニバーサル) はい、芸能事には疎いアタシでありますが、流石に「福山雅治、吹石一恵と結婚!」のニュースはチェックしました。 というのも、福山雅治は、実は密かにミュージシャン(主にギタリストとして)、そして「音楽好きの先輩」としてリズペクトしているんですよね。 素のアタシを知っている人なら「えぇ!?」と驚くかも知れません。 もちろんアタシも最初から福山雅治好きだった訳ではありません。 アタシが若かった1990年代前半は..
posted by サウンズパル at 18:51

2015年09月13日

フレッド・マクダウェル Mississippi Fred Mcdowell

1.jpg Mississippi Fred Mcdowell (Rounder) その昔、アタシが十代の頃の名瀬の街には、まだちゃんとしたライヴハウスもなくて、それこそ「演奏させてもらえるんならどこでもお願いします!」みたいな感じで音楽やるしかなかったんです。 その頃は今みたいに平和じゃなかったもんですから 少々ガラの悪い場所や、少々ガラの悪い人たちの前で演奏せざるを得ないとかいうことがままありました。 そんなところにアタシみたいな小僧がギターなんか..
posted by サウンズパル at 19:27

2015年07月14日

ジョン・リー・フッカー It Serves You Right To Suffer

1.1.jpg John Lee Hooker It Serves You Right To Suffer (Impluse!/MCA) うぉおー夏だぜー、暑いぜー、でも空気なんて読まねぇぜぇ、今日もハードな配達業務、車ン中で暑苦しい音楽ガンッガン鳴らしながら爆走したぜぇ、清涼感?何だそれ、食えるのか。ラブ?ピース?くだらんくたばry。 てなわけで ”冷房まだら効き”の中本日のお仕事は奄美のディープサウス瀬戸内町までかっ飛ばしてきてみました。 営業先で..
posted by サウンズパル at 19:18

2015年07月09日

キャプテン・ビーフハート Safe As Milk

1.1.jpg キャプテン・ビーフハート&ヒズ・マジック・バンド Safe Us Milk (BUDDHA/BMG) さて、台風が3つも近づいてきている奄美であります。 とにもかくにも空気ムシムシでクソ暑いのであります。 何やっても汗出て不愉快ですよね。 「夏なんか滅んでしまえー!!」 というのが、もうここ20年ぐらいアタシのトレンドなんですが、アタシが世界の真ん中でそう叫んでも、夏が滅んでくれない、どころか、夏にとってはそんな叫びなど痛くもかゆく..
posted by サウンズパル at 19:22

2015年06月22日

アレサ・フランクリン 貴方だけを愛して+3

10045094807_s.jpg アレサ・フランクリン 貴方だけを愛して+3 (Atlantic/ワーナー) 大体アタシは根が暗〜いネガティヴな人間ですから「ポジティヴ」という言葉が苦手です。 「前を向いて」 「自分を信じて」 「ありのままで」 と言われると、妙な鳥肌がぞぞぞぞわーと立ったりします。 あ、いえ、これは生理的な問題であって「好き/嫌い」の問題じゃあありません。あくまでアタシの体質とか性格のアレですんで・・・。 しかし、そんなアタシでも「..
posted by サウンズパル at 19:27

2015年02月02日

ジョン・リー・フッカー ハウス・オブ・ザ・ブルース+2

1.jpg ジョン・リー・フッカー ハウス・オブ・ザ・ブルース+2 (Chess/ユニバーサル) 【収録曲】 1.ウォーキン・ザ・ブギー 2.ラヴ・ブルース 3.ユニオン・ステーション・ブルース 4.イッツ・マイ・オウン・フォルト 5.リーヴ・マイ・ワイフ・アローン 6.ランブリン・バイ・マイセルフ 7.シュガー・ママ 8.ダウン・アット・ザ・ランディング 9.ルイーズ 10.グランド・ホッグ・ブルース 11.ハイ・プライスト..
posted by サウンズパル at 18:46

2015年01月07日

R.L.Burnside First Recordings

2.jpg R.L.Burnside First Recordings (Fatpossum) 【収録曲】 1.Just Like A Bird Without A Feather 2.Goin' Down South 3.Come On In 4.Little Babe 5.Rollin' And Tumblin' 6.Jumper On The Line 7.Skinny Woman 8.Poor..
posted by サウンズパル at 17:58

2014年12月21日

ルースターズ THE ROOSTERS

1.jpg ルースターズ THE ROOSTERS (日本コロムビア) 【収録曲】 1.テキーラ 2.恋をしようよ 3.カモン・エヴリバディー 4.モナ(アイ・ニード・ユー・ベイビー) 5.フール・フォー・ユー 6.ハリー・アップ 7.イン・アンド・アウト 8.ドゥー・ザ・ブギ 9.新型セドリック 10.どうしようもない恋の唄 11.気をつけろ ..
posted by サウンズパル at 16:54

2014年11月30日

ザ・グレイト・ジョン・リー・フッカー

1.jpg ザ・グレイト・ジョン・リー・フッカー (Pヴァイン) 【収録曲】 1.Boogie Chillen 2.Sally Mae 3.Hoogie Boogie 4.Hobo Blues 5.Weeping Willow Boogie 6.Drifting From Door To Door 7.Crawling Kingsnake 8.Women In My Life 9.Howlin’ Wolf ..
posted by サウンズパル at 16:05

2010年03月10日

ギターが素敵なジャケット談話

・へっへっへ〜、あぁ〜景気悪い〜♪ ・あ、いらっしゃいませ。今日はまた早い時間に珍しいですね。 ・いやね、今日ね、仕事が入るつもりだったんだけど、急遽なくなっちゃってさ〜。 ・あらま。 ・へっへっへ〜、あぁ〜景気悪い〜。な〜んかいいことないかな〜。 ・ははは・・・(苦笑)。 ・しっかしねぇ〜、今ドキはね〜・・・。おっ、ハウンドドッグ・テイラーか〜・・・。こぉのジャケットかっこいいね! ・やっぱギタリストはギター持ってジ..
posted by サウンズパル at 11:18