2020年01月17日

ハンニバル・マーヴィン・ピーターソン トリビュート・ハンニバル

51SFgNVViFL._A.jpg ハンニバル・マーヴィン・ピーターソン/トリビュート・ハンニバル (Baystate/ソニー・ミュージック) 正月2日から鹿児島へ旅行へ行ってきまして、天文館の地理もよーわからぬままフラフラしていたら、ちょっと疲れてきた頃にジャストなタイミングで『モッキンバード』というレコード屋さんを見付けて入ってみました。 店内には棚に置かれたたくさんのエサ箱の中にレコードレコードレコード♪ いや嬉しいです、実に久しぶりのこの感覚。 とりあえず「欲し..
posted by サウンズパル at 00:06

2019年06月22日

ロックンロール・サーカス

o0480085410959467616.jpg ザ・ローリング・ストーンズ/ロックンロール・サーカス (ユニバーサル) ロックという言葉について色々考える事が多いです。 それこそ誕生から半世紀以上、ロックというのは様々な音楽を呑み込み、また、時代に合わせて物凄い速さで進化しております。 アタシがロックというものを最初に意識したのは1980年代の後半でしたが、その頃ですら既にロックを一言で「ロック」と呼べないぐらい、巷には様々な「ロック」が溢れておりました。 パンクもあればメタルもある、ヴィ..
posted by サウンズパル at 23:50

2018年06月16日

風に吹かれて〜ブラック・アメリカンが歌うボブ・ディラン

625.jpg
風に吹かれて〜ブラック・アメリカンが歌うボブ・ディラン How Many Roads: Black America Sings Bob Dylan
(Ace/MSIレコード) 音楽を聴くという作業は、どこか家を建てる作業と似ております。 まず最初に衝撃を受けた”原点の音楽”があるとすれば、それは家の最も大切な部分を支える柱となり、そこを軸に色んな音楽を聴いて、知って、集めて行く上でまた新しいのを知って、聴いて・・・と、徐々に屋根とか内装とか、窓と..
posted by サウンズパル at 09:57

2018年01月26日

コーネル・デュプリー ティージン

1.jpg コーネル・デュプリー/ティージン (Atlantic/ワーナー・ミュージック) さて皆さん、お待たせしました。 今日まで硬派なやつとかファンキーなやつとか、色々と知られざる名盤をご紹介してきまして 「やっぱりアレだろ、70年代ジャズってのはフュージョン抜きでは語れねーだろー」 という、いずかたからの心の声が、アタシにも響いてきたところで今日はフュージョンでございます。 その前に「フュージョンってよく聞くけど、ぶっちゃけ何?」と、結構問い合わ..
posted by サウンズパル at 19:33

2018年01月10日

バディ・ガイ ストーン・クレイジー

1.jpg バディ・ガイ/ストーン・クレイジー (Alligator/Pヴァイン) バディ・ガイといえば、現在(注:2018年)81歳にしていまだバリバリの現役。 B.B.キング亡き後のブルース界では、今や長老として若手を引っ張る第一人者であります。 1960年代に故郷ルイジアナからシカゴへ移り住み、先輩であるマディ・ウォーターズや同年代の仲間であるマジック・サム、オーティス・ラッシュ、フレディ・キングらと技を競い、その感情に任せて暴力的にギターを泣かせるプレイス..
posted by サウンズパル at 19:20

2017年12月10日

チャーリー・パットン(黒人ブルース)とアメリカ先住民の文化の話

郷愁は未知の荒野に吹きすさぶブルースそして乾きたる草
先週遠方から短歌のお友達がきまして歌会をしました。 『ここではないどこか』 という題で歌を詠み合った時、やはりブルースの、荒涼とした原風景のようなイメージが頭に出てきましたので、それを言葉にしたという次第です。 きっかけは、「ブルースの誕生には、私達が思ってるよりもっと深く、アメリカ先住民の文化が関わっていたのではないか?」というある方の考察です。 先日ハワイアン・スティール・ギタ..
posted by サウンズパル at 11:26

2017年12月05日

マジック・サム ライヴ!

1.jpg マジック・サム/ライヴ! (Delmark/Pヴァイン) さあさあ、マジック・サムのアルバムは、まだまだ名盤つづきますよー! という訳で、ブルースファン、いや、これはもう『エレキギターが炸裂する全ての音楽が好きな人にとって 、出会ってしまったら一生を捧げて聴きまくりたいぐらいになるアルバム』であると断言しちゃいます。マジック・サムの『ライヴ!』と銘打たれた2枚組のこのアルバム。 これはもう何と言いましょう。個人的な体験から申し上げるのを許して頂きます..
posted by サウンズパル at 21:56

2017年10月30日

ジミ・ヘンドリックス エレクトリック・レディランド

6.jpg ジミ・ヘンドリックス/エレクトリック・レディランド (MCA/SMJミュージック) 音楽好き、なかんづくロック好きにとって、そしてギターを弾く人にとっては、ジミ・ヘンドリックスといえばそりゃもう神様で、もしかしたらビートルズやストーンズ以上に、必ずどこかでブチ当たる人で・・・と、アタシが今更ここであーだこーだゴチャゴチャ言わなくても凄い人だということは、これはもう世間の常識として定着しておりますし、アタシもここへきて”エクスペリエンス時代のジミヘン”のこと..
posted by サウンズパル at 19:12

2017年10月28日

ジミ・ヘンドリックス アクシス・ボールド・アズ・ラヴ

1.jpg ジミ・ヘンドリックス/アクシス・ボールド・アズ・ラヴ (MCA/SMJミュージック) はい、台風が近付いておりますが、今日もジミ・ヘンドリックスを皆さんにご紹介しながら、知ってるよーで実はよく分からないこの巨人の魅力について、一緒に考えて行きましょう。 彼のバイオグラフィ的なことに関しては、前回の「アー・ユー・エクスペリエンスト?」のところで書きましたので、そちらをまずはじっくりご覧頂くとして、本日はファーストとくれば順番的にセカンドだろうということ..
posted by サウンズパル at 11:28

2017年10月25日

ジミ・ヘンドリックス アー・ユー・エクスペリエンスト?

6.jpg ジミ・ヘンドリックス/アー・ユー・エクスペリエンスト? (MCA/SMJミュージック) 音楽好き、なかんづくロック好きにとって、そしてギターを弾く人にとっては、ジミ・ヘンドリックスといえばそりゃもう神様で、もしかしたらビートルズやストーンズ以上に、必ずどこかでブチ当たる人で・・・と、アタシが今更ここであーだこーだゴチャゴチャ言わなくても凄い人だということは、これはもう世間の常識として定着しております。 うん、ジミヘンはそりゃ凄い、カッコイイ、アタシだ..
posted by サウンズパル at 18:50

2017年10月22日

オリジナル・ナゲッツ

6.jpg V.A/オリジナル・ナゲッツ (ワーナー) 生きていると色々あって、大好きな音楽もちょっとキツい時があります。 でも、そんなクソッタレな気分の時もアタシは 「かっこいい音楽はパンク!」 という信念を持ちつづけ、音楽を愛してきました。 「パンク」という言葉を、アタシは1970年代に出てきたパンクロックだけを指すのではなく、ひとつの思想や姿勢の現れを示す言葉として使っております。 「カッコイイ!!」と思ったらブルースもパンクだし、ジャ..
posted by サウンズパル at 11:56

2017年04月12日

サンタナ Santana

5.jpg サンタナ/SANTANA (ソニー・ミュージック) ソニー・ミュージックの税み¥1080「ギター・レジェンド・シリーズ」から、ブルースやロックの素晴らしい名盤を皆様にご紹介しております。 で、本日はサンタナ! サンタナといえば、アタシはまず最初に、個人的に大好きな「サンタナ3」をどうしても紹介したくて、真っ先にレビューしましたが、レビュー書くために久々に引っ張り出して聴いたファースト・アルバム「サンタナ」と、セカンドの「天の守護神」も、それぞれカラーは..
posted by サウンズパル at 01:27

2016年11月27日

11月27日、ジミ・ヘンドリックス生誕祭

1480243677972-139373148.jpgはい、本日は11月27日ジミ・ヘンドリックスの誕生日でございますね。 「アニバーサリーな日には、そのアーティストの作品を聴く」ということをささやかな楽しみにしているアタシとしては、今日はこれもうジミヘンを聴かねばなりません。 「どれにしようかなー?」 とはなりませんでした。 アタシにとってジミヘンの特別なアルバムといえば、1992年、彼の生誕50周年記念の年にリリースされたこのベスト・アルバム。 とある日、学校帰りに友達の家に遊びに行ったら、..
posted by サウンズパル at 19:35

2016年05月24日

ギター・スリム シングス・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ドゥ

1.1.jpg ギター・スリム/シングス・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ユー (Speciality/オールディーズ・レコード) 毎回ステージでは全身をド派手な原色の衣装で身を包むのみならず、何と服の色に合わせて髪まで原色に染めた(例えば服が赤なら髪も真っ赤、青なら髪も真っ青、といった具合)まだエフェクターはおろかゲインすらついていない単なるスピーカー”だったギターアンプで歪んだバカでかい音を出しまくる、根っからのクレイジー・ガイ。 それだけじゃなくそんな凶暴なギターに..
posted by サウンズパル at 19:40

2016年02月28日

ジミ・ヘンドリックス ピープル、ヘル&エンジェルス

1.1.jpg ジミ・ヘンドリックス/ピープル、ヘル&エンジェルス (EXPERIENCE HENDRIX/ソニー・ミュージック) 「未発表音源」とか言うと、まぁそんなもんかー。みたいな音源が多いのは世の常なんですが、ジミヘンに関してはちょっと事情が違います。 あの〜、言ってもブートとかはもう”膨大な”を通り越して死ぬほど出ておったんですよ。 それをジミヘンのお父ちゃんが「こんなんじゃいかん!ジミの音楽をきちんとした状態で正しく世に出さねば」と頑張って、”ヘンドリ..
posted by サウンズパル at 13:14

2015年12月09日

ニール・ヤング アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ

1.jpg ニール・ヤング/アフター・ザ・ゴールドラッシュ (Reprise/ワーナー) 「冬になると感傷アンテナの精度が高くなる」 と、先日アタシは申し上げました。 そいでもって「特にピアノものがいい」なんてことを言いましたが、あれから帰宅して 「いやいや、ピアノだけじゃなくて、もっとこうロックでも郷愁がこみ上げてくるもんってあるだろ?」 と自問しながら、記憶を巡回しつつ 「自分の衝撃だった感傷体験」 を探しました。 いやいや ..
posted by サウンズパル at 19:09

2015年08月26日

特攻の拓〜Early Days〜

えぇと、奄美は本日からお盆です。 こちらのお盆は一部の地域を除いて旧暦に合わせて行われますので、本日からなのです。 奄美のお盆はとにかく「忙しい!!」(汗) ウチは特に忙しいので本日からウルトラハードモード突入、ブログの更新もちょいとお休み・・・せざるを得ないかも知れませんので今日は小ネタで。 皆さんはこの漫画、知ってますでしょうか? 10045094807_s.jpg はい、1990年から週間少年マガジンで連載されていた伝説のヤンキー漫画 『疾風伝説 特攻の..
posted by サウンズパル at 17:59

2015年03月03日

バディ・マイルス Them Changes

1.jpg Buddy Miles Them Changes 【収録曲】 1.Them Changes 2.I Still Love You Anyway 3.Heart's Delight 4.Dreams 5.Down By The River 6.Memphis Train 7.Paul B Allen Omaha Nebraska 8.Your Feeling Is Mine さて、バディ・マイルスであります。 ..
posted by サウンズパル at 18:57

2015年02月08日

中山康樹さん

中山康樹さんをはじめて知ったのは、1998年に出された雑誌 「JAZZ輸入盤ガイド98」 でした。 その中の「中山康樹のそれがどうした!?」 というコーナーがあって、その中で軽妙な文体で、ジャズ独特の「あれやこれや重箱の隅をつつくようなどーでもいい風潮のあれこれ」について、バッサバッサと切っていく、その痛快ぶりがホントにカッコ良くて私はファンになったんですよね。 この人が、あの有名な「マイルスを聴け!」の著者であったとは ..
posted by サウンズパル at 17:18

2015年01月30日

ジミ・ヘンドリックス バンド・オブ・ジプシーズ

1.jpg ジミ・ヘンドリックス バンド・オブ・ジプシーズ (Experience Hendrix) 【収録曲】 1.フー・ノウズ 2.マシン・ガン 3.チェンジズ 4.パワー・トゥ・ラヴ 5.メッセージ・オブ・ラヴ 6.ウィ・ガッタ・リヴ・トゥゲザー 「自由自在」 ジミヘンのギター・プレイには、正にこの言葉が当てはまります。 力強く直線的なリフを放ったかと思うと、サウンドはもう次の瞬間にはビヨーンと伸び、細かい粒子となって拡散する..
posted by サウンズパル at 18:56

2015年01月13日

James Brown Soul On Top

1.jpg James Brown Soul On Top (Verve) 1.That's My Desire 2.Your Cheatin' Heart 3.What Kind of Fool Am I? 4.It's a Man's Man's Man's World [Unedited Version] 5.Man in the Glass 6.It's Magic 7.September Song [Unedited Ve..
posted by サウンズパル at 18:45

2014年11月24日

ジミ・ヘンドリックス ウィンターランド・ナイト

4.jpg ジミ・ヘンドリックス ウィンターランド・ナイト(2CD:完全限定盤) (MSI) 【収録曲】 (Disc-1) 1.ファイアー 2.マニック・デプレッション 3.サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ 4.スパニシュ・キャッスル・マジック 5.アー・ユー・エクスペリエンスト 6.ヴードゥー・チャイル 7.ライク・ア・ローリング・ストーン (Disc-2) 1.レッド・ハウス 2.キリング・フロア 3.タックス・フリー 4...
posted by サウンズパル at 17:59

2014年10月28日

クリーム カラフル・クリーム

348.jpg クリーム カラフル・クリーム (ユニバーサル) 【収録曲】 1.ストレンジ・ブルー 2.サンシャイン・ラヴ 3.苦しみの世界 4.夜通し踊ろう 5.ブルー・コンディション 6.英雄ユリシーズ 7.スーラバー 8.間違いそうだ 9.アウトサイド・ウーマン・ブルース 10.テイク・イット・バック 11.マザーズ・ラメント 「クリームの素晴らしき世界」を聴いた後にコレを入手してもらいたいところですが、その前に、この6..
posted by サウンズパル at 18:02

2014年10月24日

T・ボーン・ウォーカー モダン・ブルース・ギターの父

114.jpg T・ボーン・ウォーカー モダン・ブルース・ギターの父 (Capitol) 1.ゴット・ア・ブレイク・ベイビー 2.ミーン・オールド・ワールド 3.ノー・ウォリー・ブルース 4.ドント・リーヴ・ミー・ベイビー 5.アイム・イン・アン・オウフル・ムード 6.アイ・ノウ・ユア・ウィグ・イズ・ゴーン 7.T・ボーン・ジャンプス・アゲイン 8.ストーミー・マンデイ 9.ユーアー・マイ・ベスト・ポーカー・ハンド 10.ファースト・ラヴ・..
posted by サウンズパル at 05:09

2014年10月23日

リントン・クウェシ・ジョンソン ベース・カルチャー

117.jpg リントン・クウェシ・ジョンソン ベース・カルチャー (Island) 【収録曲】 1.ベース・カルチャー 2.ストリート66 3.レゲエ・フィ・ピーチ 4.ディ・ブラック・ペッティ・ブーシュワ 5.イングラン・イズ・ア・ビッチ 6.ロレイン 7.レゲエ・サウンズ 8.トゥ・サイズ・オブ・サイレンス 私がレゲエを聴くようになったのは、もちろんジョー・ストラマー先輩の影響です。 雑誌..
posted by サウンズパル at 01:19

2014年09月22日

マイルス・デイヴィスとジミ・ヘンドリックス 風に消えたメアリー

jimimiles.jpg 只今夢中で読み進んでる本です。 マイルス・デイヴィスとジミ・ヘンドリックス、つまり「ジャズの帝王」と「ロックの神様」。 二人が共演して、作品を残していたら、恐らくは音楽の歴史が変わっていただろうといわれております。 ジャズファンの視点から見れば、マイルス・デイヴィスが1960年代後半に、自身のバンドに電子キーボードやエレキギターを加え、かつ8ビートや16ビートを大胆に導入し「エレクトリック・マイルス」に変貌した大きな原因のひとつが、ジミ・ヘンドリック..
posted by サウンズパル at 17:24