2020年10月01日

サマンサ・フィッシュ ランナウェイ

51SFgNVViFL._A.jpg サマンサ・フィッシュ/ランナウェイ (BSMFレコード) 「世の中便利になったなぁ」と感じる事は最近多々ありますが、アタシの場合は生活に直接役に立つ事よりも、例えばYoutubeなんかで知らないカッコイイ音楽を偶然見つけた時とかなんですね。 で、サマンサ・フィッシュです。 この人は2010年代にデビューした、ブルース系ヴォーカル/ギタリストの若手として幅広い活躍をしている人なんですけれども、アタシはほんの5年ぐらい前まで全然知らなくて、たまたま..
posted by サウンズパル at 18:57

2020年02月29日

ザ・クール・サウンド・オブ・アルバート・コリンズ

51SFgNVViFL._A.jpg ザ・クール・サウンド・オブ・アルバート・コリンズ (TCF HALL/オールディーズ) 10代の頃にそのライヴ映像をビデオで観てぶったまげた、というよりもやってる音楽はまぁコレが渋いブルースって言うんだろうなーとかぼんやりと思いながらではあったんですが、10フレットだか12フレットだかとにかくありえない位置にカポタストはめたギターで、カッティングは一切せずに引くにはソロと歌の途中の単音弾きだけ。 で、演奏のクライマックスの時に長ーい長ーいシールド(ギター..
posted by サウンズパル at 22:59

2019年09月03日

ジェイバード・コールマン ブルース・ハープのパイオニア

625.jpg ジェイバード・コールマン/ブルース・ハープのパイオニア (Pヴァイン) しばらくのご無沙汰です。 9月も終わって10月になりましたが、こちらちっとも涼しくなる気配もなく、夏に目減りした体力がジリジリと限界に近づいているような気がします。あぁ、台風のムシ暑さもあって嫌ですねぇ。 はい、はい、嫌な事を口にすると、嫌な事が寄ってくると言いますので、この辺にしときましょう。 じとっと粘って絡み付くような暑さには、やっぱりブルースです。 特に..
posted by サウンズパル at 00:24

2018年06月01日

ロイ・ブキャナン Roy Buchanan

625.jpg ロイ・ブキャナン/Roy Buchanan (Polydor/ユニバーサル) 高校の頃、一本のビデオを片手に上機嫌で帰って来た親父が、テレビの前にドカッと座るなり 「おい、今日はコレ見るぞ」 と、言うやビデオをセットして勝手にチャンネルを変え、缶ビールをプシュッと開けました。 アタシは昔から大河ドラマっ子でしたので 「何すんだやめろ」 と、思ったのですが、もちろんウキウキになってる親父にそんな事言っても聞かないのは分かり切った..
posted by サウンズパル at 23:01

2017年12月19日

ヒューストン・ジャンプ・ブルース

1.jpg ヒューストン・ジャンプ・ブルース (Pヴァイン) さて皆さん、昨日の『ジャズとブルースの隙間の話』お楽しみ頂けたでしょうか? ↓ ここでお話したのは、1930年代から40年代の、主にニューヨークでブームを巻き起こした大衆音楽”ジャイヴ”と”ジャンプ”のことでありますが、さぁ、本題はここから(!)今日はアメリカ地図をずずずぃ〜っと下ったアメリカ南部で、1940年代から50年代にかけて大流行した独自のジャンプ・ミュージックについて語りま..
posted by サウンズパル at 20:25

2017年08月25日

ジョン・リー・フッカー ブーン・ブーン

1.jpg ジョン・リー・フッカー ブーン・ブーン (Capitol) さて、夏といえばジョン・リー・フッカーです(?) 2001年に亡くなってはおりますが、今年はジョン・リー・フッカーの生誕100周年記念ということで、8月22日の誕生日にはネット上で大いに盛り上がっておりました。 何にせよブルースの孤高の巨人として、その地の底の暗闇から響いてくるかのようなドスの効いた低い声と、ブギー一発、或いはドロッドロのスロー・ブルース一発、いずれのスタイルでもドぎつ..
posted by サウンズパル at 19:29

2017年05月04日

スティーヴィー・レイ・ヴォーン ライヴ・アライヴ

4.jpg スティーヴィー・レイ・ヴォーン/ライヴ・アライヴ (ソニー・ミュージック) さて、中学の頃に「アトランティック・ブルース・ギター」というオムニバスを購入して、アタマが悪いなりにブルースについてはいっぱしに分かった気になっておったアタシ。 大好きだったのは、やはり前半に収録されていた弾き語り系のディープなブルースマン達の音源だったんですが、高校に入ってエレキギターというものを買って自分でいじくるようになってまいりますと、この耳が若干変わってきます。 エレ..
posted by サウンズパル at 19:26

2017年05月03日

ベスト・オブ・ブルース・ギター(アトランティック・ブルース・ギター)

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのことを書いていたら、ふとこのアルバムについて思い出しました。 その昔「アトランティック・ブルース・ギター」というタイトルで出ておりましたブルースのオムニバス盤です。 まだブルースのことなんかよくわからない、頭の悪い中学生の時に、親父に薦められるままに購入したんですが、このオムニバスに入っていたミシシッピ・フレッド・マクドウェルの凄まじさにまずヤラれ、それからブラインド・ウィリー・マクテルジョン・リー・フッカ..
posted by サウンズパル at 00:00

2017年05月02日

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのライヴ

20170501235512680.jpg 本文が長くなりそうなので、ひとまず次回予告。 はい、スティーヴィー・レイ・ヴォーンです。 思えば中学の時に「アトランティック・ブルース・ギター」の一番最後に入ってたレイ・ヴォーンの「テキサス・フラッド」のライヴ・ヴァージョンを聴いたのが出会いでした。 自分でギターをいじるようになって、好きなギタリストたくさんいたけど、もしかしたらアタシの最初の最初のギターヒーローってレイ・ヴォーンかもしれない。 ブルースとかまだ全然分からなくて、でもわからないながらも確実に惹かれ..
posted by サウンズパル at 00:02

2017年04月25日

バディ・ガイ アイ・ガット・ザ・ブルース

887.jpg バディ・ガイ/アイ・ガット・ザ・ブルース さて、只今アップアップしながらですがご紹介しております”ギター・レジェンド・シリーズ”皆さんどうですかね? ブルースもロックも、このシリーズのラインナップはアタシがそれこそ10代とか20代の頃、それこそ夢中でギター弾いてて、ギターに関するものなら何でも聴きたい!と鼻息を荒くしていた頃に出会った、「こんな人もいたんだー!」「すげー、このギターどうやって弾いてんだ!」と、何度も何度も感動と衝撃で胸をブチ抜いてくれたアルバムば..
posted by サウンズパル at 18:25

2017年03月01日

V.A./スライドギター

4.jpg V.A./スライドギター (ソニー・ミュージック) 皆様お久しぶりでございます。 ちょっと体調を崩しているうちに、まぁ世の中というのは凄まじいスピードで動いておりますようで、ボーっとした重たい頭を抱えつつ、ツイッターなぞ見ながら養生しておった訳ですが、その中で看過できないある情報を目撃して「うぉう!!」となりました。 えぇと、ソニーがですね「ギター・レジェンド・シリーズ」と題しまして、ロックからジャズ、ブルースの、特にギターがカッコイイ名盤を、税込みで..
posted by サウンズパル at 19:13

2016年11月07日

ジュニア・ウェルズ フードゥーマン・ブルース

4.jpg ジュニア・ウェルズ/フードゥーマン・ブルース (Delmark/Pヴァイン) ブルースという音楽を「お、これは何か特別な音楽かも知れない」と、思って聴き始めたのは中学生の時です。 しかしその頃はまだ「激しい音楽=ロック(パンク)・深くて渋い音楽=ブルース」という先入観があって、ブルースは主に弾き語りものばかり聴いていました。 そん時のお気に入りは名コンピ『アトランティック・ブルース・ギター』で知ったミシシッピ・フレッド・マクダウェル、ブラインド・ウィリ..
posted by サウンズパル at 18:03

2016年05月13日

ジョニー・ウィンター Johnny winter

1.1.jpg ジョニー・ウィンター/Johnny Winter (CBS/ソニー・ミュージック) アメリカ南部にテキサスという州があります。 この州は「アメリカの中のアメリカ」と言われるほどの州であり・・・と言っても「何が?」とほとんどの方は思われるでしょうが、今でもテンガロンハットにウェスタンブーツのオッサンらが馬に乗ってドライブスルーにやってきたり、銃弾が自販機で買えたり、南北戦争の頃のアメリカ南軍の旗を「コレがオレ達の旗だ!星条旗?知らん、犬にでも食わせろ!」み..
posted by サウンズパル at 19:43

2016年01月14日

イギー&ザ・ストゥージーズ Raw power

1.jpg Iggy & The Stooges/Raw Power (Columbia) デヴィッド・ボウイのことを色々と考えております。 アタシは後追いもいいとこ&音楽的なあれこれのカッコ良さは、大人になってから気付いたクチですので、ボウイについてあんまりエラソーなことは言えません。 ただ、自分が好きなミュージシャンのことをあれこれと調べていると、意外なところで「あぁ、この人もデヴィッド・ボウイと深く関わってたんだ」と、思うことがよくありました。 ..
posted by サウンズパル at 18:20

2016年01月13日

デヴィッド・ボウイ 世界を売った男

1.jpg デヴィッド・ボウイ/世界を売った男 (ワーナー・ミュージック) デヴィッド・ボウイといえば、もうアタシが物心付く頃には既にミュージシャン/ロック・シンガーというよりも、ただ漠然と「外国の凄いスター」でありました。 何と言いますかね、性別も国籍も不明の宇宙人のような人が、何をやってもことごとく話題になり、多くの(主にアタシより10ぐらい上の世代のお姉様方)女子には「ボウイ様」と言われておったので「あぁ、やっぱり凄い人なんだろうな・・・」と、子供心には”デヴ..
posted by サウンズパル at 19:39

2015年09月25日

フレディ・キング The King Years 1961-1962

1.1.jpg Freddie King/The King Years 1961-1962 (Not Now Music) B.B.キング、アルバート・キングときてあぁそうだ「3大キング」の最後の雄、フレディ・キングであります。 フレディといえばB.B.やアルバートよりもひと世代(大体10歳ぐらい年下)で、バディ・ガイマジック・サムオーティス・ラッシュなどと同世代。 つまり少年時代にTボーン・ウォーカーやB.B.キングの演奏を熱心に聴き、その「モダン・ブルース..
posted by サウンズパル at 18:53

2015年09月21日

アルバート・キング キング・オブ・ザ・ブルース・ギター

1.1.jpg アルバート・キング/キング・オブ・ザ・ブルース・ギター (STAX/ワーナー) B.B.キングのことについて書いてたらテンション上がって、いわゆる”3大キング”のことについてあれこれと考えました。 この3人、もちろんロックに与えた影響がズバ抜けているということもあるんでしょうが、アタシは”たまたまキング姓”というだけでひとくくりにされておるだけなんだーと思います。つまり「3人とも似たり寄ったりではない確固たる個性を確立したすげー人なんだよ」ということを言..
posted by サウンズパル at 11:58

2015年09月13日

フレッド・マクダウェル Mississippi Fred Mcdowell

1.jpg Mississippi Fred Mcdowell (Rounder) その昔、アタシが十代の頃の名瀬の街には、まだちゃんとしたライヴハウスもなくて、それこそ「演奏させてもらえるんならどこでもお願いします!」みたいな感じで音楽やるしかなかったんです。 その頃は今みたいに平和じゃなかったもんですから 少々ガラの悪い場所や、少々ガラの悪い人たちの前で演奏せざるを得ないとかいうことがままありました。 そんなところにアタシみたいな小僧がギターなんか..
posted by サウンズパル at 19:27

2015年09月07日

ガンズ・アンド・ローゼス アペタイト・フォー・ディストラクション

1.1.jpg ガンズ・アンド・ローゼス/アペタイト・フォー・ディストラクション (Geffin/ユニバーサル) 昨日「GN'ライズ」を引っ張り出して聴きまくっていたら、アタシの中ですっかり「ガンズ熱」が上がりまくってしまったので、今日もガンズです。 で、ガンズといえば、これはもう紹介せねばなりませんよね。 彼らの記念すべき1987年のデビュー作であり、80年代の「ハードロック/ヘヴィメタル」を統括して「90年代のロックンロール」を高らかに宣言した記念すべき・・・..
posted by サウンズパル at 19:07

2015年03月26日

スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル テキサス・ハリケーン〜レガシー・エディション

1.jpg スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル テキサス・ハリケーン〜レガシー・エディション (Epic 2CD) 【収録曲】 (Disc-1:アルバム「テキサス・ハリケーン」+ボーナス・トラック) 1.スカットル・バッティン 2.テキサス・ハリケーン 3.ザ・シングス・アイ・ユース・トゥ・ドゥー 4.ヴードゥー・チャイルド(スライト・リターン) 5.コールド・ショット 6.ティン・パ..
posted by サウンズパル at 19:24

2015年01月07日

オーティス・ラッシュ アイ・キャント・クィット・ユー・ベイビー~コンプリート・コブラ・セッション

2.jpg オーティス・ラッシュ アイ・キャント・クィット・ユー・ベイビー~コンプリート・コブラ・セッション1956〜58 (Cobra/Pヴァイン) 【収録曲】 1.I Can’t Quit You Baby 2.Sit Down Baby 3.Violent Love 4.My Love Will Never Die 5.Groaning The Blues 6.If You Were Mine 7.Love That Woman..
posted by サウンズパル at 16:37

2014年10月10日

スティーヴィー・レイ・ヴォーン ザ・リアル・ディール〜グレイテスト・ヒッツVol.1

114.jpg スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル ザ・リアル・ディール:グレイテスト・ヒッツVol.1 (ソニー) 【収録曲】 1.プライド・アンド・ジョイ 2.メアリー・ハッド・ア・リトル・ラム 3.テキサス・フラッド 4.ルード・ムード 5.テキサス・ハリケーン 6.コールド・ショット 7.ザ・シングス・アイ・ユース・トゥ・ドゥー 8.ティン・パン・アレー(aka The Roughest Place In Town) 9.セイ・ホ..
posted by サウンズパル at 17:50