2019年10月08日

ブラウニー・マギー&サニー・テリー Sing

625.jpg Brownie McGhee & Sonny Terry/Sing (Smithsonian Folkways) 前回までのお話は、戦前のアメリカ東海岸にはブラインド・ボーイ・フラーという素晴らしいブルースマンがいて、その人が南部やシカゴとはまた違う洒落た感じの味わいのイカしたブルースのスタイルを作り上げたよというお話でした。 そんな東海岸のアコースティック・ブルースは、戦後になってあるコンビの登場によって一気に世界でも有名なスタイルとなるのです。 ..
posted by サウンズパル at 17:29

2019年10月05日

ブラインド・ボーイ・フラー Truckin My Blues Away

625.jpg Blind Boy Fuller/ Truckin My Blues Away (Yazoo) 何だか久々に聴いてみたら、ブラインド・ボーイ・フラーにすっかり再ハマりしてしまいました♪ 前回もちょとっと書きましたが、この人のブルースは、もちろんディープなフィーリングを持っておりますが、聴く人に対しては必要以上に深刻にならず、戦前ブルースに馴染みがないというよりも、そもそもブルースそんな知らんよって人に対しても「あら、なかなかゴキゲンな音楽ね」と言わしめる..
posted by サウンズパル at 16:40

2019年10月03日

ブラインド・ボーイ・フラー 1935-1940

625.jpg Blind Boy Fuller/1935-1940 いやもう、こっちはまだ30度越えのムシムシお天気なんですけどね、調子をゆるゆると回復させるために、本日も戦前ブルースを聴いております。 さて皆様こんばんは。先日はジェイバード・コールマンその他、戦前は20年代に活躍したブルース・ハープ黎明期の名手達による、とことんディープで闇が深い(使い方合ってるかね?)一枚を紹介しましたが、今日は深い味わいをたっぷりと含みながらも、粋でイナセでダンサブルなブルースを紹..
posted by サウンズパル at 16:26

2018年05月27日

レヴァランド・ゲイリー・デイヴィス Complete Early Recordings

625.jpg Rev.Gary Davis / Complete Early Recordings アコースティックのブルース・ギターというのは、エレキとはちょっと違った特別な演奏テクニックが必要になります。 それはですね、つまり 「親指でベース音を刻むと同時に他の指でテロテロアルペジオとか単音オブリガードとかを弾かなきゃいけない」 というやつです。 ギターを演奏しない、或いはギター・プレイには興味がないという人のために説明しますと 「1本の..
posted by サウンズパル at 13:35