2017年11月01日

ミルフォード・グレイヴス Grand Unification

1.jpg Milford Graves/Grand Unification (Tzadic)
『人々は美味しいものが食べたいとか、綺麗な景色が見たいとか、目や口に入れるもののことはとても気にする。だが耳に入れるものに関しては驚くほど無関心だ。目や口に入れるものと同じぐらい、耳に入れる音楽は重要だ』(ミルフォード・グレイヴス)
よく「音楽には特別な力がある」とか「音楽で救われる」とかいう話がありまして、こういう話をすると人はすぐ、やれスピリチュアル系だとか意識高..
posted by サウンズパル at 19:34

2017年02月14日

阿部薫・吉沢元治 北(NORD)

4.jpg 阿部薫・吉沢元治/北(NORD) (コジマ録音/ALMレコード) 阿部薫を聴いていると、その研ぎ澄まされた「そのものな音」の衝撃と音色の美しさに、もう完全に憑り付かれたような状態になってしまいます。 最初に惹かれたのは「日本のフリージャズ演奏家」という紹介を目にしたから、だったとは思いますが、それから20年以上経ってもまだ「阿部薫を聴く」という行為には、アタシにとっては何かこう究極に特別の”何か”と激しく向き合う行為。 耳にしてメロディを覚え「あぁ..
posted by サウンズパル at 18:49

2017年02月10日

阿部薫 なしくずしの死

887.jpg 阿部薫/なしくずしの死 (コジマ録音/ALM Record) 昨日今日と、ちょいと低血圧で頭がフラフラして体調がよろしくありません。 こんな時に聴く音楽は、あー、何かこうまったりしてて、じっくり聴くとかいうよりは、余り考えないで聴けるBGM的なやつがいいかもなぁ・・・などと頭は考えておったのですが、ボーッとする頭でフラフラと選んでいたのは、そういった「耳に心地良いだけの音楽」とは間逆の阿部薫。 そう、阿部薫。 知らない人は全然知らない、けど、彼の..
posted by サウンズパル at 21:39

2016年04月15日

ロコ高柳とロスポブレス エル・プルソ

5.jpg ロコ高柳とロスポブレス/エル・プルソ (JINYA DISC) 高柳昌行といえば、戦後日本のジャズ黎明期から活躍し、60年代から70年代の過渡期に即興演奏の可能性を厳しく追究すべく、フリー・インプロヴィゼーションの世界へと飛び込み、晩年には一人で多数のギターを駆使した”アクション・ダイレクト”によって、我が国におけるフリー・ジャズやノイズ・・ミュージックの第一人者として、または彼を尊敬して止まないサーストン・ムーア(ソニック・ユース)、ジム・オルークといった海外の..
posted by サウンズパル at 20:38

2015年11月22日

チャールス・ミンガス 黒い聖者と罪ある女

1.jpg チャールス・ミンガス/黒い聖者と罪ある女 (Impulse!/ユニバーサル) ジャズ聴きはじめのハタチそこいらの時、アタシのジャズの聴き方というのは「好きになったミュージシャンが関係している人を次々聴いていく」という聴き方でした。 まずはアルバート・アイラー、ファラオ・サンダース、アーチー・シェップ、マリオン・ブラウンなどなど・・・。これは言うまでもなく「後期コルトレーン関係者」ですね。 それから初期〜中期のコルトレーン絡みでセロニアス・モンク、マイル..
posted by サウンズパル at 19:49

2015年04月25日

リー・コニッツ 無伴奏ライヴ・イン・ヨコハマ

1.1.jpg リー・コニッツ 無伴奏ライヴ・イン・ヨコハマ (PSF) 【パーソネル】 リー・コニッツ(as) 今井和雄(g,EF) 【収録曲】 1.The nearness of you 2.Thingin' 3.Darn that dream 4.Play fiddle play-Kary's trance 5.Subconcious-lee 6.Duo improvisations for alto saxophone and acousti..
posted by サウンズパル at 14:28

2014年12月05日

現代歌人文庫 福島泰樹歌集

1.jpg 19歳から23歳までの4年間、私は東京都国立市に住んでいました。 駅前のレコード屋でアルバイト店員をして、帰りが大体9時半頃。 駅前には深夜まで営業している古本屋がありまして、私の帰宅コースは「職場→古本屋→ストアーやまと」だったんですね。 とにかく知識に飢えてたので、昼間にレコード屋でたくさんの知識を仕入れて、夜に古本屋でさらに知識を裏付ける資料を貪るように求めてました。 例えばソニー・ロリンズがインド哲学の本に傾倒していると知れば..
posted by サウンズパル at 18:29

2014年11月08日

アストル・ピアソラ ラ・カモーラ〜情熱的挑発の孤独

1.jpg Astor Piazzolla La Camorra (American Crave) 【収録曲】 1.Soledad 2.La Camorra I 3.La Camorra II 4.La Camorra III 5.Fugata 6.Sur: Los Suenos (South: The Dreams) 7.Sur: Regreso Al Amor (South: Return to Love) もしこのブログを読んでいる人の中で、心..
posted by サウンズパル at 18:24